IMG_20190203_224813_270

年金改悪のほかに
2016年の年金法改正で
パート主婦の厚生年金適用案件が
大幅に緩和されましたが

更に緩和の幅を広げる方針のようです。

現行→「月給88000円以上」(年約106万円)

改正→「月給68000円以上(年約82万円)

かなり引き下げられますね。

週3日のパートでも
届いてしまう金額です。

これまで夫の厚生年金に加入しながら
ギリギリのラインを保って
パート収入を得ていた人も
自分で厚生年金を払う事になりそう。

『厚生年金に加入すれば年金が増えます』

というのは確かにそうだけど

月給68000円のパート主婦が
厚生年金に加入すると
健康保険料を合わせて
毎月約1万円が源泉徴収されます。

妻が夫の扶養から抜けても
夫の社会保険料は変わらないので
一世帯あたりでおよそ12万円の
負担増になるということ。

妻の厚生年金は加入から1年で
年間約4400円。
年金の増額分で支払った保険料を
取り返すためにはざっと計算して
27年かかる計算になります。

65歳から受給をはじめても
92歳でトントン。。

元を取る、という考え方だと
なかなかキビシイ結果になりそうです。

上限を気にせず
しっかり働けば年金額は増えるでしょうが
今までのように家事に重点を置きながら
家計の補助的に働きたい人は
不満を感じる改正案になりますね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─