私の両親は歳が離れていて
母より父親のほうが10歳年上です。

父はかなり自由人で
結婚する気もなく
30過ぎても
好きな仕事をして
思いきり趣味に生きる人でした。

一方で母は東京の国立大を出た
いわゆる高学歴女子。

実家もまあまあ裕福で
好きなだけ勉強に打ち込める環境だったようです。

まったく接点なさそうな二人でしたが
たまたま母がある楽器を習い始め

小遣い稼ぎに
時々その楽器の先生をしてたのが
父親でした。

thIRN5D7YG









母にとっては初めて交際する男の人。
あっという間にコマされて
夢中になった母、23歳ぐらい。

一方、そこそこイケメンだった父には
しっかり二股してた
同年代の女性がいて

のらりくらりと都合のいいように
両方とお付き合いしてたらしいんですが

ある時、母はその女性に存在に気がつきます。

父が「友人」を連れて
旅行に出かけると言っていた前日。

母から電話があり
こう言われたそうです。

「友達って例の女のことでしょ?」
「その女と私とどっちをとるの?」

10も年下でもやたら強気な母から
ぐりぐりと詰問された父は
タジタジして

「いやあ、でもほら、旅行っていっても部屋は別々だしさあ・・・」

といつもの調子でのらりくらり。。

これは後年の父も変わらない性質で
何事もはっきり言わずにやり過ごすタイプなのです。

煮え切らない父に
業を煮やした母はブチ切れて

「今ここではっきり決めなさいよ!」

「若いのか、オバハンか!!」

と言い放ったのでした\(^o^)/

最後の一言が母親らしい。。

若い娘というのは
恋愛経験が乏しくても

自分の価値がどこにあるのか
よく知ってるものですねえ。。

二股相手の女性はわりと美人だったようですが
30代と二十歳そこそこの母。

勝負の切り札で
「若さ」を出した母は
ある意味正しかったのでした。

長くなりそうなんで続きます。



参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク