→ 熟年離婚した両親のこと1
     熟年離婚した両親のこと2
  熟年離婚した両親のこと3
  熟年離婚した両親のこと4
  熟年離婚した両親のこと5
  熟年離婚した両親のこと6

つづきです。

22







離婚の条件はシンプルで
父の不倫に関して
とくに慰謝料などは請求せず。

母も厚生年金を払っていた時期があるので
年金の分割もしなかったようです。

(これを後で後悔することになる)

自宅は父から母に贈与され
父名義の車も処分して
現金は母に渡したようです。

浮気相手と遊ぶために
夫婦の老後貯蓄を使いこまれた


というのを後から聞きました。

金額はわかりませんが
そのせいで母は
一気に離婚という決断をしたのかも。

前回と違い
出ていくアパートが見つかるまで
父に猶予期間を与えていたので
母は比較的冷静だったのだと思います。

離婚の手続き自体は
スムーズに済み
母は旧姓には戻さず
父の名前を使うことにしたので
周囲もすぐには気がつかなったなようです。

もっとも
もう働いてるわけでもなく
近所の人と親密でもないので
隠す必要もないんですが。

現在、母は郊外の家で
1人で暮らしてます。

素敵だった家もあちこち古くなって
修繕が必要なところばかり。

生活をバラバラにした事によって
各自が1人分の年金で
生活しなくれはなりません。

これが、本当に非効率。

特に割を食ったのは
母の方だと思います。

働いた期間もあるとはいえ
基礎年金と厚生年金を足しても
月額で10万もいかない金額。

住居費はかかりませんが
食費や光熱費
家と自分の車の維持費はかかります。

一方で父は
母の倍額以上の年金が支給されるので
安い賃貸アパートに住んで
すぐに車を買い
それなりにゆとりのある暮らしをしてるようです。

私が夫と離婚せず
「卒婚」という名の家庭内別居を選ぶのも
両親の離婚とその内情を見て
こうはなるまい、と思ったからです。

感情的にスッキリするのは
魅力ではあるけど

もし私が母の立場だったら
離婚は選ばなかったと思います。

両親の熟年離婚の顛末は
こんなかんじでした\(^o^)/

長々と続いてしまいました。
読んでくださってありがとうございます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク