卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。現在別居中です。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2020年07月

IMG_20200701_224426

◆Twitterより



腹痛で産婦人科に行った女性、待合室を半分埋めてるのが妊婦の付き添い男性なことに憤る

そのツイートに対してある男性「自分のパートナーの前で他の女性に席を譲るとか絶対ムリ。後で修羅場になること間違いなし。どうしても譲って欲しいなら女性側からアピールして」



<ネットの声>


男として?一括りにしないで欲しい。ウチの旦那はどんな時でも座らない。離れた所で呼ばれるの待ってる。

これ、カップル対女性の話ではなく、健康な付き添いは患者さんに席を譲ろう、という話なのでは?

妊婦に譲らない同伴者。自分の夫だったら恥ずかしい。自分の妻が同じ目にあったらどう思うの?

混雑した病院では「診察を受けない人」は椅子から立つ。それだけの話。

──────────────────────

この男性の主張、どうなんでしょうねえ。

パートナーの機嫌が悪くなるから
他の女性に席を譲る事はできない。


恐妻家アピール??


産婦人科という性質上、
患者さんはほぼ女性でしょうけど
パートナーの嫉妬が怖くて席を譲れないなら
最初から外や車で待ってるとかね、できそうですが。


そもそも人としての基本的な親切心とか
持ち合わせていないんでしょうか。



「席を譲ってほしいならアピールして」って
俺は怒られたくないから
女性同士で解決して、ということか。

「男として許してほしい」なんて言ってますが
どう考えても男らしくないような・・。


世の中の男性がこんな人ばかりとは思いませんが、
理解できないタイプの人もいるんですよね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─



IMG_20200701_223949

待ちすぎて忘れかけていた
定額給付金が振り込まれたようで
約束通り、私の分の10万円を夫が渡しにきました。


事前に連絡をくれれば
こちらから取りに行ったのに
突然、「今アパートの前にいるから」とLINEが。


封筒に入った10万円を確認して
ありがとう、と受け取り部屋に戻ろうとすると

「最近は仕事、どうなの?」
「こんな状況じゃあ依頼なんか来ないんじゃないの?」


と、聞かれたくない事を聞いてきます。


今の仕事の状況やパートを始めた事など
夫には一切話していません。


どうにか1本だけ連載が取れましたが
ライターとしての仕事はお小遣い程度。

事情を話せばきっと夫はバカにして
「それみたことか」と嫌味を言ってくるに違いありません。


特に変わりはない、と濁した返事をしましたが
夫は何となく見透かしたような表情で

「ふうん」
「ま、その10万円で今月はしのげるでしょ」
「身体弱いんだから病気にならないようにせいぜい気をつけてください」


と言って車のエンジンをふかして
土煙を立てて去っていきました。


人を小馬鹿にしたあの顔、
相変わらずで嫌な感じです。

私の猛反対を聞き入れず
強引に買った金食い虫の外車は
今日もピカピカに磨かれていて
余計に腹立たしい。
(夫は非常にだらしない性格ですが、洗車だけは欠かしません)

いつか会社が倒産して
ボロボロの軽自動車で負債返済に奔走する姿を見てみたいです。

その前に離婚を成立させておきたいけど。



定額給付金の10万円は嬉しいですが
夫と顔を合わせた事によって
無駄にエネルギーを消費してしまいました。


悔しいけれど、、
今の自分の状況はかなり情けない。

早く見返せるように頑張らなくては。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




美容室に行かなくなって
もう2年ぐらい経つでしょうか。

セルフカットも慣れたものですが
コロナ禍で外出が減ってからは
テキトー感に拍車がかかり
合わせ鏡をして後ろ髪を見たら
見事にバラバラ。。

いい加減みっともないので
一度プロにカットしてもらわないとダメかも。


まあ、普段は結んでるか
ハーフアップにしてる事が多いので
揃ってなくてもわからないんですけどね。


都知事選の投票は近くの学校で行われてますが
混雑を回避する意味もあって
いつも閉場ギリギリの時間に行くことにしています。


結果は言わずもがなというか

当然のように百合子、でしたね。


IMG_20200705_230016
弱者への共感を持ち合わせておらず
行動に一貫性を欠き
誠実さを感じられなくとも

セルフプロデュースと
メディアコントロールさえ上手にできれば
再選は容易だったのでしょう。


求められるのは人柄ではなく
多くの人に対して有益な政策を打ち出す事だと思いますが
果たして、これからのプランがあるんでしょうかね?

国政に居た頃から
場当たり的、日和見的な印象の人ですが
女性受けが良く、組織内の勢力図に強そう。

コロナのおかげで例年よりも
格段にメディア露出が多かったので
仕事をしている印象を与えられたのも大きかったかも。
(それがなければ公約実行数ゼロですからねえ)

常人の数百倍の野望を持っていそうなので
任期を待たずに国政に出ようとしてる気配もありますが
せめてコロナが終息するまでは責任を果たして欲しいです。





政治家としての資質はともかく
人物像には興味があるので
これ、読んでみたい。

芦屋育ちのお嬢様が
破格の上昇志向をどう育ててきたのか
気になるところです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─



IMG_20200316_230828

クラウドソーシングで提案した案件が
1つ取れたので今日はずっとその作業。

文字数が少ないから楽勝!
と思ってましたが
あまり知識のある分野じゃなかったので
下調べに時間がかかってしまいました。

情報を集めて
先方の項目を満たす内容にするのに
ざっと3時間。

下書きを手直しして
入稿する頃には4時間も経過していた。。


これで先方から修正が入ったら
時給500円とかになりそうです。

まあ元々割のいい仕事じゃないけど
コロナ後の方が
格段に単価が下がってるのを感じます。


それでもやらないよりは
やった方が良いのでしょう。

チリも積もればなんとやら。


また同じクライアントから
別の仕事をもらえるように
期限にかかわらず
案件を受けたら早めに提出するようにしてます。


ライティングだけで
月に5万ぐらい稼げるのが理想ですが

現実は小さな仕事1つ取るだけでも大変。


東京のコロナもぶり返してきたし
また5月のような自粛になって
飲食店が営業できなくなったら
先月契約したばかりの連載も危うくなるでしょう。


百合子・・
頼むよ、なんとかして?

と思ったところで
日曜の都知事選の結果次第ですよね。

今回の選挙はカオス状態で
怪しげな候補が目立ちますが
結局のところ誰が当選しても
パーフェクトな政策など出てこないでしょう。


今は効率の悪いライティングでも
できる限り取りにいって小銭を稼ぐしかありません。

今月は2万円が目標。

時間はたっぷりあるのだから
地道にコツコツ、がんばろう。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─



IMG_20190602_071718

◆Twitterより


私も学生の頃に同じ事を言われ
母親にお金を渡してましたが

ビタ一文返ってきませんでした。


そうか・・・

世間ではこういう愛情みたいな物もあるんですね。

子供の代わりに積立してあげる、みたいな。

酷い話かと思ったら
心温まる系の話だったんですね。



でもウチもこっちのクチだなあ。
お酒を飲まれたりはしなかったけど
母があのお金で自分のコートやバッグを買っていたのは覚えてます。
(買った物を褒めるよう強要され、母が納得するまで自慢された)


なので、自分で働いて稼いだお金を
自分以外の人に渡す怖さみたいなのが
染みついてて、

たとえ夫婦でも家族でも
お金の管理を人にまかせるような気持ちになれないな。


今おもえば夫もよく私という他人に
家計の管理を任せたものだ。

夫は浪費家だしお金の使い方もひどいけど
私ほど疑り深い人間ではないのかもしれない。


自分にもし子供がいたら
この親のようにバイト代を徴収しただろうか?


多分しないな。


成長してから返してあげるつもりでも、
いつ何があるかわからないし
働いた分はまるまる自分のお金にした方が
労働に対してモチベーションを保てるような気がします。

私自身、時給800円でバイトしてても
母親に半分取られるから実質は時給400円か・・
とげんなりした記憶がありますし。

徴収して何年も後に返すよりも
収入の何割かをローリスクな投資にまわす方法を教えた方が
よほど人生の役に立つのでは。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─



↑このページのトップヘ