卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

仕事と収入のこと

IMG_20190326_125023

仕事の報酬は
依頼を引き受ける時点で
明確に確認しあうようにしてますが

クライアントの中に多いのが

後出しじゃんけんをしてくる人。

「今回の依頼内容にはこの作業も含まれてる」

「取材側からの要望があったので、あれとこれも入れて」

という一方的な都合での追加注文。

もちろんギャラが増えるわけじゃないので
こちらの作業量分だけ時給換算が下がります。

納得いかずに
担当者と何度もスカイプでやりとり、

それでも決着がつかず電話でも話しましたが

こちらが論理的説明を求めても
その担当者は黙り込むばかりで
理由をしっかり説明することもなく
無言でこちらが折れるのを待つという。。

ドロ沼状態に疲れきって
なるべくこちらの作業をシンプルにした形で
(それでも本来の作業量の倍)
継続していく事にしました。

最近、こういう案件が本当に多い。

仕事の性質的に
後からいろんな作業を付加しやすいのも
あるんだと思いますが

クライアントとのやり取り自体で
時間をとられてしまいます。

取材をしたり、書くことのほかに
気をつかわなければならない事が多すぎて
割に合わないこの仕事。

いっそのことスッパリ辞めて
どこかへお勤めに出た方がいいのでは・・

と思う事が毎週のように起こりますが

結局自分にできることは
書くことしかないという堂々巡り。

もっと高い志を持たなければ
良質な仕事も来ないのだと思いますが

一年後のより10万円より
明日の千円なのです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190323_190404_022


これ本当。

初めてのクライアントで
最初に期間と報酬を提示してこないのは

ほぼ地雷案件。

以前依頼された案件で

・文字単価は応相談

・トライアル後に本契約

という、内容も条件も不明な物があったので
一応やり取りをしたんですが・・

・基本的にこちらからの質問はスルー

・リアクションが遅い

など、話を進めるほどに
雲行きが怪しくなって

最終的には
超安い報酬をゴリ押ししてくるわ
「トライアル」と称して
まるまる記事を書かせようとしてくるわ

時間も気力も奪われる
最悪なクライアントだった事が判明。

それ以来、仕事の依頼はファーストコンタクトで
受諾するか断るかを
決めてしまうことにしてます。

クラウドワークスなど使うライターさんは
もっと酷い目に合う事もあるみたいだけど。

逆に初めからメールの返信が速やかで
明瞭・簡潔だったりすると
それだけで神のように感じてしまい

多少の無理をしても
引き受けようと思えます。
(実際そういう案件でトラブルはほとんど起こらないし)

仕事を選べるような立場ではありませんが
そこだけは慎重にしておかないと
後々苦労するのは自分自身。

春先に向けて
新規の案件がいくつか届いてますが
仕事内容よりも
クライアントの誠実さを重視しつつ
できるだけたくさんの依頼を
こなしていきたいです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181109_172652

東京とはレベルの違う寒さの
日本海側の港に取材に来てます。

荒れた海を相手に
仕事をする人達の毎日は
底辺ライター主婦の
ぬるい日常とは比較にならない
厳しい環境だと身にしみて理解できました。

自然を相手にした仕事は
どれも過酷な物だと思いますが
極寒の海の上で
獲れるかわからない獲物を追い求め
凍てついた手を動かし続けるのは
想像を絶する大変さだと思いました。

風が強く海が荒れて
彼等の仕事ぶりを近くで見られたのは
1~2時間ほどしかなく
取材的には残念でしたが
船酔いする私にとっては
幸運だったかもしれない。

ライター仲間のピンチヒッターで
引き受けた仕事ですが
いつものジャンルと全く異なるので
あらゆる事が新鮮で勉強になりました。

しかし、体力的には
厳しい仕事だった。

宿泊先のホテルに戻り
芯まで冷えた身体を温めて
原稿に取りかかろうとしますが
指先がかじかんで
しばらく上手く動きませんでした。

仕事を振ってくれたライター仲間は
大手の雑誌でコラムも書いている
優秀な人なので
面子をつぶさないよう
しっかり書かなくてはなりません。

依頼時に知った原稿料も
いつもの倍以上で驚いた。。

経験や能力の差は
如実に収入に直結する世界です。

自分ももっと
専門分野を作って書かないと
ただの雑文書きで終わってしまうんだよなあ。

いろいろと考えさせられる週末ですが
思いきって引き受けて良かったです。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_093907_426

新しい仕事の依頼があり
1泊で取材旅行に行く事になりました。

準備に手間がかかりますが
ほとんど持ち出しがないし
原稿料も比較的良い方なので
久しぶりにやる気の出る仕事です。

ところが・・

夫は不満そうで
家をあけることに対して
あからさまにブツブツと文句を言ってきます。

「会社が大変な時なのに出張なんて」

「どうせまた単発の仕事でしょ」

「いいように使われてるだけなんだから断れば」

と、いつも以上にく水をさしてくるので
せっかく上がったモチベーションが下がってきました。

私が家に居ようが居まいが
夫の仕事には何ら影響ないと思うし
大変な時だからこそ少しでも
収入を確保しておかなきゃいけないのに。

無視して荷物を準備していると
後ろから覗きこんできて

「1泊にしては着替えが多くない?」

「それ、本当に仕事の出張なの?」

などと妙な勘ぐりまでされてウンザリです。

そんな事考える暇があったら
チラシの1つでも作ればいいのに。

営業電話の1つでもかければいいのに。

たった1泊でこの騒ぎだと
今後もっと長期の取材依頼がいただけたとしても
すんなり行けそうにありません。

でももう、
夫の言う事を気にするのはやめよう。

今までの自分だったら
夫を説得するのが面倒になって
長期に家をあける仕事を
断ってしまう事もありましたが

今後は迷わず引き受けようと思います。

(以前、沖縄に1ヶ月滞在して
地元の飲食店の取材をする
長期オファーがありましたが
断ってしまったのが今でも心残りです)

チャンスは何度もやってこない。

次は絶対に逃さないようにしなくては。

(膀胱炎症状は続いてます…。
年々治りが悪くなってて悲しい。)

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180426_194609












最近仕事をしてて思うんですが

クライアントによって

web入稿に使ってるソフトが違い

細かい業務連絡なども
もはやメールを使わない。

FacebookやLINEのグループとか
各SNSで共有するか

チャットとか
SIackとかで連絡事項の確認をしてます。

たしかにすごく便利なんだけど・・・・・

最初に覚えるまでが大変で(泣

「ウチはこれ使ってるんでよろしく」
と言われて
まったく聞いたこともなく
触ったこともないソフトをインストールして
自在に使えるようになるまで
もっていかなくてはならない。

この間も予定通り完成した原稿を
webで入稿しようとしたら

アップデートが始まって
今までとシステムが全く変わってしまい
手も足も出せない状況に。。

半べそで頑張ってみたけど
どうにもならず

結局先方にお願いして

私のよく使う方法で入稿させてもらった。

こういうとき
聞ける人がいないフリーはツライ。

書く内容がどんなに良くても
こういう煩雑なシステムを覚えられなくて
諦めてしまうライターもいるのでは。

共通規格みたいなものが
あるといいんだけどなあ。

これからもっと多様化して
追い付いていけなくなったらどうしよう。。

戦々恐々。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

 

↑このページのトップヘ