卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。どうなるかわからないけどこれから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと

IMG_20190718_223217

いつにもまして
不機嫌な様子で帰宅した夫。

話がある、と言われて
嫌な予感しかしませんでしたが。。


「会長(夫の父親)から呼び出し」
「来月、家族会議やるから全員参加だって」
「たぶん、、カネの話だと思う」


やっぱり嫌な話だった。


夫の会社の決算時期なので
何かあるとは思ってましたが
ついに最後の時がやってきたのかしら。

夫の予想では

・会社をたたんでしまえ
・会長の裁判での賠償額が決まった
・会長の体調について
(数年前に大手術して現在も不調)

のどれか、もしくは全部だという話ですが
私はおそらく「会社たため」だと思います。

もう潮時は過ぎてるので
今更驚く話ではありません。


それで・・・

その会議、私も出なきゃダメ??

今まさに夫婦関係を解消しようとしてる
このタイミングで?



まあそうは言っても
別居後に離婚となるまで
ある程度時間がかかるとは思いますが

夫の一族から離脱しようとしてる私に
特に意見などもないわけで。。

参加する意味あるんだろうか。


当然、夫は私達の状態を
彼等に話てないと思うので
参加しなければ不信に思われますが


できれば行きたくない。


一方で、どういう展開になるか
知っておきたい気持ちもあります。

自営業は仕事と家族、経済状況が
濃密に絡み合っているので
話の流れによって
今後の自宅ローンや会社の負債などが
どうなっていくのか決まるんですよね。

夫は反発しながらも
父親の意向を常に気にしているので
もしかしたら
こちらの望まぬ方向に舵を切られる可能性も
十分にあります。

それによって夫の状況もガラッと変わったりして
スムーズな離婚の障壁になるかもしれない。。

別居後でも
参加すべきだろうか。

私の離婚意思を知った後の
義両親の反応も不安です。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190716_002457

大腸内視鏡検査を受けてきました。

健康な方にとっては
どうでもいい情報だと思いますが

思ったよりしんどかったです。


まずなによりも
腸をキレイにするための
下剤がツライ、と聞いていたので
心配症の私は3日前から準備しました。

といっても、
粒が残りそうな果物や野菜などを
避けた食事と多めの水分で摂ることぐらいですが

これがわりと功を奏したようで

当日は朝から飲む2リットルの下剤を
1.5リットルほど飲んだところで
すっかり腸がキレイになったので
飲む量が少なくて済みました。

ですが、、、


肝心の内視鏡は
やっぱり痛くて苦しかったです。。


人によって大腸の形状や
敏感さは様々だと思うので
まったく無痛の人もいるそうですが
私は全然ダメだった。

腸の曲がり角にカメラがあたる度に
「いたたた」とうめくと

イライラした医師に
「もうちょっと我慢できない?」
「力を抜いてくれないと進めないよ!」
と叱責されるので

必死に他の事を考えながら
時間が過ぎるのを待ちました。

20分が何時間に感じられましたが
どうにか終わり、ドッと疲労感が。


いくつかの炎症跡が見られたものの
ポリープや悪性腫瘍の所見は見られず
下血の原因はやはりストレス性の炎症だろうという
結果になりました。

炎症を抑える薬を処方されて
午後には帰宅できましたが

検査時に入れた空気がなかなか放出されず
お腹が張った状態がまだ続いてます。


胃カメラもツライけど
大腸も同じくらいツライですね。

できれば二度と受けたくありませんが
大腸がんは女性に多いし
またいずれ機会があるんでしょうね。

それまでに医療が進んで
少しは楽な検査になっていることを願います。


ちなみに検査料は6000円ほどで
腸を撮影した写真を510円で
勝手に付加されていました。

事前に断る事もできたのかな?

次回は忘れずに断っておこう。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190602_071620

明日は大腸の内視鏡検査なので
今日は夜の20時までに食事を済ませます。

事前にもらった説明書に
検査前々日から
推奨される食材リストがあり
できるだけ実践しましたが


野菜がほとんどダメ。


キウイや苺など
粒が残留するものはわかりますが
葉物野菜もダメなんですね。

もちろん、油物なども
控えたほうが良いみたいだったので
食べられる物がほとんどなく。。

うどんや素麺ばかり食べて過ごしました。

思えば胃カメラの前も
緊張して体調がおかしくなりましたが
やっぱり今回も不調です。

医療技術が進んでも
物理的に体内にカメラを挿入するのは
なかなか変わりませんね。

超小型のカプセル型カメラなどを
ごくんと飲みこんで、回収。

というような非侵襲的な検査方法が
確率されないだろうか。

私は特にビビリなので
こういう初めての検査前は
必要以上にナーバスになってしまいます。


実際の内視鏡検査も不安ですが
その前に2リットルの下剤を
飲み切れる自信がありません。

どうなることやら。


検査中にポリープなど発見されて
除去することになると
数日の入院が必要になる場合もあるそうです。


もしこのブログが
3日以上更新されなかったら

入院したんだな、と思ってください笑


検査で下血の原因が
きちんと判明するといいのですが。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190718_223503

9月末までには引っ越しする予定で
ずっと物件を探していますが
決めきれずにいました。

でも今日になって
降って湧いたような話が。。


なんでも
賃貸人が急に退出してしまい
なるべく空室を出したくない大家さんが
家賃を値引きしてる物件があるそう。

急いで見に行くと
間取りも環境も理想に近く
家賃も予算内におさまります。

築20年ぐらいなので
多少の経年劣化はあるけど
水回りは5年前にリフォームされててきれい。

難点は少し線路が近いことですが
1時間ほど居ても
気になるほどの騒音ではなかったです。

1DKと2DKが混在してるので
住人は1人暮らしか夫婦、
3人家族が多いようでした。

廊下や各部屋の前は片付いてるし
隣接した駐車場を見ても
妙にボロボロな車などはないので
ごく普通の人達が住んでいる雰囲気。

今まで見た物件のなかでも
かなり良い方だと思います。

とりあえず
重要事項説明書をもらって
仮の申し込みをしてきました。


問題は入居審査。


フリーランスでも
するりと通ればいいですが
こればかりは保証会社や
大家さんによるので何とも言えません。

神頼みなんてアテにならないけど
お祈りせずにいられない。


万事うまくいくといいんですが。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190602_072904

最高気温がぐんぐん上がる毎日です。

子供の頃から
学校の朝礼で毎回倒れるタイプだったので
暑さが厳しい時は
なるべく外出しないようにしてますが。。

メルカリの購入者から
「できるだけ早く発送してほしい」
とリクエストがあったので

真昼にコンビニへ出かけて
発送作業をしてきました。

外気温は38℃。

外を歩くのは
せいぜい15分ほどだったので
日傘も持たず、用事を済ませましたが
灼熱のコンクリートの上を歩くと
わずかな時間でも汗が噴き出します。

帰宅してTシャツを着替えて
またパソコン作業に戻りましたが

どうも体調がおかしい。

熱い感じはしないのに
冷たい汗がドバドバ出て止まりません。

いつもの脳貧血かな?と思い
少しソファーに横になりましたが
まったく改善せず。。

そのうちメマイで視界が歪み
動悸が早まり
頭痛と吐き気がしてきました。


これはマズイかも・・・。


どうにか身体を起こして
ペットボトルの水をガブ飲みして

バッグを探って
梅味ののど飴を見つけて
口にほうりこみながら
エアコンの冷房を最強に。

2時間ほど頭痛と吐き気が続きましたが
徐々に良くなってきて
起きあがれるようになりました。


まったくどれだけ虚弱なのか・・・

自分で自分にうんざりしますが
もっと気をつけながら
生活しなきゃいけないんだなあと思います。

もうすぐ大腸の内視鏡検査があるけど
ちゃんと受けられるだろうか。

神様が願いを1つだけ叶えてくれるとしたら
お金よりも
健康な身体を選ぶかもしれません。

ちょっとやそっとじゃ壊れない
丈夫な身体になりたい。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ