卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと

IMG_20190326_125138

イライラしたくないのに
イライラする事ばかり起きるのはなぜなのか。。

少し前に夫の祖母が亡くなり
葬儀をしましたが
今度はお骨を故郷のお墓に運んで
納骨をする事になったそうです。

特に私達夫婦にする事はないようでしたが
義父からメールがあり・・

「納骨に20万円ほど費用がかかるから
お前達もいくらか負担せよ」

という内容でした。

またまたお金の話ですが
これは裁判の事とは違う種類のお金なので
きっちり払いましょう、と夫に提案して
5万円を振込む事に決めました。

ところが翌日・・・

夫のところに義妹から連絡があり

「実は葬儀の時に
おばあちゃんの面倒をずっと見てくれてた
叔父さん夫婦に5万円渡してるんだよね」
「だから今回また別にお金を出すのはキビシイ」

と言ったそうです。

祖母の葬儀は
長年同居して世話をしてくれた
叔父夫婦が喪主として行い

家族葬なので香典無用と言われており
費用は義両親と叔父夫婦が折半で出したようでした。

香典無用とは言っても
一応準備していったのですが
叔父夫婦は受け取ってくれなかったんです。

でも、義妹からの香典は受け取った、
という事なんでしょうかね。

「私が5万円渡した事はお父さん達には絶対内緒ね!」
「叔父さん達にも口どめしてあるから言わないで!」

となぜか香典を渡した事を隠す義妹ですが
それならなぜこのタイミングで
兄にだけは話すのか。。

そしてなんと夫は
いつもの見栄っぱり体質で
義妹の分まで納骨費を負担すると
約束してしまったのでした。

「兄妹から、ってことにして10万円振り込んどいて」

と夫に言われてびっくりしたし
もやもやが止まりません。

どうしてそうなる??

本来なら義妹が義両親に
こういうわけで既に5万円渡してしまったから
またお金を出すのがキツイと
相談したらいいと思うんですが。。

大体なんで香典の事をひた隠しにするのか
よくわかりません。

義両親か叔父夫婦のどちらかに聞かなければ
その5万円の香典が本当に渡されたのか
確認をとる術はないし。。

しかし、一番腹立たしいのは夫で

会社が好調な時ならわかりますが
もう倒産寸前な状態のときに
意味不明の兄貴風を吹かせる神経がわかりません。

これからも
こういう事が続くのかな・・?

もうなんだか不信感がいっぱいで
夫を含め、夫の家族も信じられない。

私は家族内であっても
奢ったり奢られたりがあまり好きではなく
お金の事は常にフェアでいたいタイプです。

お互いがお互いを利用し合い
もたれあっていくような夫の家族関係が
いよいよ受け入れ難く思えてきました。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190326_124852


【Twitterより】

ありましたね、「年金100年安心プラン」。

あれは一体何だったのか。。

【Twitterより】

2000万円貯めておかないと
老後に暮らしていけない、なんて
金融庁から発表されてしまったら
今後ますます消費が冷え込みそうです。

年金があるから安心して
じゃんじゃん使ってねという
かつての理屈も誰も信じてなかったと思いますが。

そんなに自衛しろというなら
もはや年金払ってる場合じゃないのでは(笑。

平均寿命が延び続け
政府が目指すインフレ率が上がれば
これから更に2000万では足りませんよ、
となる日も来そうです。

もちろん手厚い年金をもらえる層は
それほど蓄えがなくとも
普通に暮らしていけそうですが。

【Twitterより】

麻生さん、あわてて言い訳してますが
庶民感覚のわからない方に言われてもね。。

年金の運用はすでに失敗してるので
他の補填策を検討して欲しいです。

30年後、50年後がどんな世界になってるのか
わかりませんが
低所得だった人達、蓄えのない人達が
苦しみあえぐような世界じゃないといいなあ。

とにかく今は
長く働けるために
どれだけ健康で居られるかが
老後生活を大きく左右すると思うので
大病しない事を祈るしかないです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180504_093632

【Twitterより】

「お金貯まらない人って2000円の浪費を100回繰り返したら20万円の浪費になるって考え方がないんですよね。小さなお金と大きなお金は地続きなんすよ」

明らかな浪費とわかってても
毎日使ってしまう数百円は
誰にでもありそうな気がします。

100均やコンビニなどで
ついつい安物買いしてしまうとか。

それが自分にとって
どれくらい価値があるのか
いちいち精査してたら
買い物に時間を割かれすぎて
時間の方が無駄になってしまいそうですが

常に自分の中でしっかりした基準がある人は
こういう「浪費」とは無縁なんでしょうね。

バブルを知るロスジェネ世代には
培えなかった感覚です。

夫が禁酒して
その分のお金を毎日貯金したら・・
年間で数十万か百万円ぐらいになるのでは?
なんて考えてしまいます。

苦しいぐらいの倹約は
逆効果になると思いますが
コンビニで使う飲物代を
水筒のお茶に変えるぐらいの事なら
多くの人にできそう。

意外に判断がつかないのが
高い物と安い物とで
性能の良し悪しがわかりにくい物。

仕事で使うスマホ用のイヤホンマイクが
壊れてしまったんですが、、

100均の物にするか
1000円程度の物をビックカメラで買うか
悩んでいます。

「意外に使える100均グッズ」のクチコミを信じて
安く済ませたいところですが
全く使えなくて二度手間、というのが
私のいつものパターンなんですよね。

さあ、今回は吉と出るか。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181207_162531_484

前回書いた義父の裁判の件は
決着がつくまでまだ時間がかかりそうです。

日本の賃貸借における権利は
借り主側に有利に働く場合が多いので
まず勝てる事はなさそうですが

家具の弁済と敷金を争う裁判で
500万円以上の請求額は随分と法外に思えます。

最終的に賠償額が決定したら
義父は夫にいくら要求してくるんだろう。。

半額?
四分の一?

いくらであっても
我が家の家計には致命的だし
払えるかわかりません。

お金というのは恐ろしいですね。

家族であっても
こんな風にお金の話が絡んだ関係になると
お互いが疑心暗鬼になって
普通に付き合うのが難しくなってしまいます。

会社があるかぎり
夫と義両親は繋がりを持ち続けるわけですが

この先、どうにも立ち行かなくなって
会社をたたんで全てを処分したら
夫と彼等は二度と顔を合わせないような・・

そんな気がします。

家族の縁が薄いという点で
夫と私は似た者同士かもしれません。

信頼は血の繋がりや年月だけで
得られるものではないんでしょうね。

一度は築けたと思っても
状況の変化や金銭の介在で
容易に無くなってしまう。

なんだか
いつも以上にネガティヴになってます。

空虚ですね。

何か意味のある事のために
生きていたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181112_002407

出張から戻って
夢から醒めたような毎日が
再び始まっています。

トランプ大統領が来日して
帰っていったようですね。

貿易交渉でまた締めつけを
厳しくするんでしょうか。

日米・米中の対立は変わらず
経済暗雲の日々が続いていきそうです。

我が家の経済状況も安定的に不穏です。

義父がある裁判で係争中なんですが
(訴えられてる側)

賠償額の請求がきたと
夫に連絡がありました。

なぜかといえば
裁判を起こされた要因は
夫の職務怠慢にあるのだから
お前も請求額の一部を負担せよ、との事。

義父が所有し
夫の会社が管理している物件に水漏れが起こり
濡れた家具の弁済&敷金の全額返金を
借り主に要求されましたが
突っぱねたところ、訴えを起こされたのです。

訴えられているのはオーナーである義父ですが
義父の言い分としては
早くお前(夫)が修理しないから悪い、
だからお前も責任を負えという事だと思います。

戸建て物件だったため
要求額も大きく、数百万円にのぼります。

もう1年近く係争中ですが
相手の「精神的苦痛」なども加味されてるようで
どんどん要求額が上がってきました。

この件を管理会社の責任として
仮に義父が夫の会社を訴えた場合
割合はわかりませんが
ある程度の支払いが生じるかもしれません。

ファミリーカンパニーは
うまくいっている場合は良いですが
経済的に窮すると
関係性が泥沼になりますね。

まあ、裁判自体は義父と借り主の間で
決着をつけるとは思いますが

話のスジとしては
夫もなんらかの形で
負担を負うべきなのでしょう。

次から次へと
心臓が痛くなるような事が多すぎて
最近は逆になんの感情もわかなくなってきました。

私が言えるのは
「そんなお金はどこにもない」
という事だけです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ