IMG_20190112_235243_707

10代の頃は
いろんなアルバイトを経験しました。

何であんなに働いてたのか・・

母親からの
「今までの学費は卒業までに全部返せ」
を真に受けて
どこか意地のような気持ちで
バイトに励んでいたんだと思います。

夕方~夜は主に飲食店や
ガソリンスタンドなどで働いていましたが

テスト期間が終わったある秋に
ふと思いついたのが

「登校前にもバイトする」

という物でした。

朝の時間もお金に換えられるなら
実に効率的じゃないか

と浅はかな女子高生は考えたんでしょうね。

さっそく自宅と駅の間にある
大手コンビニに面接に行き

早朝5:00~8:00までの
短時間シフトで
毎日働かせてもらうことに。

学校にはギリギリ間に合い
順調なすべりだしでしたが

前日も他のバイトがある日は
22:00に帰宅して
風呂に入り
勉強して2:00ごろ就寝。

4:30に起きてコンビニへ。

という、どう考えても
ムリなスケジュールになっていました。

案の定、コンビニバイトを開始してから
2週間ほどで寝坊して遅刻。

夜勤で入っている大学生バイトの人が
タイムカードを誤魔化してくれて
何とかなりましたが

その後何度も寝過ごして
遅刻が常態化していきました。

結局コンビニバイトは
3ヶ月ほど続けて
これ以上他の人に迷惑はかけられないと
自分から辞めさせてもらいました。

今の時代だったら
遅刻した時点でクビになっていても
おかしくないと思います。

この件の後も
自分を過信して
無理めなスケジュールをたてる癖は
なかなか直りませんでした。

若さとバカさで
自分の都合ばかり押し付けた
その大手コンビニを街で見かけると
今でも少し申し訳ないような気持ちになります。

若いというだけで
いろんな事を多目にみてくれて
遅刻に気づいていながらも
やんわり注意したり
家庭の事情を心配しれくれた店長さん。

10代の時のアルバイト経験は
迷惑をかけたり
労働の厳しさを知ったりするほかに

いろんな大人に出会えたこと

が私にとっては大きな事だったと思います。

あの時の店長さんが
あんなに懐の深い人でなければ
今の私の、どこかほんの一部かもしれないけど
確実に違う人間になってただろうなあと思うのです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─