卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと

IMG_20180409_205252












これが終わったら次はあれ、
みたいに次々と政治家・官僚の恥部が暴露されますね。

そんな事より政治をして欲しいんですが。。

今回出たセクハラ音声、

女性記者の質問に答えると見せかけて・・

突然の
「おっぱい触っていい?」(・ω・ )

これ、理解不能な人も多いと思うけど

こういう文脈を一切無視したエロ発言というのは
ある種の男の人には珍しくない現象。

今までの人生で
お世話になってきた
ゼミの教授
バイト先の上司
フリーになるのを手助けしてくれた先輩ライター

みんな酒の席でのことだけど

すっごく真面目な話をしてくれて

じーんときてる最中に突然、

「少し胸おおくきなった?」
「彼氏と最近したのはいつ?」
「ちょっとボクの触ってみてよ」

という類の言葉が挟み込まれる。

最初はぎょっとして
しばらくしてから怒りに震えてたけど

だんだん、慣れてきたというか

世の中のオジサンはみんなこんな感じ。

と思って受け流すようになった。

実際はこういう人の方がレアで
ほとんどのオジサンはまともなことしか言わない
という事実に気がつくまで
少し時間を要したけど(=ω= ;)

ストレスが多かったり
責任が重かったり
それなりのポジションにいて
能力の高い人にかぎって
こういう性質が強まるような気がします。

本人にとっては
「無意識」に近い状態の言葉だから
福田さんも本気で否定してるのかもしれませんが

ポリコレ範囲拡大中の日本では
ちょっと厳しい状況かなあと思います。

「被害者は名乗り出ろ」

という財務相のやり方は
セクハラ被害者が訴え出にくいのを逆手にとった
非常に卑劣なやりくち。

名乗り出る物がいなければ
「なかった」
事になる。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_001432











夫の会社に貸したお金も
無事に戻ってきて
一安心な日々。

当分おだやかに過ごせるかと思ってたら
また妙な気配が。。

義理の父が前に住んでいて
今は人に貸している一軒家にトラブルが生じました。

やたらバカでかい、、、
いや、立派なお宅なんですが
無駄に地下室などがありまして

その地下室が雨が降るたびに
しばしば浸水していたんです。

排水ポンプはあるんですが
うまく作動しない事があって
先月降った大雨の時に
盛大に浸水してしまったらしい。

もちろん借主はカンカンで

物件の管理会社である
夫の会社に怒鳴りこんできました。

(ここがもう、面倒ですよね。
夫は自分の父親の持つ物件の賃貸管理を
してるわけですが
これまでにも山のようにトラブルが。。)

おまけに、その一軒家というのは
義父が設計・建築したもの。

「オレの設計にミスがあるわけない!」
「浸水したのは借主が悪い!」

といって1ミリも譲らない姿勢。

借主が地下に置いていた荷物は
浸水で濡れて使い物にならなくなり

「弁償しろ!」
「家賃も下げろ!」

とこれまた強気の姿勢。

あっという間に話はヒートアップして

「裁判でカタをつける!」

という事になってしまったのでした。

最初は濡れた荷物の弁済の話だったのが
強制退去を求めるという話になり・・・

どんどん穏やかじゃない方向に。。

おまけに
義父は現在、
別件でも係争中なのです・・・


続きます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_000840
















10代の頃、
自分は結婚しないものだと思ってました。

したくない、とかではなく
他人と暮らす生活が
イメージできなかったんだと思います。

誰かと出会って
結婚して子供が生まれて
どちらか死ぬまで一緒にいる。

あまりピンと来なかったけど
結局結婚してるということは
子供以外の部分はある程度イメージできた
という事なんだと思います。

でも今の世の中で
これだけ未婚の人が増えると
もう結婚制度自体が骨董化して
過去の物になる日が近いのかもしれませんね。

特に女性の
「恋愛」→「結婚」→「幸せ」
というある種洗脳されたファンタジーが消えて
1人でも、むしろ1人の方が幸せ
という価値観が浸透してくるのかも。

現状の頭の硬い国の動きでは
なかなか難しいのでしょうが
フランスのように
未婚マザーが一般的になれば
「子供を持つ」ことに「結婚」は不要になるし。

あと2~30年もしたら
「え!あなた結婚してるの!?」
みたいな感じで既婚の方が珍しくなったり。。

結婚制度がある世界とない世界

どちらもメリット・デメリットがありますが

どちらでも自由に選べる方が

人生の選択肢の幅が広がって良いような気がします。


もし20年前に

未婚が不自然じゃない世の中だったら

私は結婚してただろうか・・?


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


IMG_20180326_001237












昨日書いた
優しい人には依存体質の人が寄ってくる

の続きです。

少しずつフェードアウトしていくつもりでしたが

やっぱり無理でした。

依存体質の人は

強い「見捨てられ不安」を抱えている人が多いので

離れていこうとする相手の動きに
敏感に反応するんですよね。

しばらく仕事で多忙が続くから、、、

と連絡したら
たちまち何回もラインが送られてきて

「忙しいのはわかるけど身体が心配」
「ストレスでおかしくなっちゃうよ?」
「明日、ランチでもしようよ」
「これから電話で少し話す?」

と、とにかくすぐに会うように迫ってきます。

やんわり断っても
ストレートに断っても
結果は同じ。

未読状態にして放置すると
電話がかかってくるので
仕方なく短い返事を送るんですが

だんだんうんざりして疲弊してきます。

ただ、こういうタイプの人って

ある段階にくると

パタッと静かになって

相手の存在そのものを消す

ぐらいの勢いで忘れていくんですよね。

もちろん、もっと粘着してしまう人もいるのだろうけど。。

今はひたすら素っ気なくして
その時が来るのを待つほかないようです。

依存体質の人に
近づかれないような秘訣があったら知りたいです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─


IMG_20180326_001201











優しい人は
優しすぎるがゆえに
一生懸命他人を支えようとするため
依存体質の人にとても好かれます。

優しさが続いている間は
お互いにとって蜜月のような
温かい関係を持てますが

一方的に優しさを与え続けられる人間は
なかなかいないわけで

最終的に優しい人は疲れ果て

依存体質の人はつけあがり続け

逃げる相手を離さず
「裏切られた」と罵りはじめます。


この話、すごく共感できる。

自分自身は特別優しい人間ではありませんが

こういうタイプの人に

妙になつかれ、期待されて

距離を置こうとすると

突然、被害者のような態度になって

私がいかに冷淡な人間か攻め立てられることが
何度もありました。

その度に「自分が悪いのか。。」
と落ち込んできたけど

今思えば最初からおかしい点があるんですよね。

ちょっとした親切心でしたことを

神のように崇めて感謝してきたり

感情表現がオーバーな人は

ちょっと警戒した方がいいのかもしれません。

実はつい最近も
この手のタイプの人に遭遇して
毎日のようにラインやらメールやらくるように
なってきてしまったので

徐々に自分に興味を失ってもらうように
少しずつ話を逸らしたり
相手でも自分でもなく、
不可抗力的な仕事の都合で
あまり連絡がとれなくなる

というふうにフェードアウトしてる最中です。

もっと最初に気がつけば・・
といつも後になってから思う。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ