IMG_20180926_024530

男女平等が叫ばれてますが

男性の平均給与 36万円
女性の平均給与 24万円

というデータを前にすると
まだまだ平等なんて建前だけだな
と思います。

こういう格差って
女性ばかりでなく
男性にとってもキツイことなのかも。

平均以下の収入しかない男性が
結婚どころか
恋愛することすら躊躇ってしまうのも
わかる気がします。

共働き社会は
今まで保っていた
均衡を壊して

「男性稼ぎ手モデル」の方も
正常に機能しなくなってしまった。

男が外で稼いで
女が家事と子育て
というロールモデルが昭和の時代に
あまりにもハマリ過ぎてしまって
いざ、それから脱却となっても
次のモデルがないのだと思う。

男性的な働き方(長時間労働や転勤など)
をそのまま女性にスライドさせるのは
子育てや身体的な違いがある限り
無理があるし、現実的ではない。

男女どちらも満遍なくフォローするには
社会福祉の増強以外に
選択肢がないように思うけど
年々薄くなっていくばかりだ。

とにかく女性の労働参加を、
と非正規雇用を推進させても
「より対等な立場で家計を支え合う」
という意味での
真の共働き化はされていないのでは。

日本人のライフスタイルが
いつのまにか多様化しすぎていて
そもそも「男女の働き方」という枠で
考える事自体がナンセンスなのかもしれない。

男女平等に固執しすぎて
どの夫婦もみんな「共働きしないと生きづらい」
みたいな社会になっても
それはそれでキツイ思いをする人もいると思う。

誰が、どんな方法で生きていても
それなりに暮らしていけるような
今よりも厚めのセーフティーネットがあれば
どちらが稼ぎ手になるか、なんてことは
考える必要がなくなるのでは。

そんなことを
つらつら思う、
稼ぎ手不在夫婦の23時。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─