卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2018年09月

IMG_20180720_093941_521

今月の夫婦の収入です。

夫の会社が風前の灯なので
明るい気持ちで報告はできませんが
しっかり現実を見て
対処を考えたいと思います。

役員報酬というのは
額面を変えられるのは年に一度と
決まっています。

なので、夫の給料はいつも
額面は変えずに
会社の状況によって
支払いの不足分を会社に貸付ける形で
調整しています。

今回はもう
全額貸付けにまわしても
支払い分を埋める事はできず

家計の貯蓄から補てんをしました。
夫の会社に家計から160万円補填する

今月の夫の給料は
自分の小遣い分の

50000円のみ。

そのうち10000円を
食費の足しにと渡してきましたが
完全に赤字の月になります。

ため息。

私のライター収入は

128000円。

住宅ローンにも満たない額です。

今月は何もかもマイナスなので
ローンや生活費の不足分は
貯蓄から払う事になります。

こんな時に限って
私の車(10年落ちのコンパクトカー)
にメンテナンスが必要で
オイル交換やら
バッテリー交換やら
タイヤ交換やら

(ガソリンスタンドでカモられて
こんな事にも。。 →弱り目に祟り目 )

予期していなかった支出が
6万円ほどもありました。

まあ車は当分
買い替える事もないだろうから
しっかりメンテナンスして
長く乗るための必要経費だと
思う事にします。

副業のファストフード店の清掃バイトは

時給1200円×2.5時間×9日間で

27000円。

雨が多かったので
自転車で通勤できず
バス代がかかってしまいました。

雨だと動くのも怠く感じますし
これから寒くなると思うと
気分転換になっていた通勤の道も
つらい物になりそうです。

やはり、フリーの仕事と
清掃バイトのかけもちでは
収入に限界を感じます。

ライターの仕事を諦めて
フルタイムの仕事を
探すべき時なのだろうか。

すぐには解決できない問題が山積みです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180926_024539

夫の会社には
パート勤務の女性が4人いて
そのうち常勤の2人に
主な事務作業やチラシ作成などを
行ってもらっています。

1人はアラフォーで
ちょっと変わったタイプの独身。

神経質で
ややコミュニケーションに難あり。

もう1人はアラサーのシングルマザー。

明るく快活な印象で
夫が最も頼りにしている事務員です。

会社の苦境によって
このままいくと
年末までに全員解雇しなければなりません。

先行きがある程度見えるまで
もちろん、会社の財政状況は
伝えないものだと思っていましたが

夫はそのあたりをまるで考えずに

「会社がまずい状況だからもっと頑張ろう」
的な事を朝礼で話した上に
「このままだと辞めてもらうことになる」
というような事を言ってしまったらしいのです。

「社員は家族」とでも思っているんだろうか。

事務員はパート勤務で
最低時給な上に面倒な業務ばかり。

勤め先が危ないと知って
よし、私の力で何とかしよう
などと思ってくれるとでも?

真っ先に考えるのは
次の勤め先を探す事でしょう。

下手をしたら
こちらから言い出す前に
辞めてしまうかもしれません。

他の会社で働いた事がなく
雇われる人のマインドが
全くわかってない夫。

それを説明しても
腑に落ちない顔をするばかりで
ピンとこないようでした。

「だって、自分が働いてる会社がなくなっちゃうんだよ?」

「協力して必死に頑張るものじゃないの?」

普段から厚い信頼関係や
絆を深める努力をしていれば
一致団結、ということも
あるかもしれませんが
私から見ても
会社の雰囲気は決して良くはなかったです。

夫の頭の中は基本的にお花畑です。

世界は自分のために回っているのでしょう。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_094329_286

最近はなるべく距離をとって
母と必要以上の会話をしないようにしています。

3~4日に一度
ラインやメールはきますが
すべてに返事はしていません。

なので最近の動向は
わかりませんでしたが

叔母から聞いた話では
相変わらず酷い言動が続いているようです。

母の妹である叔母は
息子たちも巣立ち、
夫婦で悠々自適の生活です。

祖父・祖母が相次いで亡くなり
その遺産の分配に関して
去年はもめていましたが
(一方的に母が騒いでいるだけですが。。)

そんな母の事を
叔母は気にかけてくれているようで
ディナーコンサートに誘ってくれました。

それなのに母は

「3000円も払わされた」
(チケット代の半分は叔母のおごり)

「こっちは年金暮らしなのに、
アンタは気がきかない」

と憤慨していたようです。

そしてレストランの隣の席の人に
自分の見の上話をして

「不出来な身内を持つと苦労しますよ」

などとこれみよがしに言っていたそうです。

報告してきた叔母は
「おねえちゃん、相変わらずだった」
と苦笑いしてましたが

もし私が叔母の立場だったら
笑ってられないなあと思います。

嫌な思いをするだけだから
もう誘わなくていいよ、と
叔母に言いましたが

「それでも、たった1人の姉だから」

と言ってくれる叔母の言葉が
有り難かったです。

私もいつか母に対して
「たった1人の母だから」
と思える日が来るだろうか。


過去記事:母親との関係

過去記事:両親の熟年離婚

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180704_181731_593

会社の状況は思わしくありませんが
細々とした受注があるので
毎日現場に出て自ら作業して
(職人への支払いを減らすため)
ぐったりして帰宅する夫。

昨日は泥だらけで帰宅したので
すぐにシャワーを浴びるよう言いました。

しかし、時間がたっても
水音は聞こえず
不審に思って様子を見に行くと

洗面台の前にうずくまって
頭をかきむしる夫の姿が目に入りました。

また不安にかられて
パニックに襲われてるようです。

何度か声をかけて
とにかく着替えるよう伝えましたが

突然顔をあげると

「本当は出て行きたいんだろ?」

「自分を不幸にされたと思ってるんだろ?」

「もう俺の事なんか見放せばいいよ」

と吐き捨てるように言いました。

私は黙って
壁に寄りかかったまま
夫を見ていました。

罵倒の言葉も
慰めの言葉も
何の言葉も出てきません。

結局お互い何も言わず

私は静かに洗面所を出て
自分の作業場に戻って
原稿の仕上げに没頭しました。


感情を解き放ってしまったら
夫の事も
自分の事も
傷つける気がします。

1人になりたい。

数日でいいので
1人で静かに考える時間が欲しいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_094714_291

切羽詰まった状況が続いて
まったくリラックスできてないせいか

首から肩にかけて
しびれるような鈍い不快感が
とれなくなってしまいました。

首や肩の血行が悪いと
脳の血流も下がって
ちょっと複雑な作業をするだけで
急に疲労感が押し寄せてきます。

普段はただの肩こりだからと
何もせず自然に治るのを待ちますが

もう2週間も症状が変わらず
ひどくなる一方なので

苦手な湿布を貼ってみることにしました。

フェルビナクやフェイタスといった
鎮痛消炎系の湿布は
ダイレクトに効き過ぎて
眠れなくなったりするので
あまり使わないようにしていました。

わりと高いですしね。

家に買い置きのあった
小さなサイズの湿布を
ぎこちない手つきで貼りつけて
しばらくパソコン作業をしていましたが・・

あれだけ湿布が効きやすい体質なのに

まったく、効果が感じられません。

いつもなら
もう少しスースー感というか
薬が浸透して冷たくなるような
感じがするはずなんですが。。

まるでガムテープを貼りつけたように
何の手ごたえも感じないのです。

うつろでぼんやりしてるのは
心ばかりでなく、身体のほうも・・?

気味悪く感じて
湿布薬の使用期限など調べましたが
問題ない範囲だし。。

痛みを感じる神経まで
届かないほど
何かが鈍ってるんでしょうか。

早くこの異常な状態に慣れるというか、
まともな身体と頭に戻りたいです。

どれだけストレスを感じたところで
状況は変わらないのだから。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ