卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

日々のこと

IMG_20190501_015823_624

少し前の話になりますが
姉の娘が大学に合格した事を
ラインで教えてくれたので

忘れないうちに合格祝いを送ろうと
その場でラインから
amazonのギフト券を送信しました。

直接渡すわけでもなく
形に残るものでもないので
ちょっと素っ気ないかなと思いましたが

思いのほか喜んでくれたようです。

でも・・・

送ったギフト券の金額は
たったの3000円分。


この頃の大学生の欲しがりそうな物は
何も買えない額なのでは。。

お祝いなのだから
せめて1万円ぐらいにしたかったですが

これから先も成人のお祝い、
そして姉の下の子の入学祝いなど
どんどん続いていくと思うので

ちょこちょこと
小分けにさせてもらうことにしました。

私には子供がいないので
姉は遠慮して「何もしなくていい」と
言ってくれますが

近くで成長を見てきた姪っこは
やっぱり可愛いですし
何かしてあげたいと思うんですよね。

もう他の親戚との付き合いは
断捨離したのでほとんどしませんが
姉とその家族との付き合いだけは
ずっと続けていければ、と思います。


ちなみに実家の母からは
真っ赤なワンピースが
「セール品・〇〇円」の札をつけたまま
送られてきたそうです。

珍しく孫の事を覚えていたのに驚きですが
お祝いの内容は相変わらず母らしい。。

そして明日は母の日なので
今朝から催促のライン通知が
大量にきていますが

例年通り、そっと未読スルーです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190203_224813_270

年金改悪のほかに
2016年の年金法改正で
パート主婦の厚生年金適用案件が
大幅に緩和されましたが

更に緩和の幅を広げる方針のようです。

現行→「月給88000円以上」(年約106万円)

改正→「月給68000円以上(年約82万円)

かなり引き下げられますね。

週3日のパートでも
届いてしまう金額です。

これまで夫の厚生年金に加入しながら
ギリギリのラインを保って
パート収入を得ていた人も
自分で厚生年金を払う事になりそう。

『厚生年金に加入すれば年金が増えます』

というのは確かにそうだけど

月給68000円のパート主婦が
厚生年金に加入すると
健康保険料を合わせて
毎月約1万円が源泉徴収されます。

妻が夫の扶養から抜けても
夫の社会保険料は変わらないので
一世帯あたりでおよそ12万円の
負担増になるということ。

妻の厚生年金は加入から1年で
年間約4400円。
年金の増額分で支払った保険料を
取り返すためにはざっと計算して
27年かかる計算になります。

65歳から受給をはじめても
92歳でトントン。。

元を取る、という考え方だと
なかなかキビシイ結果になりそうです。

上限を気にせず
しっかり働けば年金額は増えるでしょうが
今までのように家事に重点を置きながら
家計の補助的に働きたい人は
不満を感じる改正案になりますね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190220_214919

人と話す時は
聞き手に回る事が多く
どんな話でも
大抵は聞いていられる方ですが

あまりにも自分の興味のない話を
延々とされるとちょっと困りますよね。

先日お茶した知人男性と
映画や小説の話をしていたんですが

何の話になっても
マニアックなミステリと軍事関係、
監督や映像技術の話になってしまい
あいづちを打ちながらも

死んだ魚のような目になってしまいました。

途中で方向転換しようと
違う話題を振ってもても

「それは知らないなあ」
「で、この監督は過去の〇〇という作品で・・」

と、自分の領域に戻されてしまいます。

興味のある人にとっては
楽しい話だと思いますが・・
その人はこちらからの
『興味ないよ』のサインに
気がつかないタイプのようで

もう時間だからそろそろ、、、
と腰を上げかけても

「あ、もう行く?」
「じゃあこの話の区切りまで話すね」
「19〇〇年にこの作品が・・」

と話を終わらせてくれず
結局2時間あまりを苦行のように過ごし
ぐったりして帰路につきました。

会話を思い返してみると
こちらが話した事は
ほぼ途中でねじ曲げられて
いつの間にか相手の話になっているという
モヤつくパターン。

知人男性はもう長らく
婚活に励んでますが

「自分の意見を言わない女性が多い」
「質問しても会話が続かない」

とこぼしています。

それってもしかして・・

相手にしゃべらせる隙を与えていないのでは。

かなりオタクっぽいとは思ってましたが
(人の事言えないけど)
一体何の役に立つのか?というような
ムダ知識を披露する事によって
充足を覚える会話方法は
特に対女性には通用しないんだと思います。

根が真面目な知人だけに
悪気はないのはわかってますが
相手を置き去りにするような会話は
疲弊しますね。

自分も好きな物のことになると
身を乗り出して話してしまいそうになるので
気をつけないとなあ。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190426_033403

高齢ドライバーの事故が
連日のように報道されていますね。

警視庁によると
全国の交通事故件数は
減少傾向にありますが

その一方で高齢ドライバーが関与する
事故の割合は年々高くなり
全体の2~3割に及んでいるそうです。

熟年離婚してどちらも独居な両親は
2人とも日常的に車を運転しています。

便の良い場所ではないので
車を失うとかなり不便を強いられるせいか
まだまだ運転をやめる気配はないですが

いずれは考えていかないと
事故が起こってからでは遅いですよね。

父とは現在連絡が取れず
(メールしても返事なし)
コミュニケーションを拒否されている状態なので
免許返納どころか会話もままなりません。

母を通じて伝える事はできそうですが
その母との関係がこじれている今。。

いよいよ運転が危なくなって
免許を返納させたくなっても
一筋縄にはいかないでしょう。

良好な家族関係の人でも
親に返納を求めるのは難しいでしょうし
こんな殺伐とした関係性の
両親に返納させるのは頭の痛い問題です。

2017年に道路交通法が一部改正されて
75歳以上の運転者は免許更新時に
認知症の疑いがある場合は
医師の診断が義務づけられましたが

これでは返納を促すには
弱すぎる内容だと思います。

これだけ事故が増えたので
政府も対策を講じるとは思いますが

本人の意思やプライドに関係なく
「制度だから」と納得して
スムーズに返納できるような法律のラインが
できればいいなあと思います。

現在も免許を返納すると
受けられる特典があるようですが
その中身を見ると、、

■引越しを通常料金から10パーセント割引
(日本通運首都圏支店、フコクなど)
■定期預金の金利優遇
(巣鴨信用金庫、東京シティ信用金庫など)
■ホテル内のレストランなどの10パーセント割引
(帝国ホテル東京、渋谷エクセルホテル東急など)
■自宅への配送無料
(高島屋、三越伊勢丹・一部除外あり ※店舗限定)


などがあるようですが

高齢者にとって魅力的な内容でしょうか??

この他に

墓石の割引、なんて特典もありましたが
免許を返却させた後は
墓石を買わせるという
何だかひどい仕打ちのようにも感じます。

毎月タクシーチケットを渡すとか
買い物代行サービスを利用できるとか

もう少し地に足のついた特典サービスが
欲しい気がします。
(自治体によっては配布や優遇を
行っている所もあるようです)

両親にどうやって話をするか
妙案は思いつきませんが
せめて安全運転講習の義務化など
毎年、自分の状態を確認できるような
法律を整備してくれると
助かるんですが。。


連休中にかぎって
また間質性膀胱炎が復活してきました。
病院に行けない、と思うと
余計悪化しそうなので
腹巻ともこもこ靴下を装着して
治まってくれるのを待っています。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190501_015617_085

連休真っただ中ですね。

10連休を謳歌している皆さんとは違い
通常と同じように仕事しています。

なので

GW終わっちゃう、明日からまた働くのイヤ

と切ない気持ちを味わうことはないですが

いつも通り

ごくごく当たり前の平穏な気持ちで

「働くのイヤ」と思ってます笑。


さて、連休中なので
会社勤めの姉に久しぶりに会えました。

上の子供が大学に入学して
子育ても落ち着いてきたので
十数年ぶりに夫婦で旅行に出かけたそうです。

ずっと仕事と家事、子育てのことばかりで
夫婦の時間を持てなかった姉達は
さぞかし楽しめただろうと思ったら、、

「はっきりいって、最悪だった!」
「行きの車でも渋滞で不機嫌だし」
「宿に着いたら着いたで部屋が狭いとか古いとか」
「とにかく何にでもケチつけて文句ばっかり!」
「従業員の人にもすごく偉そうな態度で
部屋に虫が出たぐらいで大騒ぎするんだよ!」

と不満が爆発。

いつもニコニコと人当たりのいい義兄は
身内にしか見せない裏の顔がある、と
いつも姉に聞いていましたが

年齢を重ねるにつれて
それがどんどん顕著に表れているそうです。

まあ、、
恋人気分で結婚した20代と
子育てを経て社会経験を積んだ40代では
考え方や、お互いを見る目も
だいぶ変わってきますよね。

姉は典型的な「尽くすタイプ」というか
人の世話をするのが好きなので
多少ワガママな旦那さんでも
母のような気持ちで接しているのかと
思っていましたが

どうやらそこまで母性が
強いわけではないみたい。

義兄は何度か転職したりして
今も収入は不安定のようで
家計の柱も、家事も子育ても
すべて姉が支えているせいか
ストレスが限界に達してるのかもしれません。

以前は熟年離婚した母のことを

「我慢が足りない」
「結婚を軽く見てる」
「もっと妻として努力するべき」

と非難していましたが

この前会った時は

「一生一人の人と一緒にいるって不自然かも」
「旦那は家事も手伝ってくれないし、母子家庭みたいだった」
「子供が自立したら話す事がない」
「お互いにやりたい事も趣味も合わない」

と言い出して、かなり驚きました。

これは・・

熟年離婚フラグ??

もちろんどの夫婦にも
こういう谷間が何度か訪れるのだと思いますが

良い面しか聞いてこなかったので
そんなに不満があると思わなかったです。

姉は大きい会社の正社員だし
定年まで勤めあげれば
1人暮らしで悠々自適も叶うのでしょうが

姉がそんな心境になる事自体が
驚愕というか
変わったんだなあ、、と思います。

夫婦の悩みも十人十色で
当人にしかわからないものですよね。

一時期、姉のマウンティングが激しくて

「ウチはこんなに順風満帆」
「一点の曇りもないぐらい幸せ」

という自分の状態をやたらと
周囲に吹聴していた事がありましたが

思えばあれは心の奥底にある
不安や不満がそうさせていたのかもしれませんね。。

最近は本音を人に言えるようになっただけ
自分の意思が明確になって
意外とスッキリしてるんじゃないかな。

どういう選択をしても
姉を支持する気持ちは変わりませんが
いつも穏やかで笑っていてくれるといいなあと
おもいます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ