IMG_20190222_173937

フリーランスの人間が
賃貸物件を契約する場合
お勤めの人より苦労するのが
収入証明です。

オーナーや不動産の管理会社によって
対応はまちまちですが
不人気物件などは
わりとすんなり入れる場合もあるんですよね。

すっかり忘れてましたが
夫の会社は不動産管理もしているので
全国の不動産データベースを
閲覧することができます。

夫と結婚した直後ぐらいに
一応私も宅建の資格を取っていたので
たまに退室や入居の立ち合いを
手伝っていました。

私が住む郊外の市では
大学生が減ってきたせいか
8割が空室、なんてアパートも
珍しくありません。

なので、最近は大家さんも
契約者の審査基準をゆるめて
生活保護受給者やフリーターなどでも
保証人がいる、もしくは保証会社の審査に通れば
入居OKのパターンも増えています。

今後このままフリーのライターを
続けていくなら
特に駅が近い必要はないですが
駐車場は確保しておきたい。

検索で絞っていくと
いくつかの物件を
ピックアップできました。

後は予算をどれぐらいに見積もるか、
ですが
1万円の違いで住み心地が
格段に変わりそうです。

安全策を取って家賃を抑えても
欝々とするような部屋では
再起するエネルギーが湧いてこない気がするけど・・

でも毎月の固定費を少なくするのも大事。

悩ましいところですよね。

初めて1人暮らしを始めた
19歳の頃を思い出して
こんな状況ですが
なんとなくわくわくしてきました。

誰もいない家に帰れるのが
嬉しかった10代の自分ですが
それは今も変わってなくて

狭くても自分だけの城というのは
やはり嬉しい物なんだと思います。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─