IMG_20181115_111319_271

今日は夫の会社恒例の
忘年会がありました。

先日ここに書いたように
従業員には解雇通知を出したので
一人も参加せず
主に協力業者の人達と
交流を深めるために開いた会です。

従業員が誰一人参加しないのを
不審に思われないように
従業員達とは別の機会に忘年会をする事にしたと
予め夫と口裏を合わせておきました。

もしも従業員全員を解雇するのがわかれば
「あの会社はもう危ない」
と思われて
仕事を引き受けてくれなくなるかもしれません。

なので、普段から取引のある
メーカーや業者さんたちには
そんな気配をチラリとも見せてはいけないのです。

先代の頃から仕事を受けてくれていた
ある業者さんから
「この業界も苦しい時代だけど
来年もお互いに助けあって頑張ろうね」
と言われて

ああ、もうウチの会社は
春までもたないかもしれないのに、と
後ろめたいような気持ちになりました。

本当はこの窮状を相談したいけど
もしも、そこで相手が態度を変えて
ウチを切って他所に仕事を頼んだら?
他の業者間で噂がたったら?

そんなことを考えると
とても言い出せませんでした。

夫を見ると
いつもと全く変わらない態度で
相手の会社のダメな点を指摘したりして
家での鬱が嘘のように明るく飲んでいました。

内と外で見せる顔の違いに
驚くというか、別人のようで少し怖いです。

でもそれが社会でやっていくために
夫が身につけた処世術の1つなのかもしれませんね。

もしくは
単に現実から目を背けて
まるで会社が好調かのように
振る舞うことでツラさを誤魔化している
だけなのかもしれません。

果たして来年の忘年会は、、
開催されるんだろうか。

張り付けたみたいな笑顔で
あちこちにお酌をしてまわるのも
これが最後、かな。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─