IMG_20181207_162734_776

夫の会社は
社員解雇の他にも
経費節減を徹底する事にしたので

いつも業者さんに頼んでいた
チラシの折り込みも
自分達でやる事になりました。

「自分達」というのは
夫と私のことです。

夫は昼間は現場作業や営業、
私は本業のライター仕事があるので
チラシの作業は夜にやる事になります。

ポスティングしやすいように
数枚のチラシをまとめて
折りたたむだけの作業ですが

なにしろ数千部あるので
思ったよりも
ずっと時間がかかりそうでした。

会社から持ち帰ったチラシを
ダイニングテーブルに並べると
夫は早々に「もう眠くて限界」と言って
寝室に行ってしまいました。

仕方なく1人で黙々と折りますが
やってもやっても
目の前のチラシの山は減ってくれません。

内職ってこういうものなのか。。

超単純作業なので
まったく頭は使いませんが
終わりの見えない作業が続くと
暗い気持ちになってきます。

折りこむ時に
手首に負荷がかかるのか
500部を折ったあたりで
手首の間接に痛みが出てきました。

期限は2日しかないので
効率アップの方法も考えましたが
数部重ねて折ろうとすると
端がそろわず雑な仕上がりになってしまいます。

今まではこの作業を
1部1~2円で頼んでいたそうですが
これを自分達でやっても
節約できるのは数千円かせいぜい1万円ぐらい。

圧倒的に時間をとられる事を思うと
果たして合理的なんだろうか?
疑問がわいてきます。

夫は眠りが浅く
いつも就寝してから2時間後ぐらいに
水を飲みに起きてくるんですが

私が折ったチラシの束を見て

「出来たの、まだこれだけ?」
「かぴはこういうの苦手みたいだからもう寝れば」
「朝に俺がやるからいいよ」

と言われました。

人のやる気を削ぐ事を言わせたら日本一。

いや、世界一かも。

戦時中にロシアの捕虜になると
半日穴を掘らせて
もう半日でその穴を埋めさせる
という拷問があると何かの本で読みました。

報酬もやりがいもない作業は
拷問に少し似ているなと思います。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─