卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと


大口病院で起きた
連続中毒死事件の犯人
久保木容疑者は
その動機について

「容体急変を見るのが嫌だった」

「家族への説明が面倒で苦手だった」

などと述べていました。

このニュースだけでは
あまり人柄が見えてきませんが

Facebookなど
彼女のSNSを見ると
その心に闇があったことが
浮かび上がってきます。

まず、プロフィールの写真は
どこかの韓国人女優の
画像を盗用した詐欺写真。

そして繋がっている「友達」は
中年とおぼしき男性ばかり。

容姿に対して
根深いコンプレックスを
抱えていたのだと思われます。

このご時世
看護師の資格を得て
大きな病院に勤務されているだけで

人生勝ち組な気もしますが。。。。

本人が求めるものは
もっと別のところに
あったのかもしれませんね。

富山の小学校前銃撃事件や
数年前の秋葉原通り魔事件など
いわゆる
「非モテコンプレックス」が
事件を起こす発端になるようなケースが
増えてきているような気がします。

今の若い世代は
恋愛離れなんて言われてますが
本当の心の内では
異性への自己承認欲求を
求めているのかもしれません。

情報が多く
SNSで他人との比較も容易になったため
自分のポジションが
くっきりわかってしまうというのは
不幸な事のように思いました。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 


西日本の広範囲を襲った
激しい豪雨の被害が甚大すぎて
中継映像を見ると
胸が塞ぎます。

台風でも地震でもなく
雨だけで日常が一変してしまうなんてね・・・
普段は想像しませんよね。

被害に遭われた方が
一日も早く普段通りの生活を
取り戻せますように。

最近はちょこちょこ地震もあるし
ふと心配になって
非常袋の中身を確認してみました。

案の定というか
当然というか

飲料水や非常食の
賞味期限は
ほとんど過ぎてしまってました。

消費する物は取り替えるとして

他に必要な物ってないだろうか。

懐中電灯とか
救急セットとか
当たり前の物は入ってるんですが

実際被害にあったときは
もっと必要なものがあるかも?

少しググってみると

IMG_20180709_235232_604














非常用圧縮タオル

10個入りで100円ぐらい

IMG_20180709_235307_434




















使い捨てレインコート

屋外で雨だと
体力奪われそうですもんね。

寒さよけにもなりそうだし。

IMG_20180709_235251_939




















ワイヤーのチェーンソー

ナイフやハサミなどないとき
代用できるかも。

障害物を排除したり
普段は切らないようなものを
切る場面がありそうだし。

小さいから邪魔にならない。

今まで思いつかなかった物が
結構ありました。

使い捨てで安い物を
色んな種類用意しておくと
良いかもしれません。

IMG_20180709_235327_091


















これも。

一応ポチっておきました。

トイレ問題、お風呂よりも切実そう。

備えあっても
実際起きてみないと
わかりませんが

片手に持てる大型バッグに
入るぐらいのものを
準備しておくことにしてます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180604_195308_147



















涙を誘う引退会見があったのは
今年の1月。

思うように回復が進まず
付きっきりの介護で
精神的に疲れきっていたという
小室哲也さんに
浮上した不倫報道。

KEIKOさんの現在の状態は

漢字ドリルを楽しむ
小学生レベルの女の子

という小室さんの説明に

ああ、病気のダメージは
思った以上に深かったのだと
誰もが想像したと思います。

妻だった女性が
子供のように退行してしまい
夫婦としても会話もできず
孤独を感じる気の毒な夫

そんな中で
魅力的な女性に出会えば
そこに何かの可能性を見出すのは
仕方のないこと。。

しかし

事実は全く違ったようです。

KEIKOさんを現在預かっている
親族によると

本人は非常に元気で
音楽への興味も失っておらず
友人とカラオケに行けるほど
普通に暮らしているのだそう。

そして小室さんとは
完全に別居状態で
病気を患ってから
介護らしい介護は
受けていなかったということです。

KEIKOさん本人にによる
コメントが一切ないので
真相はわかりませんが

過去にも女性をポイ捨てした前歴を持つ
小室さんのことだから・・・
さもありなんと、つい想像してしまいます。

高校、大学時代の記憶には
常に彼の音楽が流れていたので
なんとなく切ない気持ちにもなりますが

人生、紆余曲折があっても

結局人は変わらない

ということでしょうかね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180326_001521













現在夫婦の寝室は
別にしていますが

壁一枚へだてた
隣の部屋なので

ゴジラのような夫のイビキは
余裕で聞こえてきます。

イビキの大きな原因として

【口呼吸】

【肥満】

【寝る前の飲酒】

などが挙げられますが

夫の場合は
どれもすぐに改善するのは無理。。

深夜までライター仕事をして
へろへろに疲れた頭で横になっても
イビキが気になって眠れません。

何かできる対策はないかと
ネットを検索して

本人の努力なしでも
改善できそうな

「枕」を変える

という方法にたどり着きました。

枕を正しい高さに合わせて
気道をふさがず
楽に呼吸できるようにする

という考えてみれば
当たり前の方法なんですが
今まで試してみたことがなかったです。


面倒くさがる夫を
半ば強引に引きずって
オーダー枕も扱う
寝具専門店へ行ってきました。

フェザーや蕎麦殻など
いろんな種類から素材を選べる
オーダー枕は
完全フルオーダーだと
約2週間はかかる上に
価格も2~3万と高額。

そこまで予算はとれないので
1万円以内におさまる
セミオーダー枕を購入しました。

セミオーダーといっても
きちんと首の角度を計測して
枕に入れる中身の素材も選べます。

親切なスタッフさんが
何度も夫の首の角度を見ながら
枕の厚みを調整してくれました。

さっそくその夜から
使ってもらったところ

びっくりするぐらい
イビキの音が減少していました。

今までの枕は高すぎて
首の位置が安定せず
妙な向きで寝ていたため
イビキも多かったようでした。

でも新しい枕にしてから
寝返りの回数も減ったみたいで
寝始めのイビキ以外は
かなり改善されました。

枕を作るなんて
贅沢すぎる!と思ってましたが

こんな事なら
もっと早く買えば良かった。。。。

ケチらずに
何年か前に買っておけば
寝室を別にすることもなかったかも?

いやそれはないけど(笑

ここ最近では
一番いい買い物だったと思います。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

IMG_20180604_195346_089




















1日で7人の死刑執行。

ずいぶんスピーディーに
処理された印象ですが
きっと入念な計画の上に
執行されたのでしょうね。

死刑囚達に思うことは
概ねみなさんと同じ感情を
持っていると思います。

罪を憎んで人を憎まず

というのは理想ではありますが
法治国家ですから
人が人を裁いて
死に至らしめるのも
仕方がないことなのかもしれません。

有名な死刑囚でないと
実にひっそりと刑が執行されてたりしますが

いつも思うのが

執行ボタンを押す
刑務官のこと。

1人に責任が集中しないよう
3人が同時にボタンを押すわけですが
やはり執行した夜は
様々な想いが胸に去来して
なかなか寝付かれないのではないでしょうか。

もちろん、個人によって
感じる重さは違うと思います。

でももし、自分が
その役を仰せつかったとしたら?

果たして
その仕事を続けていけるだろうか。

下手なブラック企業より
過酷な仕事なのではないでしょうか。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

↑このページのトップヘ