IMG_20190220_214919

人と話す時は
聞き手に回る事が多く
どんな話でも
大抵は聞いていられる方ですが

あまりにも自分の興味のない話を
延々とされるとちょっと困りますよね。

先日お茶した知人男性と
映画や小説の話をしていたんですが

何の話になっても
マニアックなミステリと軍事関係、
監督や映像技術の話になってしまい
あいづちを打ちながらも

死んだ魚のような目になってしまいました。

途中で方向転換しようと
違う話題を振ってもても

「それは知らないなあ」
「で、この監督は過去の〇〇という作品で・・」

と、自分の領域に戻されてしまいます。

興味のある人にとっては
楽しい話だと思いますが・・
その人はこちらからの
『興味ないよ』のサインに
気がつかないタイプのようで

もう時間だからそろそろ、、、
と腰を上げかけても

「あ、もう行く?」
「じゃあこの話の区切りまで話すね」
「19〇〇年にこの作品が・・」

と話を終わらせてくれず
結局2時間あまりを苦行のように過ごし
ぐったりして帰路につきました。

会話を思い返してみると
こちらが話した事は
ほぼ途中でねじ曲げられて
いつの間にか相手の話になっているという
モヤつくパターン。

知人男性はもう長らく
婚活に励んでますが

「自分の意見を言わない女性が多い」
「質問しても会話が続かない」

とこぼしています。

それってもしかして・・

相手にしゃべらせる隙を与えていないのでは。

かなりオタクっぽいとは思ってましたが
(人の事言えないけど)
一体何の役に立つのか?というような
ムダ知識を披露する事によって
充足を覚える会話方法は
特に対女性には通用しないんだと思います。

根が真面目な知人だけに
悪気はないのはわかってますが
相手を置き去りにするような会話は
疲弊しますね。

自分も好きな物のことになると
身を乗り出して話してしまいそうになるので
気をつけないとなあ。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─