卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと

IMG_20190203_224922_133

夫の会社の状況について・・

毎度おなじことの繰り返しになってしまいますが

まったく仕事が来ません。

今までも少なかったけど
スタッフを解雇してからは
それこそ「閑古鳥」な状態で
新規はおろか、既存のお客様からの
問い合わせすらないです。

一体どうしてなのか。。

集客が不足してるのは理解していますが
今までと変わらずチラシやDMを続けているのに
電話1本鳴らないなんて。

同業他社さんの中には
超多忙な会社さんもあるので
仕事自体が減っているわけではなく

夫の会社が消費者に
選ばれていないだけ。


いよいよ勝ち組、負け組の明暗がわかれて
危険ゾーンに入りこんでいるようです。

去年の9月の危機を
どうにか乗り越えて
人員も削減して
建て直しを図りたいと思っているのに
何ひとつうまくいきません。

むしろ悪化してる。。

夫は私が見る限りは忙しそうで
「アレもやらなきゃ」
「コレも終わってない」
と仕事に追われてる様子ですが
一体どの仕事の件なんだろう??

メーカー主催の懇親会や
社長同士の勉強会など
飲み会がセットになった集まりには
変わらず皆勤賞です。

収益がなければ経費も使えないんだと
わかっているんだろうか。

この状況に慣れきってしまって
完全に現実逃避モードなのかもしれません。

しかし、現実は否応なしにやってきますからね。

こうなったら背水の陣で
やれるだけの事をしていく他ないよと
夫に話ていたら

「背水の陣ってなに?」
「そうやってまた変な言葉使って~」

とまたコミュニケーション不全に陥ったので
(変な言葉って・・)

会話する気をなくして
自分は自分にできる事をするしかないと
諦めの境地に入りました。

会話するだけで
こんなに人をイラつかせる人間が
よく今まで仕事を取れてきたものだ。

その方が逆に奇跡だったのかも。

とにかく現状が改善されなければ
5月には会社をたたむことになりそうです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

images (14)

3ヶ月ごとに領収書をまとめたり
帳簿をつけておいたおかげで
今年は去年よりも少しだけ余裕をもって
申告書類を提出できました。

仕事の依頼を受けて
着手・入稿後から
実際に報酬が入るまでの期間は
クライアントによってバラバラです。

長いものだと
3ヶ月~半年後になることもあるので
経費などの出金とズレが生じて
計算が面倒なんですよね。

無料の会計アプリで大まかに管理して
後から精査して作成しますが
もういっそのこと
アプリ上で全て完結させたい。。

と思ったら
2019年からスマホ上でも
確定申告書の作成と提出が
できるようになったんですね。

しかし、私の場合は条件にあてはまらず
「パソコンで入力してください」の画面が。。

給与以外に一切収入がない方は
スマホ上で全て済ませる事ができると思います。
(但し、生命保険や医療費控除などを受けたい場合は不可)

現状ではマイナンバーカードを読み取れる
android機種じゃないと出来ないみたいだし
(カードリーダーがあれば可能)
万人が「サクッとスマホで申告」は
まだまだ先になりそうですね。

有料でならスマホ完結できるアプリも
あるようだけど(クラウド会計freeとか)
月額数千円払うのはもったいないので
当分は手と時間を使う事に
なると思います。


今日は3月11日。

2011年の震災からもう8年経つんですね。
当時の津波の様子を振り返る番組を見ると
全国を震撼させたあの時の
絶望的な空気が甦ってくると共に
様々な想いが胸に去来します。

日本に住む限り地震の不安から
逃れる事はできませんが
最低限の備えは怠らず
いつ何が起こっても
後悔のない毎日を過ごしたいなあと思います。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─


images (12)

猫好きの方には朗報です。
福岡市に6階建てのマンション
「ifCAT藤崎」が完成。

ネコを飼う人や予定がある人のための
専用マンションなんだそう。

間取りは1Kで20戸ほどあり
・猫専用階段
・壁紙は張らず塗装のみ
・猫が窓の外を眺めるための小窓
・共用スペースに猫専用シャワー

などを備えているほか

部屋の明るさや室温などを
外出先からスマホで操作できるなど
ネコ飼いさんに嬉しいサービスが用意されてます。

小型犬はOKだけど猫は不可だったり
ペット可の賃貸でも
自分だけした飼っていなくて肩身が狭かったり
色々とハードルがありますよね。

特定のペットに特化した賃貸物件は
多少家賃が高くとも
これから需要が伸びていくと思います。

夫と暮らしている限り
夢のまた夢、になりますが
(大の動物嫌いなので)

いつか私も猫と暮らしたい。

その時は多分独居になってると思いますが
こういう物件がもっと増えていると
予想してます。

充実した共用スペースで
他の住人との間にコミュニケーションが生まれるなど
「ネコを通して繋がる」
みたいな住まいがあれば最高です。
(現実はトラブルも多そうですが…)

実家にはいつも猫がいて
子供の頃から日常に当たり前に居た存在。

知人がSNSで猫の里親を募集したりしていて
可愛い画像を見てしまうと
たまらない気持ちになりますが
今はどうやっても無理そうなので
未来の楽しみにとっておきます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

images (13)

事務員を解雇した夫の事務所は
夫が不在の間は照明も消して
「外出中」の札を下げています。

今までは常に夕方まで灯りがついていたので
近所の人に訝しがられるのは
想定していましたが・・

ついに聞かれてしまいました。

事務所の近所に
噂好きのおばちゃんがいて
夫が事務所に居る時に
突然声をかけてきたのです。

「最近誰もいないみたいだけど・・」
「ここ、もしかして倒産するの??」

いきなりこんな風に言われて
夫もムッとしたようですが

「いえ、違いますよ」
「急に女性スタッフが辞めることになって」

と答えたそうです。

そのおばちゃんは近所でも有名なスピーカーで
近隣の噂話をある事ない事吹聴してまわるのを
趣味にしてるような人でした。

「でも全員急に辞めるなんて変じゃない」
「何で新しい人雇わないの?」
「確か去年、隣の◯◯さんがおたくに工事頼んでたわよねえ」
「何も言わずに倒産するなんて無責任なんじゃない?」

完全に倒産すると決めつけているおばちゃんは
去年工事をした近所のお客さんの事を
勝手に心配し始めて
立ち去る気配がなく

困った夫は
すいませんけど現場に出かけますので、
と言って
どうにか帰ってもらったそうです。

まあ、、
今までと様子が違うのは明白なので
誰もいない状態を続けるのは
会社的にマイナスイメージを持たれますよね。。

あのおばちゃんが近所に噂をばらまいて
それがどこまで広がるかが不安です。

私が事務所に常駐して
ライター仕事をそこでする
というのも考えましたが
往復の時間やガソリン代、
事務所の光熱費などを考えると
ロスしかないように思えてやめました。

ですが会社の対面を保つために
誰かいる状態にしておいた方が良いのかも。

受注を増やす妙案も思いつかず
出るのはため息ばかりです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181019_022244

3年連続で
有休取得率が世界最低の日本。

政府は2020年までに
有給休暇取得率を70%まで上げる
とする目標を掲げてます。
(現在は約51%)

2019年4月1日から変わる新ルールを
ざっくりまとめると

①パートでも有休は発生
②週5出勤以上なら最低でも年間10日間
③5日以上の有休消化を義務化
④違反企業には罰金の対象になる
⑤取得理由による有休却下は違法

一部は既にルール化されてますが

③と④が新たに制度化された
という事のようです。

年休だけど出勤にしたり
年間休日だけ名目上5日減して
帳尻をあわせるような
ごまかし論理が横行しそうな気もしますが
制度化された以上は
企業側のズルが即労基案件になるので
全体としては休みが取りやすくなると思います。

しかし・・

国際労働機関(IOL)の
有給休暇条約を見てみると

①有休は最低でも3週間以上付与
②有休は最低でも2週間連続で付与
③病気や怪我による休みは有休に含めず
④有休分の給与は先払い

まだまだ世界基準には
とても及ばないようです。

そして結局・・


こういう事態が頻発する未来がみえたり。。

現状で自由に有休を取れない会社が
山のようにあり
新ルールに変更後も

「弊社は有給休暇の新ルール適用外なんですよ」
「パートやアルバイトには有休なんてないよ」
「その理由じゃ有休扱いにはできないなあ」

などと雇用側にとって有利な押し付けが
増えていきそうな気もしますが

正しい権利がある限り
違法な事や不正と思われる事には
声をあげていかないと
全体が変わっていかないのだと思います。

ですが実際に雇われていて
その後も働き続けていきたい職場であれば
こういった声をあげるのは
難しい事なのかもしれませんね。

それにしても5日間とは・・
中途半端だし少なすぎる。
最低8割取得、とかでも良いんじゃないだろうか。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ