IMG_20180720_093959_498

高校時代の先輩と
数年ぶりにお茶してきました。

2人の子持ちで
仕事もしてて
毎日忙しそうなのに

いつも身だしなみや
髪型、服装に手を抜かない人。

こちらは去年やっと
ダイエットに成功(まだデブだけど)して
どうにか人並み?の体裁で
出かけられるようになったと
思ってましたが

彼女に言わせると
「全然なってない」のだそう。

メイクが5年前で止まってるとか
首のシワをもっとケアしろとか
ダメ出しの嵐でした。

「女はいつ何時でも
誘われたら脱げる身体でいないと」

と言われても
そんな面倒そうな事から
数億光年離れて暮らしてる身には
全く響いてこない。

でもそういう気合があるからこそ
彼女は輝いてるんですよね。

完璧にネイルされた指先なんか見ると
同じ女性として
自分もせめて最低限のケアはしなくちゃ
と思いました。

ハツラツとして
悩みなどなさそうな彼女ですが
2杯目のコーヒーを注文したころに
ポロリと、これからの事について
不安を漏らしました。

彼女のご主人は10歳以上年上なので
もうすぐ仕事を辞めて
自宅でのんびり過ごす予定なのだとか。

子供たちも大学生で
社会人になれば家を出てしまうらしく
定年後の夫との生活が
どんなものになるか
不安に思っているようでした。

聞けば、彼女とご主人に
一緒に楽しめるような趣味はなく

誰とでもできそうな
映画を観るとか
食事をしにいくとかでも
ご主人の受け答えや意見に
いちいちイラついてしまうそう。

「仲が悪いわけじゃないけど…」
「すごく一緒にいたいわけじゃないの」
「子育てが終わった今、話す事ないし」

ペットでも飼おうかなあ
という彼女は
何だかキラキラが影を潜めて
寂しげな雰囲気が感じられました。

現在進行形で不仲な
うちの夫婦とは違う状況ですが
どんな夫婦でも
多少の危うさはあるのかもなあと
思いました。

彼女が自分の女磨きを怠らないのは
どこかで夫婦の危機を感じてるから…

ついそんな想像をしてしまう。

それでも自分を磨く方向に
ベクトルを向けられる彼女は
私などより余程人生に前向きです。

女の現役感なんて
もう何年も前に
近所のドブ川に捨てたつもりでしたが
また拾って磨いてみようかな。

ダメ出しは凹むけど
少し前向きなパワーを
もらえた気がします。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─