卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。現在別居中です。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

間質性膀胱炎

IMG_20190812_173623




ここで少し書きましたが
強い胸痛や背中の痛みは
実は10月下旬頃から感じていて

最初は単なる疲労か
運動不足によるものかと思ってましたが・・

数時間おきに
腕や手首、背中、肩、胸と
痛みが転々とするのはどうもおかしい。

そして時には
座っていることもできないぐらい
胸や背中の痛みが強くなります。


ちょうど間質性膀胱炎の通院があったので
チラッとそのことを話してみたら・・

先生は顔色を変えて
私の胸骨付近や背中、腰や腕など
体中の圧痛点を押して
「ここは痛む?ここは?」
と確認されました。

その時は比較的痛みも少なく
激痛、というのはなかったですが・・

間質性膀胱炎と
線維筋痛症は先生の言葉を借りると
「とても仲良し」で
併発する人が多いのだそう。


知らなかった。。


間質性膀胱炎の方はだいぶ落ち着き
最近は無症状の事も多いので
(※間質性膀胱炎は通常の膀胱炎とは全く異なり
細菌の有無に関係なく痛みや不快感が続く難治性の病気)


もしかしたら、そろそろ治療も卒業かな♪
などと考えていたのですが

ここにきて、また新たな病気が??


先生の言う

「早期に発見できたのは幸運」
「しっかり生活を改めて進行しないようにしよう」

という言葉もわかるんですが

やっぱりショックは大きくて
病院を出てからしばらく
動悸が止まりませんでした。


ほんの数日前に
八木亜希子アナウンサーが
線維筋痛症で明石家サンタに出演しない
というニュースを見て
残念だなあ、早く復帰できると良いけど

なんて思っていたのに
まさか自分も。。


もっとも線維筋痛症は
診断がとても難しいらしいので
泌尿器科の先生の診断を
100%受け入れたわけではありません。

今は痛みも強くないので
あまり実感もない。

でも、身体の中で
色々と不具合が起きているのは
何となく感じています。

間質性膀胱炎も
線維筋痛症も
スタンダードな治療法は確率されておらず
特効薬は今のところ存在しません。

とりあえず今は
参考文献を熟読して
生活していく上でできること

・良質な睡眠を確保して細胞修復と成長ホルモンの分泌を促す
・ローインパクトな運動を毎日取り入れて筋肉の硬直を予防する


を、可能なかぎりやっていくしかない。
(その他、瞑想なども効果的とあったけど
雑念だらけの私にはハードルが高い。。)

線維筋痛症は
実際に炎症があるわけではないので
一般的な鎮痛薬を飲んでも効きません。

私の理解では
脳に送られる痛みの信号が過敏になって
どんどん増幅されて激痛が起こり
更なる激痛を呼ぶ、という印象。

何らかのホルモン物質のバランスが崩れたり
不足したりして、脳にバグが起こってる感じでしょうか。

自分でどうにかできる感じがしなくて
恐ろしいですね。。


完全な夜型で
現在も昼夜逆転生活なので
これは絶対に変えないとダメでしょうね。
(看護師さんなど不規則な職業の人は
悪化しやすく治療が困難なのだそう)


いつも思いますが

『命には関わらないけど死ぬよりツラい病』

にばかり罹る気がします。

今からでも間に合うなら
何とか食い止めて
普通に動ける生活を続けていきたい。


ストレスを完全になくすなんて
誰にもできないだろうけど、、
生活習慣も含めて
自分の性質・性格を変えていかないと
根本的に良くなる事はないのかもしれません。


先のこと、いろいろ考えると
怖くなる事も多々ありますが
「今」に集中して
自分ができることをやっていこうと思います。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

━─━─━─━─


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190213_182701

春に届いた固定資産税の払い込みの
2期までは去年のうちに
済ませておきましたが

夫の会社倒産危機や
自分の間質性膀胱炎問題などで
バタバタしていて

3期分の支払いをすっかり忘れていました。

12月末までが
納入期限だったのですが
もうとっくに過ぎてしまってる。。

本当は一活納入したほうが
忘れなくて良いのでしょうが
一気に十数万円支払うのが厳しくて
ついつい後回しにしてしまっていました。

焦りましたが
納付書をよーく見てみると
コンビニ払いのバーコードの下に
数字が並んでいて
一番下に年月日のような物があります。

ネットで調べると
どうやらこの期限までは
この納付書で支払いができるようでした。

BlogPaint
2019年5月31日までは
大丈夫なようです。

早めに思い出せて良かった。

すぐに近所のローソンに行って
4期の分もまとまて払っておきました。

以前だったら忘れないような事を
最近はよく失念してしまいます。

今に取り返しのつかないミスをしそうで怖い。

何事も早め早めに
済ませてしまった方がいいですね。


インフルエンザで体力が落ちたせいか
間質性膀胱炎の状態がよくないです。

トイレの間隔が近くなり
常に残尿感・膀胱内がピリピリするような
灼熱感があって仕事に集中するのが難しい。

耐えられない痛みではないんですが
常に膀胱の事が気になって
それがまたストレスになってしまって
さらに症状が悪化するのかも。

筋肉の緊張をとる薬や
精神薬などでマシにはなりますが
それはそれで、眠気が強くて仕事にならず。。

それでも〆切りは迫ってるので
ミントのガムを噛みながら書いてます。

今週末にはまた出張の取材があるので
少しでも早め進行にしておかなきゃ。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180504_093921

今朝は(私にしては)早起きして
婦人科へ行ってきました。

例の間質性膀胱炎(の疑い)の件で
泌尿器科の先生が
知り合いの婦人科に紹介してくれたのです。

内膜症など別の病気が潜んでたら
膀胱炎ではないかもしれないし。
とにかく原因がはっきりするのを
期待して行きました。

○○会総合病院とあったので
大きめの病院だと予想してはいましたが
小児科からアレルギー科まで
20科以上の診療を行う巨大病院でびっくりしました。

受付にはすでに患者が列をなしてて
朝から混雑しています。

私は予約をしていたので
それほど待つ事はなさそうでしたが
痛恨のミスで
マスクを忘れてしまいました。

インフルエンザや風疹が
猛威を奮ってる時期に
どれだけ無防備なのか。。

買いにいく時間はないので
ハンカチを口元にあてながら
なるべく人の少なそうな場所で
診察を待ちました。

婦人科の子宮を診るエコー検査が
得意な人はいないと思いますが
今回紹介された女医さんは
とても丁寧で気をつかってくださり
今まで受けた子宮エコーの中で
最も不快感が少なかったです。

結果的には
特に異常を感じる所見は無し。

良かったんですが、、

これでまた
振り出しに戻ってしまいました。

頻尿や違和感、痛みの場所などから
腸の方を疑ってもいいかもねと言われて

また違う病院で検査をしなければならないのか・・
とげんなり。

お金も時間もかかるし
今更ながらに健康でいることの大切さを感じます。

紹介状を書いてもらったおかげで
お会計は思ったより安く済みましたが
積もり積もるとイタい金額。

今年の医療費は
夫婦で軽く10万円を超えてます。

うちは住宅ローン控除も受けてるから
医療費控除の還付は多くないだろうけど
少しでも戻ってくると助かるんだよなあ。。

夫婦で慢性疾患など抱えてしまうと
本当に医療費ビンボーになりそうです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


IMG_20181112_001854

地方の観光都市に
取材旅行に来ています。

強風で体感温度はマイナスなんじゃないかと
思うぐらい寒さの厳しい日ですが

屋外イベントの取材のため
6~7時間は外に立ちっぱなし。

しま〇らの裏地あったかパンツ
というのを購入して
厚手の手袋や
ヒートテックのババシャツも
着こんでのぞみましたが

40代の身体は
自家発電機能が弱く
一向に震えが止まらない。。

イベントに出店されている方に
お話を聞かせてもらってますが
こちらが歯をガチガチいわせてるのを見て
「あんた、大丈夫?」と
おでんの具を差し出されたりして
情けない事この上なし。

ようやくイベントがお開きになって
宿泊先のビジネスホテルに戻り
部屋の暖房をつけた時は
へたへたと腰が抜けたように
ベッドに倒れこんでしまいました。

夜に一気に原稿を仕上げて
とりあえず一息つけました。

冬の屋外取材は
身体にこたえますね。

交通費などの経費を差し引くと
夜間のガードマンと変わらないぐらいの
報酬だろうか。

同じ寒さに耐える仕事なら
継続的に仕事のある
ガードマンの方がよほど安定してる。。


冷えたせいか
また膀胱の調子がよくない気がします。

頻尿気味だし
ヒリヒリと引っかかれるような
痛みがあって不安です。

いくら防寒対策しても限界があるよなあ。

再来週は婦人科と
間質性膀胱炎に詳しい泌尿器科へ受診。

それまでなんとか
だましだましでも頑張らなきゃ。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181023_005529_072

間質性膀胱炎というのは
結構マイナーな病気のようで
医師の中にも
その病名を認識してない人がいるようです。

結局現在も
処方された漢方薬を飲むだけで
これといって対処法がない日々。

もしもこれ以上悪化してきたら・・・

一体どうすれば??

水圧で膀胱を広げる拡張術なども
一時的に改善するものの
何度も繰り返す例が多いとか。

不安にかられて
ネットの海をさまよっていると
「間質性膀胱炎」というカテゴリを
某ア〇ブロ内に発見。
(ぜんぜん某じゃないですね笑)

そこにはもう十年以上も
病気と向き合ってきて
今も尚闘病を続けてらっしゃる方の
リアルで克明なブログがあり

私が知りたかった事や
それ以上の様々な情報が
惜しみなく記されていたのでした。

症状や日々の様子を拝見すると
こんなにツライ事ってないんじゃないかと
胸が締め付けられそうになりますが
どの方のブログにも
ツラさの中に明るさがあり
表情豊かな絵文字からは
人柄の豊かさや芯の強さが感じられて
こちらまで気持ちが前向きになれるような
充実した内容だったのが
なんとも有り難く感じます。

終わりの見えない闘いで
想像を絶する辛さの日々もあるだろうに
それを細かく記して
共有してくださるなんて。。

もちろん個人差のある事ですし
すべてが当てはまる事ではありませんが

ああ、あの症状はそうだったのか
これをしたら、これを食べると良くないのか
と参考になったり
共感できたりすることが多々あり
読み進めるうちに
気持ちが軽くなるような気がしました。

同じ思いをして
同じように悩んでる方が
この世界にはたくさんいるんだ

と思うと自分は1人ではない、
と感じられて少しだけ勇気が湧いてきます。

もちろんこのブログに
励ましのコメントをいただいた時にも
同じように心に温かい灯がともって
「そうだ、なんとかなるさ」
という気持ちになる事ができます。

立ち止まって、
悩んでばかりいても仕方ない。

自然治癒を期待してばかりの
希望的観測はやめて
教えていただいた情報を活かして
専門の病院を訪ねてみようと思います。

お金や時間がかかると思いますし
思うように成果が得られない事があっても

いつか、いろんなことが
良い方向にむかっていくと信じて。

(自分でも間質性膀胱炎のカテゴリを
作っておきました。誰かの役にたてれば。。)

間質性膀胱炎

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ