IMG_20190810_004042

「心気症」ってありますよね。

些細な身体の変化や兆項に対して不安にとらわれてしまい、自分が重篤な病気だと思いこんでしまう症状です。


私は昔からこの気質を持ってる気がしますが、だからといってどうすることもできない現状。。


まあこういう気質が高じて、パニック障害や逆流性食道炎、間質性膀胱炎などを招いたのだと思いますが、「病は気から」というのはある程度当たってるかもしれませんね。


ここ最近はずっと身体の右側が気になります。


右手首にあらわれたガングリオン(こぶ)は大きな病院で2度にわたって注射で液体を抜きましたが、すぐに再発。気になりつつも今は放置してます。

そしてここ最近の急上昇ポイントは右の頸部を触った時に見つけた小豆大のグリグリ。首のリンパ付近なのでちょっと怖いですよね・・。(ちなみにパソコンを使う時間が長いので365日首が凝っており、湿布のお世話になってます)

ネットで調べると、首は皮膚下に腫瘤ができやすい場所だそうで、大抵は脂肪腫だろうと書いてありました。もしくはリンパ節の腫れ。しかし、稀には悪いものの可能性もあるわけで・・やはり気になります。


いつもだったら内科にでも行くところですが、コロナ禍の今では病院に近づく事にリスクを感じますよね。。もやもやしたまま数日を過ごしてます。


こういう極端な小心者のために、唾液や血液で重大な病気がすぐわかる検査法とかをどなたか開発してくれないかなあ。不安が不安を呼んで本当に病気になりそうなので、手軽に安心材料を得られる方法が欲しいですよね。


どんな人でもいずれ何かしらの病気にはなるのだから、いざという時にも冷静に受けいれられた方が良いのでしょう。しかし、常にビクビクしてしまう性質の人は日常的に不安にさらされ続けてしまう事があると思います(最近はハイリーセンシティブパーソンなんて呼ばることも)。

不安や恐怖心を手離す方法をずっと考えてますが、まだ成功した事がありません。

人生経験を積むうちに、いつかは達観を手に入れられる日がくるのかな?


精神的な支えがなくても1人で充足できる人間になりたいです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─