IMG_20190209_122846

何のことだろう?

ネットのニュースの見出しを見て
よく読んでみたら

要は実家から独立せずに
小学生の時と同じ子供部屋に
ずっと住み続ける大人の事なんですね。

「ニート」や「ひきこもり」
「パラサイトシングル」よりも
蔑称感が強い言葉なので
いろんな意味で興味を引きます。

しかし「子供部屋おじさん」は
ニートやひきこもりと違って
普通に社会に出て働いてる人の事で

独立できる収入があるにも関わらず
ずるずると実家に甘え続けている人
を指すようです。

人によっては
独り暮らしをするよりは少ないけど
実家にいくらかのお金を入れている人も
「子供部屋おじさん」に
いるのだそう。

独り暮らしをしたから自立、
実家を出たから大人という物差しは
一見もっともらしく聞こえるけど
果たしてそうだろうか?

親世代の方でも年金が乏しいなど
何らかの理由で
子供が一緒に暮らしてくれた方が
経済的に助かる場合も多々あるのでは。

両親との仲が良好で
通勤などに特に不都合がなく
家族全員がそれで健全に生活していけるなら
子供部屋に住み続けても
問題ないんじゃないだろうか。

そして話題にのぼるのは
「子供おじさん」ばかりで
おそらくそれを上回る数の
「子供おばさん」に目が向けられないのは

男の癖にいつまでも実家にいる
とか
女は実家に居続けても不自然じゃない
という
旧態依然とした思考によるものなのかもしれない。

家族が甘えあって
寄りかかり合いながら生きるのが
そんなに悪い事だとは思えない。

むしろ、たまたま家族として生まれただけで
そこまで長く一緒に居られる方が
幸せな事なんじゃないだろうか。

自分自身は絶対に「子供おばさん」には
なれなかったし
子供もいないので「子供おじさん(おばさん)」を
生み出す事もないけど

お互いの事情や感情をぶつけあって
ドロドロを内包しつつも
離れず家族で居続ける関係性を
羨ましく思う事もあるのです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─