卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

母親との関係

IMG_20180615_010203_881















微妙な空気になった会場を出て
姉のいる控室に行くと

化粧台の前に座って
放心したような表情の姉が
ポソリと呟きました。

「どうして・・・・」

「どうして、あの人が母親なんだろう・・・」

これは今もなお
私達姉妹が日常的に思うことです。

親を選ぶことは出来ないし
過去を変えることも出来ないけど

母のことは
人生でどうしようもない理不尽の中でも
最も憂える理不尽でした。

ショーのイベント自体は好評だったようで
優勝は姉に決まり
ドレス代も無料になったのがせめてもの救いです。

私はこの件以来

結婚式やウエディングドレスに
1ミリも憧れを持つことはなくなりました。

姉は母のことを心から切り離して
挙式や披露宴の間は
「見えない人」として母を扱っていました。

ですが、人生一番のハレの日に
影を落としたのは間違いありません。

母の暴言や妨害と戦ってまで
結婚式をしようとは
私には思えませんでした

きっと精神的にボロボロになるまで
口撃されたと思います。

晴れ姿もなく
結婚自体が成功してるとは言えない私ですが

今はこれで良かったのだと
思えるようになりました。


度々このブログで
母の事を綴っていますが
こうして冷静に思い出せるようになったのも
書くことによって
当時よりも客観的な視点が持てるからだと思います。

いつもくだらない回想をお読みいただいて
本当にありがとうございます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180219_003012













暗雲漂う中での
ショーの当日。

姉を含めて
8人の花嫁達が
カラードレスを着て
ステージを歩く姿はとても華やかでした。

姉は山吹色のシフォンドレスと
ブルーのサテンドレスの2着を
優雅に着こなしていて

お客さんや審査員らしき人達の目線を
集めていたように思います。

滞りなく進行していくかと思いましたが

もちろんそんなわけにはいきませんでした。

客席の前列に座る
年配の女性達が
何やら大きな声で
会話しているのが会場に響きます。

「あっはっはっ、馬子にも衣裳、豚に真珠」

「カカシに布を巻きつけてるみたい」

「あの小便ガイコツが気取って歩いちゃって!」

背筋が寒くなるような
母の声でした。

隣にいるのは叔母のようでしたが
叔母の声はほとんど聞こえず

母の独壇場で
姉のドレス姿をディスっては

自分の発言に自分で笑っていました。

ディズニーの「シンデレラ」のテーマ曲が流れる中
会場の人達はみんな母の方を見ています。

母は姉に手を振って

「ほれ!カカシ!ぼんやりせんで歩け!」

「そのドレス、ペチャパイが目立たなくていいね!」

と声をかけていました。

姉の顔からは
表情というものが一切消えて

ただ曲に合わせて
最後までステージを歩いていました。

私が母の口を塞ぐ前に
イベントは終わってしまい
会場からは一様に
困惑したような雰囲気が漂っていました。。


続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180604_195223_386











かれこれ20数年前

結婚式に向けて
招待客や料理、そしてドレスなど
煩雑な準備を楽しそうにする
姉に付き添って

地元で一番豪華なホテルに
毎週のように通っていた事があります。

お互いに10代で自立していた姉と私は
当時は親友のように仲が良くて

彼女の挙式は
私にとっても
人生の一大イベントのように感じていました。

最大の悩みどころであり
最大のお楽しみは
やっぱりドレス選び。

ウエディングドレスの他に
お色直しのカラードレスも選ぶので
何度も試着を繰り返しました。

目鼻立ちのくっきりした姉は
妹の私から見ても美人でスタイルも良く
(似ていない姉妹です)
どのドレスもよく似合っていたので
なかなか本命が決まりません。

そんな中で
式場側から提案があり

他の花嫁達と
お色直しのドレスを着て
簡単なショーのようなイベントに出てくれて
優勝すればドレス代を無料にする

とのこと。

姉は迷っていたけど
絶対出るべき、と私に背中を押されて
ショーの日を楽しみに待ちました。

ですが・・・

その話をどこからか聞きつけた母が

ショーの前日に
ホテルに電話してきたのです。

「うちの娘を見世物にする気か」

「モデルをさせるならモデル料を払え」

「騙そうとしたのだから挙式代は払わない」
(母が支払うわけじゃないのに)


などと、すごい剣幕で
担当者に食ってかかったようでした。

翌日にそれを聞いて
姉は仰天するやら恥ずかしいやら。。

担当者の方に
母の勘違いだったと平謝りして
予定通りショーには出ることにしました。

この時なんとなく
暗雲が漂ってきた気がしましたが

ショーの当日・・・・・



長くなるので続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180320_153027












いわゆる「毒親」による
支配・洗脳から脱する道のりは
人それぞれだと思いますが

ほのんどの人がたどるルートは・・・

毒親の支配下にある「隷属期」

実家を離れて初めてその異常さを知る
「発覚期」

ひたすら親を怨む「怨恨期」

親と距離を置き
支配が薄れつつも生きづらさが残る
「空虚期」


という流れになるようだけど

この過程のどこかで
自己肯定感を取り戻しておかないと
新しい人生は始まらない。

自分の場合は
「怨恨期」がうっすらと長期間あって
最近になってから
あきらめたというか
期待を捨てたというか
「空虚期」に移行しつつあります。

自己評価が低いって
20代の頃は思わなくて

むしろ自己肯定感が強すぎるのも
厚かましい人間みたいでどうかなあ・・
と思うぐらいだったんですが

結婚して、生活が暗転して

今現在のほうが
自己肯定感が低くなってる気がします。

自分で決めた結婚が
思うようにいかないのを

母親に
「それみたことか」
と言われるのが
悔しかったり辛かったりするからかも。

「自分の結婚生活」と
「母親との関係」は
まったく別の問題なのにね。

まだ支配は続いてるのかもしれないし
この「空虚感」は
埋めきれないのかもしれません。

それでも、人生は続いていくし
どう生きるかは自分次第。

同じ時間を過ごすなら
なるべく楽しい事を考えてられる
毎日を送りたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 


いつの間にか母の日が過ぎ去ってました。

いえ・・・・・・

本当は認識してて

もちろん母親からの
「お祝いしなさいよアピール」も当然ありましたが

何をしてあげても
不満や文句を言われるのは明白なので

仕事が忙しいのを理由に
のらりくらりとやり過ごしました。

IMG_20180514_081613













ネットで見かけた
アニメの中の母親たちを見て

自分の理想の母親像って
どんな人だろう?と考えてたんですが

王道は「サザエさん」の
磯野フネさんですよね。

古き良き良妻賢母で
控えめ、おおらか、慈愛に満ちてる。

リアル母が強烈すぎて
理想の母親とか、あまり考えた事なかったなあ。

毒吐かない
殴らない
支配しようとしない

だけで十分理想的に感じますが・・・・・

これってまるで

DVするダメンズとばかり付き合う女性の
理想の男性像みたい。

頭ごなしに否定せず

ありのままの自分を受け入れてくれて

どんな事があっても味方でいてくれる。

そういうスタンスの母親がいたら
少し人生も変わってたかな?

考えても仕方ないけど。

今は、この自分でやってくしかないのです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


↑このページのトップヘ