卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2018年08月

IMG_20180604_195703_384
ずっと注目していた
小室圭さんと眞子様の婚約騒動。

小室さんの留学先である
フォーダム大学に
宮内庁から「婚約者ではない」通達をされて
事実上の婚約破棄か?
と憶測されていましたが

アメリカへ出発する前に
小室さんは秋篠宮様ご夫妻にお会いして
何らかのお話合いを持たれたようです。

正式な婚約とされる
「納采の儀」を行うには
まだ準備が整っていない

という結論だったようなので
今後の先行きはまだ不透明といったところでしょうか。

何故このタイミングで留学なのか?

という疑問には

小室さんの弁護士という仕事柄
これから皇室と続柄になり
何かと忖度や
根回しをされかねなくなる状況を予測して
活動の場を日本ではなく
アメリカに移すお考えなのでは
というのが最も納得できそうな理由です。

最も現在お勤めの弁護士事務所は
国内の企業などの案件が多いようなので
資格取得後は別の事務所に
転職するおつもりなのかもしれませんね。

延期された「納采の儀」まで
離れ離れのお二人。

予定されている留学は3年間ですが
「納采の儀」は2年後に行われる予定です。

異国でのハードな勉学の日々の途中で
段取りの大変そうな儀式にのぞむのは
小室さん側にかなりの負担がかかるのではないでしょうか。

会えない時間の中で
変わらぬ気持ちを持ち続ける事ができるのか。

今後の動向に目が離せません。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180604_195739_203

収入は増えず
支出ばかりが増える一方という
同じ状況でも
貯蓄に差が出るのはなぜか。

楽天市場 夫婦のお財布調査2018によると
決済方法に大きな違いがあるとあります。

「貯まる家」はキャッシュレス決済

「貯まらない家」は現金決済

両者の金融資産の差額は
およそ670万円あるとか。

確かにクレジットカードなど
キャッシュレス決済の方が
支出の管理が見えやすいし
ポイントなどの有効活用もできるでしょう。

ですがこの調査による
最大の「貯まる」ポイントは

お金について夫婦でよく話し合うか

とされています。

キャッシュレス決済の家庭の方が
普段からお金のフローに関心が高く
情報を共有しやすいのかもしれませんね。

我が家もどちらかというと
キャッシュレス決済派ですが
夫婦間でしっかりお金の話ができてるとは
言い難い状態です。

毎月決まって苦しい家計のことを
わざわざ話して
ギスギスしたくない
という気持ちがお互いに
あるのだと思いますが

合理的に考えると
毎月、毎年の貯蓄目標など
きちんと話しておくべきですよね。

一度流れを作ってしまえば
それに沿って管理するだけなので
機会を設けて
明確な金額を決めておこうと思います。

問題は
相手が素直に受け入れるかどうか。。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180808_160447_850
8月8日は
銀だこが先着100人に
88円で販売されてました。

10年に一度のセールだったみたい。

開店して30分ほど並んだら
あっさり買えました。

ちょうど台風にぶつかって
人が少なかったのもあるけど
銀だこの店舗が入ってる
近所のショッピングモールは
普段から人が少ないです。

オープン当初は
駐車場待ちするぐらい並んでたのに。

クシの歯が抜け落ちるように
空き店舗が増えてきました。

来るたびに
ショッピングモール自体が
閉店してしまわないか心配になります。

とはいえ今日は
銀だこゲットできて
スタンプも3倍でちょっと嬉しい。

お店がなくならないように
週一で「銀だこの日」を作ろうかな。

粉ものはこれからも
値上げしそうですが
銀だこは個人的に応援したいお店です。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180720_093802_525

高校生の頃に
交換留学生で日本に来ていた
アメリカ人と今でもSNSで繋がってます。

彼の両親はかなりお金持ちで
(海外のお金持ちってケタ違いですよね)

食品事業で成功して
早いうちから悠々自適生活。

彼には
18歳から始まる
信託基金が用意されていました。

いわゆる
"人生上がっちゃってる人"です。

毎年多額のお金が口座に入るので
労働意欲なんて生まれるわけもなく

留学で日本に来ていた頃から

「どうせ働く必要ないから学ぶ意味がない」

「したい事が何も思い浮かばない」

と漏らしていました。

最近のSNSの投稿を見ると

「毎日変わり映えしない」

「自分が何者かわからなくなってきた」

「近いうちこの世からいなくなるかもしれない」


と、何やら不穏な言動ばかり。

まあ、10代の頃から
精神的に成長してないのかもしれませんが。

毎日毎日
爪に火を灯すように生きてる
こちらからすると
何が不満なのか理解し難いですが

お金だけで
人は幸せにはならない

という事なんですかね。。

多すぎてもダメ
少なすぎてもダメ。

お金って難しいものです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 






昔から
なんで女性の寿司職人さんが
いないのか不思議でした。

主婦の料理は素人レベルだから
一般的に主婦に従事してる「女性」の作る物は
プロレベルではない

みたいな図式なんですかね。

料理研究家の女性もいますが
いわゆる「料理の専門家」というより

良妻賢母のイメージが前面にでた
「主婦の味方」的なアプローチ。

(くりはらはるみさんとか、小林カツ代さんとか)

三つ星と呼ばれるフレンチであったり
和食の名店に
女性の料理人の姿は見かけない気がします。

主婦が家族のために料理する

当然の行為で対価は発生しない

この概念が当たり前に植え付けられてるかぎり
女性がごく当たり前に料理の道に進んで
努力の結果のみで成功できるのは
まだまだ先なのかもしれませんね。

男女の脳に
ほとんど差異がない事が判明したけど

女性脳の方が
数学的思考を得意とするっていう
研究結果もあるけど

自分が生きてる間に
こういう古い考え方が
払拭されることがあるのかな。

IMG_20180805_113733_350

…なさそうだな。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

↑このページのトップヘ