卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2018年01月

IMG_20171216_102928
















1月の夫婦の収入です。

夫の会社は先日の大雪で
水道管故障などの駆け込みが多く

少額ながらも現場の数は多かったようです。

もうすぐ大きな現場も始まるというのに
未だに図面に着手する気配がない夫が
少し(かなり)心配ではありますが

年明けは年末調整も戻ってきますしね!

いつもより明るい気持ちでいられます。

今月の夫の給料は

185000円

年末調整が110000円なので

合計で295000円。

住宅ローン148000円と
夫の小遣い50000円を引いても
少しお金が残ります。

毎月こんな感じだったら良いのに。

私のライター収入は

142000円。

いつになく、はりきって書いてます。

今までとは違うジャンルの仕事も
積極的に受けていくことにしたので
しばらく「依頼が途切れる」事態には
陥らなくなりそう。

書かせてもらえる場所があるのは
本当に有り難い事だと思います。

副業の清掃バイトは

時給1200円×2.5時間×8日なので

24000円。

年末年始を挟んだので
いつもより少ないです。

冬の深夜は移動がツライけど
短時間で終わるバイトは
時間を無駄にしないので好都合です。

店長の微妙な側面が見えてから
ちょっとビクビクしながら通ってますが

人間関係はいろんなことがあるし
そんな事で辞めたくはないので
うまくかわしていけたらなあと思ってます。

今年は少しずつでも
貯蓄を増やせるようになりたい。

健康にだけは気をつけて
がんばっていきたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180102_101002
















2012年に設立された
女性専用シェアハウス
「かぼちゃの馬車」は
低迷する住宅業界の中「サブリース」で
業績を伸ばし、急拡大していました。

ですが、2017年10月
突如物件オーナーに対して
賃料減額を通知。

入居率も50%を割っている状態だそうです。

「かぼちゃの馬車」の物件は
家具家電付で好立地の場所が多く
敷金・礼金不要など
部屋を借りるハードルが低いため
地方から上京した若い女性や
シングルマザーに人気のようでした。

レオパレスに似てますね。

「女性専用」という安心感が
大きなウリだと思います。

ですが、シェアハウスとしては
共用エリアがあまり充実しておらず
敷金不要のかわりに家賃はややお高め。

23時以降は洗濯禁止など
細かいルールも設定されています。

最初は口コミで人気が広がりましらが
徐々に低迷して
現在の空室率になってしまったようでした。

物件オーナーはハイキャリアの女性が多く
老後の賃貸収入のアテがはずれて
莫大なローンだけが残る結果になってしまった
というのも気の毒ですが

「かぼちゃの馬車」の住人の
実際の生活状況の方が
気になりました。

困窮した貧困状態の女性が
気軽に入居できるシステムは
人によってはとても助かると思いますが

すぐに退去できない規約や
チープな家具の自費弁償、
住民同士のトラブル多発など
バラ色のシェアハウス生活とは
だいぶ異なるのが現実のようです。

将来的に
夫と離れて暮らすことになったら
シェアハウスも視野に入れていたのですが

理想とはかけ離れた環境の物件も
多々あるようなので
選ぶ際には慎重なリサーチが必要だなあと思います。

アイデアは良いと思うし
これからニーズは増えていくと思うので
良心的で健全経営の
シェアハウスがたくさん運営されることを
祈ってます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20171202_100108












どん底に落ち込んだ時や

体調が悪くてつらい時に

思いだす言葉です。

そう、良いことにも悪いことにも
必ず終わりはやってくる。

どんな人間もいつかは死を迎えるのと同じように
苦しみも喜びも
永遠に続くことはないのです。

しんどい時は
随分この言葉に励まされたなあ。。

10年来の友人に

どうにもならない問題が生じて

もう話すことができなくなってしまいました。

年齢を重ねるごとに
少しずつ、友人と疎遠になって

日常の些細なことや
心を打ち明けられる人が
いなくなってきました。

時々、この宇宙に自分はひとりぼっち
みたいな気分になるけど

下まで落ちたら

後は浮上するしかないのです。

どんな事でも、いつかは終わる。

いつの日か
友人とまた
笑って話せる日が来るかもしれません。

その時まで
ひそかに無事を祈りつつ
自分は自分の人生を精一杯生きるしかない。

少しでも気分良く
毎日をささやかな幸せで満たして
生きていきたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


原稿に修正が入って

真っ赤に訂正が入ったのを見てると
発狂しそうになる時が。。。\(^o^)/

「季節感と懐かしさと艶っぽさ」を
7文字で表現して

とか言われても\(^o^)/

そういうときのために

ささくれた心を鎮める画像

みたいなのをいくつかストックしてます。
IMG_20171024_225605










IMG_20171024_225600









IMG_20171024_225557















IMG_20171024_225603














IMG_20171024_225811_099














北欧っぽい夢幻さがあって
寂寞とした中に

サイバーパンク的なメカもあって
大好きな世界観。

太陽の下に輝く南国風景よりも
こういう不思議でどこか寂しげなイメージが
グッとくるようです。

しばらく眺めてると

心の奥がしんとしてきて
物事を客観的に考えられるようになります。

猫や動物画像も良いけど

仕事で煮詰まった時は
こういうのが効きますね。

いつか機会があったら
個展を見たいなあ。

遠い異国で
貧乏ライターの心を救える作品を生み出せる人。

素敵だなあと思います。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180117_083511












小学校からの友人B子とは
数年会わない事もあったけど

ここしばらくは
半年おきにランチかお茶をしてました。

3年前に少し遅めの結婚をして
それまでしていた事務の仕事をやめて

趣味だった料理を勉強して
教室を開いたりして
人生を楽しみ始めたんですが。。

年末のメールでは

どうやら夫婦仲がうまくいかず
離婚を考えているようでした。

来週、久しぶりにランチするんだけど
こういう時の対応って難しい。

まだ決めかねてる

という状態だと
変に応援もできないし

かといって、
考え直す方向に話をすすめるのも
今の彼女の気持ちを否定してるようで。。。

ただ、話を聞けばいい。
女性は共感を求めてるのだから。


わかってはいるけど
それがなかなか難しい。

こちらの夫婦仲も決して良いとは言えないし
アドバイスできることなど
ほとんどない。

もうひたすら、

私はあなたの味方だから

と言い続けるぐらいしか
できる事はなさそうです。

自分はこのブログ以外で
誰かに相談したり
愚痴を言ったりすることがないので
ただただ寄り添うことの
意味がわからないのかもしれません。

冷たいのかな。。(´・ω・`)

こういう時に
何か一言

聞いたら気持ちが救われるような
そんな言葉が出てくる人間になりたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ