卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2017年11月

19










また風邪をひいたかも。

アラフォーになって
すっかり治りが悪くなった気がします。

ずっと離婚について考えてたら
少し気が楽になってきました。

卒婚がうまくいかなかったら
いつでも離婚すればいい。

うちの場合
離婚する事自体は
そう難しくないと思うので。
(たぶん)

もし現実になったら
この「どんぶり勘定体質」は
即刻改善するべきですね(;´Д`)

貧乏だというのに
自営業だというのに

毎月の収支は
超ざっくりしか合わせてません。

家計簿アプリに
大まかな月の収支を入力してるだけ。

グラフで見られるので
支出の変化は見やすいですが
特別支出など
入力漏れも結構あります。

1円単位まで計算すると
それがストレスになったりするので・・・

言い訳ですね\(^o^)/

すべて自らの怠惰が原因です。

ゆるゆる家計簿だと
正しいお金の使い処が
わからなくなってきそうだし。

まずはしっかり把握しないと。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

th3FXA2KDE










今から数年内に離婚すると想定して
考えられる住居は

◎母が1人で住む実家

◎賃貸のアパートなど

◎シェアハウス

◎今の一戸建てを譲渡してもらう



これのうちのどれかになると思います。

私の両親は熟年離婚してて →ここに書いてます

実家だった戸建てに
母が独居してます。

母にお願いすれば
おそらく同居は可能ですが

実家はかなり田舎にあるので
現在のような仕事だと
取材に出るのが困難に。

経済的には最も負担が少ないと
思いますが・・・

最寄り駅まで車で20分という立地は
現実的ではないように思います。

賃貸アパートなどと
シェアハウスを区別したのは

費用面よりも
住み心地がかなり変わると
予想されるからです。

最近はシングルマザー向けの
シェアハウスなどもあって
女性も入居しやすそうな
物件もたくさんありますが

やはり通常の賃貸物件よりは
トラブルのリスクが高まる気がします。

(時間をかけて良い雰囲気の
シェアハウスを探せればアリですが)

シェアハウスという選択は
通常の賃貸物件への入居が
厳しそうな場合の
プランBということにしておきます。

そして最後の
今の住まいを夫から譲渡してもらい
そのまま住み続ける
というパターンですが

限りなくゼロに近い想定です。

夫に余程の弱み(不貞やDVなど)が
あって、裁判でも起こさないかぎり
夫がその条件をのむことはないでしょう。

引っ越しのわずらわしさを思うと
気持がどんよりしてきますが

どこにでも
好きな場所に住めるかもしれない
と想像すると

少し前向きになってきて
ネットで賃貸の物件情報など眺めては
自由な生活を妄想してます。

家賃や諸条件で
実際選べる物件は
限られてるのだけどね。。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


thAMZI1FNF











もしも離婚して
1人でやっていくとなると

最低限必要になってくる
手取り月収はどれくらいだろう?

現在の自分のスペック

・大卒
・編集プロダクション2社に10年
・フリーのライター(紙面媒体よりWeb系が主)10年

・・・・つぶしがきかない感じ\(^o^)/

理想的なのは
いまの仕事の幅を広げて

より多くの記事を書いて
収入を増やすことですが

離婚するから仕事くださいー

と言って急に増えるはずもないので
今から地道な営業が必要になってきます。

住まいや、その時の健康状態
老後のための貯蓄や
離婚した時に自分のお金が残るかどうか

などによって変わってはきますが

65才までの最低ラインとして
手取りで20万は確保したいところ。

それには
今の仕事の
倍以上の依頼をもらわなくてはならない。

今の仕事にこだわらず
他の仕事をする、というのも
考えてはみたけど

特別な能力も技術もなく
体力もそんなにない私には

他にできる仕事がなさそうです。

ライターの収入だけでは
足りないようなら
副業して補うしかないですね。

どうせだったら
苦手な事よりも

多少労働環境を妥協しても
自分が好きなことや
これなら苦にならない
という内容の仕事がいいかもしれません。

何の特技もない私ですが
車を運転するのは割と好きで
長時間でも苦痛に感じず

どんな車種でも
それほど車幅感覚に苦労しないので
運転に携わる仕事というのも
案外向いているような気がします。

超・夜型だから
代行運転のアルバイトとか?
深夜の軽貨物のルート配送とか?

こうして
一つ一つ考えていくと
何となく気持ちが前向きになってくる気がします。

身体さえ健康であれば
なんとかなるはず!\(^o^)/

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

52


基本的には
籍を抜かずに

家庭内別居もしくは
完全別居を考えていますが

将来的にもし
経済状況が許せば

離婚というオプションも
当然考えています。

私達は夫婦とも自営業で
収入にも波があり

先行き不透明同士が
助け合って生きている、という状態です。

この「助け合い」が時として
「足の引っ張り合い」になることもあるわけで。。。

例え「卒婚」できたとしても
経済的な協力体制に
ひずみが生じてくる可能性も充分あり得ると思います。

お互い気が合うとは言い難く
生活時間帯や
食習慣もズレが大きくて

時とともに
不満が積もる一方。

最大のネックは
夫の飲酒癖ですが
これはもう変わることはなさそう。

なのでこの先、もしかしたら
離婚して1人でいるほうが

経済的には大変でも
精神衛生上良いのでは?

そうなった時のために
今から少しずつ

離婚した場合の人生計画を
考えていきたいと思います。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

thFBC4R15S









ベーシックインカム
という制度に興味があります。

就労や資産の有無にかかわらず、すべての個人に対して生活に最低限必要な所得を無条件に給付するという社会政策の構想。社会保険や公的扶助などの従来の所得保障制度が何らかの受給資格を設けているのに対して無条件で給付する点、また生活保護や税制における配偶者控除など世帯単位の給付制度もある中で個人単位を原則とする点が特徴である。

国民1人1人に

最低限の生活を保障するための
現金を無条件で給付する

という政策なんですが
北欧などではすでに導入してる国もあるようです。

生活保護と違って
貧富の格差は関係なしに

無差別で決まった金額が受給できるため
受け取る側に後ろめたさもなく

煩雑な手続きもないので
お役所の業務も大幅に軽くなるはず。

社会保障を一括して行うので
コストカットにもなると思います。

みんなが安定して
生活に困らない給付を受けられれば

お金のために今ほどあくせくする必要がなくなり

人生の選択肢も増えるのだと思います。

夢のような制度だけど
もちろん施行には色々とハードルがあるわけで

まず、財源はどうするんだとか
そんな無条件給付をしたら

誰も働かなくなるとか
懸念の声が多く、
日本では導入前に否決されてしまいました。

まあそりゃそうですよね(´・ω・`)

既得権益で甘い汁を吸ってる人達が
自分の地位を危うくするような制度を

受け入れるはずがないわけで。。

でも

段階的に少しずつでも
試す価値はあるんじゃないかなあと
思うんです。

安易で意味のない少子化対策より
余程効果があると思うんだけど。

みんなが首を絞め合うより
生活コストを下げて

それぞれができることをしながら
ゆるゆると暮らせたらいいなあと

思う今日この頃です。

先日の美味しいお好み焼で
だいぶ元気になってきました\(^o^)/
何事もポジティブにいこう♪

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ