卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2018年04月

IMG_20180411_080813












裁判好きな義父・穏やかじゃない 1
裁判好きな義父・穏やかじゃない 2
裁判好きな義父・穏やかじゃない 3

実の姉との裁判。

借主との裁判。

どちらも行方は全くわかりません。

でも義父は
自分の気が済むまで
戦い続けると思います。

大体、義父の父に
どれぐらいの遺産があるというのか。。

特別裕福なわけでもなく
東北にある小さな商店の主人だった祖父。

争うほどの財産があるとは思えないのですが。。

裁判を起こされても
姉の方から和解や遺産を分ける話がない
ということは、感情的に歩みよれないのでしょう。

きっと義父も
お金が欲しいというよりは
自分を無視したり
ないがしろにした人が許せない
という気持ちが強いんだと思います。

いずれ、法律によって
決着はつくのでしょうが
姉弟が二度と会話することはなさそうです。。

義父の人生だけど、
なんとなく寂しい話ですね。

私にとっては
夫の会社も関係してくる
もう1つの裁判の方が気になりますが・・・

どれくらい勝算があるのか知りませんが
日本の賃貸契約は
借主に都合良くできています。

けちょんけちょんに負けて
挙句の果てに
管理会社(夫の会社)が弁償
なんてことになったら・・・・

また、頭に痛い日々がやってきそうです。

安定してて
穏やかな人達と暮らしたかったな。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_001144











売り言葉に買い言葉なのか
よく考えた末なのか
定かではありませんが

とにかく、
実の姉を相手に
父親の遺産をめぐって
裁判を起こした義父。

毎日弁護士さんに電話しては
自分も一緒に戦略を考えているようです。
(役立ってるのかはわかりませんが)

これって、、、、

うちの母親と同じなんじゃ。。。?

熟年離婚を後悔する母

理由は違えど

ずっと親の面倒を見てくれたのは
彼等なわけですよねえ。。?

そりゃあ、亡くなったのを教えてもらえなかったのは
村八分以上の酷い仕打ちで
許せない気持ちもわかりますが

それだけの事を
自分もしてきた

って事なんじゃないかと思います。

10代で両親も姉も捨てて飛び出して
結婚によってまた交流はできたものの

冠婚葬祭を手伝うこともなく
たまにお金を送ってるだけの関係では
お姉さんが穏やかざる気持ちを抱くのも
無理はないように思います。


続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180219_002746













貸している一軒家の借主を追い出すべく
裁判を始めようとしている義父。

でも別件でもう一つ係争中なんです。

義父は北の方の生まれで
18歳の時に家出同然で
実家を飛び出し、
紆余曲折あって今に至るんですが

たった二人の姉弟である
姉と、地獄のように仲が悪いのです。

去年、義父の父親が亡くなったんですが
亡くなった事を知ったのは
およそ一ヶ月後の事でした。

たまたま従弟を連絡をとった夫が
祖父の死を知らされて
初めて、義父の耳に伝わったのです。

この事に義父は怒り狂い

姉を罵り、すぐさま北にある実家へ飛んで
激しいバトルを繰り広げたらしいんですが

収集がつくはずもなく

ずっと遺産放棄を宣言していたのに

突如として、

「遺産は等分にもらう!」

と言い出したのです。

もちろん義父の姉が承服するわけもなく

誰も手が付けられない状態に・・・



続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_001432











夫の会社に貸したお金も
無事に戻ってきて
一安心な日々。

当分おだやかに過ごせるかと思ってたら
また妙な気配が。。

義理の父が前に住んでいて
今は人に貸している一軒家にトラブルが生じました。

やたらバカでかい、、、
いや、立派なお宅なんですが
無駄に地下室などがありまして

その地下室が雨が降るたびに
しばしば浸水していたんです。

排水ポンプはあるんですが
うまく作動しない事があって
先月降った大雨の時に
盛大に浸水してしまったらしい。

もちろん借主はカンカンで

物件の管理会社である
夫の会社に怒鳴りこんできました。

(ここがもう、面倒ですよね。
夫は自分の父親の持つ物件の賃貸管理を
してるわけですが
これまでにも山のようにトラブルが。。)

おまけに、その一軒家というのは
義父が設計・建築したもの。

「オレの設計にミスがあるわけない!」
「浸水したのは借主が悪い!」

といって1ミリも譲らない姿勢。

借主が地下に置いていた荷物は
浸水で濡れて使い物にならなくなり

「弁償しろ!」
「家賃も下げろ!」

とこれまた強気の姿勢。

あっという間に話はヒートアップして

「裁判でカタをつける!」

という事になってしまったのでした。

最初は濡れた荷物の弁済の話だったのが
強制退去を求めるという話になり・・・

どんどん穏やかじゃない方向に。。

おまけに
義父は現在、
別件でも係争中なのです・・・


続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_000840
















10代の頃、
自分は結婚しないものだと思ってました。

したくない、とかではなく
他人と暮らす生活が
イメージできなかったんだと思います。

誰かと出会って
結婚して子供が生まれて
どちらか死ぬまで一緒にいる。

あまりピンと来なかったけど
結局結婚してるということは
子供以外の部分はある程度イメージできた
という事なんだと思います。

でも今の世の中で
これだけ未婚の人が増えると
もう結婚制度自体が骨董化して
過去の物になる日が近いのかもしれませんね。

特に女性の
「恋愛」→「結婚」→「幸せ」
というある種洗脳されたファンタジーが消えて
1人でも、むしろ1人の方が幸せ
という価値観が浸透してくるのかも。

現状の頭の硬い国の動きでは
なかなか難しいのでしょうが
フランスのように
未婚マザーが一般的になれば
「子供を持つ」ことに「結婚」は不要になるし。

あと2~30年もしたら
「え!あなた結婚してるの!?」
みたいな感じで既婚の方が珍しくなったり。。

結婚制度がある世界とない世界

どちらもメリット・デメリットがありますが

どちらでも自由に選べる方が

人生の選択肢の幅が広がって良いような気がします。


もし20年前に

未婚が不自然じゃない世の中だったら

私は結婚してただろうか・・?


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


↑このページのトップヘ