卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2018年12月

IMG_20181115_111319_271

今日は夫の会社恒例の
忘年会がありました。

先日ここに書いたように
従業員には解雇通知を出したので
一人も参加せず
主に協力業者の人達と
交流を深めるために開いた会です。

従業員が誰一人参加しないのを
不審に思われないように
従業員達とは別の機会に忘年会をする事にしたと
予め夫と口裏を合わせておきました。

もしも従業員全員を解雇するのがわかれば
「あの会社はもう危ない」
と思われて
仕事を引き受けてくれなくなるかもしれません。

なので、普段から取引のある
メーカーや業者さんたちには
そんな気配をチラリとも見せてはいけないのです。

先代の頃から仕事を受けてくれていた
ある業者さんから
「この業界も苦しい時代だけど
来年もお互いに助けあって頑張ろうね」
と言われて

ああ、もうウチの会社は
春までもたないかもしれないのに、と
後ろめたいような気持ちになりました。

本当はこの窮状を相談したいけど
もしも、そこで相手が態度を変えて
ウチを切って他所に仕事を頼んだら?
他の業者間で噂がたったら?

そんなことを考えると
とても言い出せませんでした。

夫を見ると
いつもと全く変わらない態度で
相手の会社のダメな点を指摘したりして
家での鬱が嘘のように明るく飲んでいました。

内と外で見せる顔の違いに
驚くというか、別人のようで少し怖いです。

でもそれが社会でやっていくために
夫が身につけた処世術の1つなのかもしれませんね。

もしくは
単に現実から目を背けて
まるで会社が好調かのように
振る舞うことでツラさを誤魔化している
だけなのかもしれません。

果たして来年の忘年会は、、
開催されるんだろうか。

張り付けたみたいな笑顔で
あちこちにお酌をしてまわるのも
これが最後、かな。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180528_091228

取材旅行を終えて
夕方には帰宅してしまいました。

極寒のイベント取材もしんどいけど
どんよりした空気の自宅も
また別の種類のしんどさがあります。

丸二日留守にしてましたが
意外と散らかってない。。

キッチンは
何か香辛料の入った
鍋のような物があるので
昨夜夫が自炊したのでしょう。

最近はほとんど夜しか食べないようなので
身体に悪そうなものでも
一応何か食べたなら良かった。

外出してる間は
夫の会社や経済危機について
頭を占める事が少なくなるので
いくらか明るい気分になれますが

やはり帰宅すると
一気に現実に引き戻されます。

電気代やガス代の請求書が届いていたので
家計簿アプリに入力。

冬は屋根の太陽光の発電が弱く
すべての光熱費を賄うことは
できませんでした。

でも落ち込んでばかりもいられない。

パソコンを開いて
とにかく取材原稿を仕上げます。


少し吐き気とのぼせる感じ。

下腹部痛はPMSなのか
間質性膀胱炎のせいなのか
判別がつきません。

もうプレ更年期だし
色んな変化があって当然だけど
だんだん自分の身体が
衰えていくことに寂しさを感じるけど
手持ちものを
切ったり貼ったりして
なんとかやっていこう。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181112_001854

地方の観光都市に
取材旅行に来ています。

強風で体感温度はマイナスなんじゃないかと
思うぐらい寒さの厳しい日ですが

屋外イベントの取材のため
6~7時間は外に立ちっぱなし。

しま〇らの裏地あったかパンツ
というのを購入して
厚手の手袋や
ヒートテックのババシャツも
着こんでのぞみましたが

40代の身体は
自家発電機能が弱く
一向に震えが止まらない。。

イベントに出店されている方に
お話を聞かせてもらってますが
こちらが歯をガチガチいわせてるのを見て
「あんた、大丈夫?」と
おでんの具を差し出されたりして
情けない事この上なし。

ようやくイベントがお開きになって
宿泊先のビジネスホテルに戻り
部屋の暖房をつけた時は
へたへたと腰が抜けたように
ベッドに倒れこんでしまいました。

夜に一気に原稿を仕上げて
とりあえず一息つけました。

冬の屋外取材は
身体にこたえますね。

交通費などの経費を差し引くと
夜間のガードマンと変わらないぐらいの
報酬だろうか。

同じ寒さに耐える仕事なら
継続的に仕事のある
ガードマンの方がよほど安定してる。。


冷えたせいか
また膀胱の調子がよくない気がします。

頻尿気味だし
ヒリヒリと引っかかれるような
痛みがあって不安です。

いくら防寒対策しても限界があるよなあ。

再来週は婦人科と
間質性膀胱炎に詳しい泌尿器科へ受診。

それまでなんとか
だましだましでも頑張らなきゃ。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181023_005546_461

夫がついに
会社の従業員を集めて
来月以降の給料を支払えないこと、
辞めてもらう事になるので
各自整理や職探しを始めてほしいこと
などを伝えたそうです。

解雇予告通知書は
追って渡しますが
なるべく早めに伝えてあげないと
それぞれの都合もあるだろうから
口頭でいいから話して、と
夫に迫ってようやく実行されました。

夫からは

「胃が痛い」

「○○さんは俯いて無言だった」

などとLINEが送られてきましたが

胃が痛いのは従業員たちのほうでしょう。

暮れも迫るなかで
突然年明けの解雇を言い渡されたら
暗い気持ちになるに決まってます。

もちろん会社の状況が悪いのは
みんな承知していたので
あっさりと「わかりました」と
納得した人もいるようでした。

数日後に会社の忘年会
(主に協力業者などを招いて)
があるので
なんと夫は従業員も誘ったらしいですが

来るわけないだろう。

やる気を失った従業員と
残りの日々を過ごすのは
気まずいですし
何かと支障がでるかもしれませんが
仕方ありません。

夫は会社の収支を
再度計算して
2月か3月ぐらいまでは
給料を払い続けられるかもと
まだ思いきれずにいるようですが

どくどく出血してるのに
血を止めないバカがいるでしょうか。

先行きが全く読めないのだから
固定費のカットは絶対に必要です。

今は歯をくいしばって耐えて
次の事を考えるしかないんです。

一人になって
雑務も何もかもこなすために
いかに業務を効率化するか
考えておかないと会社はまわっていきません。

早く前を向いてほしい。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_094403_854

今まで何度となく
話し合いをして
約束しては破られてきました。

もうこの人は
お酒と心中していく運命なんだなと
半ば諦めていましたが

ふと空き缶や瓶のゴミを出す日に
妙にゴミ箱が軽いのに気がつきました。

ビールの空き缶やワインの空ボトルは
「またこんなに飲んで!」
と私に言われないように
自分でゴミ箱に入れておく夫。

今更ゴミだけどこか別の所に捨ててる、
というのも考えづらいので
恐らく飲む量が減ってきてるようなのです。

食欲がなくて10キロぐらい痩せたな~と
気づいてましたが
飲酒の欲求さえ希薄になってきたんだろうか。

お酒しか楽しみがないのに。。

酒量が減った事自体は
良いことだと思ってますが
逆に精神状態が非常に良くないのではと
気になっています。

夫に話を聞くと
食事は昼だけスープやサラダを食べて
夜に家で少しの肉と味噌汁を飲むだけで
まったく欲しくならないんだそう。

会社倒産危機のストレスが
思いのほか長く続いてるようです。
(当然かもしれませんが・・)

そういえば
ビールとワインをガブガブ飲んでた
いつもの夕食風景が
ここ数日は発泡酒のロング缶が1本だけ。。

とにかく眠気が強いようで
食事が終わるとすぐに横になります。

あれだけ酒を飲まないでほしいと
言い続けてきたけど

自ら欲していないのを見ると
なんだか気味悪く感じてしまいます。

代わりにメンタルでの
大きな不調などあったら、、
それはそれで困るんだよなあ。。

どんな言葉を投げかけても
糠に釘のような夫。

こちらも人を元気づけられるほど
エネルギーが余ってるわけじゃないし。

お酒が減った事を
手放しで喜べない気分ですが
その分お金がかからないのは
間違いなく、絶対的に良い事だと言えます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ