卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。どうなるかわからないけどこれから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

夫のこと

IMG_20181013_105056

最近は触れてませんでしたが

夫の飲酒癖、ほぼ元に戻ってます。

一時期飲まなくなってました→夫の酒量が減った

去年の暮れ頃は落ち込みがひどく
今思えばやや鬱状態だった夫。

飲まないし
食べないので
10キロぐらい痩せたし
お酒からも遠のくぐらい
眠気の方が強くなっていました。

それが今月に入ってからは
また少しずつビールの本数が増え

ビールの後にワイン、
ワインの後に日本酒と続くように。

そして飲み会から帰った日は
完全に泥酔状態に。。

アルコールの依存は
タバコ並だというけど本当にそうで
脳にアルコールによる報酬回路ができてしまったら
もう元に戻すことはできないんだと思います。

飲みながら食べるタイプなので
体重も戻ってきて
あらゆる面でリバウンドしてきました。

特に飲み過ぎた翌日は
パッと見てわかるくらい
白目が黄色くなってて怖い。

夫は酒が強い方なので
アルコールによって
身体に深刻なダメージがでる頃には
もう手遅れ、という状態だと思うんですよね。

高血圧や胃痛、過敏性腸症候群のために
毎日10種類以上の服薬をしてます。

それに加えて大量のアルコール。

夫の肝臓の身になると
気の毒でしかありません。

会社の倒産危機には
あんなに怯えるのに
病気とか身体の危機には
特別不安を感じていないのだろうか?

いつ脳卒中や梗塞を起こしても
おかしくないのに。

私は怖がりなので
身体的な変化にはとても敏感ですが。。

そういう恐怖や不安も
そっと撫でて忘れさせてくれるのがお酒、
という事でしょうか。

同じ人間で
同じ家に住んでいて
一応家族ですが

夫と私が見てる毎日は
全く別の色をした別の世界
なのかもしれません。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190222_174341

言葉が通じない、
会話がかみ合わない人。

同じ言語を使ってるのに
なぜか意思疎通がうまくいかない人に
みんなどう対応してるんだろう。

単純に使ってる語彙がわからない場合
A「ではそれを時系列で考えてみて」
B「時系列ってなに?」

という具合に
ただ特定の単語を知らない場合は
平易な違う表現で伝えれば
意味は通じるので
多少時間がかかっても会話は成立します。

しかし

A「また青いシャツ着てるね、その色好きなの?」
B「朝起きたら時間あったから新宿で買ってきたんだ!」

というように
質問の答えが返ってこないタイプの場合は
文脈を理解してないので
永遠に会話はズレっぱなしになります。

また、

A「これは〇〇〇なんだよ」
B「あー、それって要は〇〇〇ってことでしょ?」

とこちらが言った事を
オウム返しにしてくる謎の反復タイプ。

夫は上記のタイプを
少しずつ混ぜたような感じで
会話をしていると時折
宇宙人と話してるような気分になって
どっと疲れを感じる事があります。

私自身、ライターの癖に語彙は乏しいし
引用や例え話も苦手で
コミュニケーション能力も高い方ではありません。

なので自分の言い方も
わかりにくいのかもしれませんが・・

それでも
夫とのやり取りは他の人と違う気がして
込み入った話になる時などは
あまりにも噛み合わなすぎて
困惑してしまう事があります。

こちらが聞きたい答えを
引っ張り出すまでに
同じ所を2度3度ぐるぐると説明して
ようやく辿りついたと思ったら

今度は夫のする説明が
まわりくどく、意味不明で要点がわからず
(単語の意味もちょくちょく間違ってる)
全く頭に入ってこなかったり。

恋愛するのに言葉は不要ですが
生活するにはスムーズな言葉のやり取りが
不可欠だなあ、としみじみ思います。

これも人の特性ですから
直るものではないとわかってますが
会話もしんどい、というのは
結構大きな問題ですね。

夫がお客様宛てにメールを書いて
たまに文章チェックを頼まれるんですが

異常に長い。

そして何が言いたいのかわからない。

それは丁寧というよりは
迷走してる?に近い感じで
無駄に相手の時間を奪うだけの文章
という印象です。

簡潔に整えて
誤字脱字などを直して渡すんですが
夫はそれを見直すこともなく
そのまま送信してしまう。

そもそも文章を読むのが嫌いで
夫の辞書に「推敲」の文字はありませんが
内容を確認してもらってないので
いつか大きな行き違いが発生して
お客様とトラブルになるのでは・・・
と日々不安を感じてます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_094403_854

今まで何度となく
話し合いをして
約束しては破られてきました。

もうこの人は
お酒と心中していく運命なんだなと
半ば諦めていましたが

ふと空き缶や瓶のゴミを出す日に
妙にゴミ箱が軽いのに気がつきました。

ビールの空き缶やワインの空ボトルは
「またこんなに飲んで!」
と私に言われないように
自分でゴミ箱に入れておく夫。

今更ゴミだけどこか別の所に捨ててる、
というのも考えづらいので
恐らく飲む量が減ってきてるようなのです。

食欲がなくて10キロぐらい痩せたな~と
気づいてましたが
飲酒の欲求さえ希薄になってきたんだろうか。

お酒しか楽しみがないのに。。

酒量が減った事自体は
良いことだと思ってますが
逆に精神状態が非常に良くないのではと
気になっています。

夫に話を聞くと
食事は昼だけスープやサラダを食べて
夜に家で少しの肉と味噌汁を飲むだけで
まったく欲しくならないんだそう。

会社倒産危機のストレスが
思いのほか長く続いてるようです。
(当然かもしれませんが・・)

そういえば
ビールとワインをガブガブ飲んでた
いつもの夕食風景が
ここ数日は発泡酒のロング缶が1本だけ。。

とにかく眠気が強いようで
食事が終わるとすぐに横になります。

あれだけ酒を飲まないでほしいと
言い続けてきたけど

自ら欲していないのを見ると
なんだか気味悪く感じてしまいます。

代わりにメンタルでの
大きな不調などあったら、、
それはそれで困るんだよなあ。。

どんな言葉を投げかけても
糠に釘のような夫。

こちらも人を元気づけられるほど
エネルギーが余ってるわけじゃないし。

お酒が減った事を
手放しで喜べない気分ですが
その分お金がかからないのは
間違いなく、絶対的に良い事だと言えます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

northern-lights-photography-finland-6

世間は3連休ですね。

我が家は休日関係ないので
いつもと変わらない日々です。

いよいよ気温が低くなってきたので
床暖房を使い始めたんですが
やっぱり気になるのがガス代。

なるべく安くしておきたいし
私はいつもより厚着して
もこもこ靴下を履いたり
着る毛布をかぶって
暖房の設定は一番低くしておきました。

ところが、、

深夜までパソコン作業をして
寝室のある1階に降りると

なんだか南国のようにむわっとした空気。

室温を見ると26℃あります。

おかしいと思って
床暖房のスイッチパネルを見ると
「最強」の設定になってる。

寝室のドアを開けると
夫がTシャツにパンツという姿で
何もかけずにイビキをかいていました。

やっぱりこの人
本当にアホなのでわ?

真冬に汗をかきながらでも
薄着でいたいみたいです。

暖かい季節は
検針の人に
「ここって、どなたか住んでます?」
と言われるぐらい
ガスの使用量が少ないウチですが
床暖をつけはじめると
途端に1万円近くに跳ね上がります。

節約よりも体調や
風邪をひかない事のほうが
もちろん大事ですが

こういう無駄はもうやめさせないと。

温度設定を固定できないか
床暖房の説明書を熟読したら
「節約モード」みたいなものがあったので
夫に気づかれないように
設定を変えておく事にします。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180928_114218_161

車に燃費の良し悪しがあるように
人間にも個人によって
かかるコストは変わってきます。

どちらかというと
1人で静かに過ごすのが好きで
面白い本や映画や
海外ドラマを視聴できる環境があれば
どこでも楽しめるタイプの私。

一方で夫は
映画なら劇場へ。
(ポップコーンとビール必須)
コンサートやイベントなど
特にファンでなくても
話題になっていれば行きたがり
外食ではコース料理より
アラカルトであれこれつまむのを好みます。

消費マインドが
根本から違うというか
何をするにも
お金を使いたがるのが不思議です。

例えば旅行に行くと
移動時間も距離も変わらないのに
有料道路を走りたがるとか

自販機で買えば安い飲物を
わざわざレストランで注文するとか

私から見ると
「消費の申し子」
のように感じてしまいます。

こういう性質は
手持ちのお金がなくなったからといって
変わるものではないらしく
今でもちょっとした事で
なぜか高い方ばかり選ぶ夫。

仮に収入が上向いたとしても
この性質が同じな限り
ずーっとハイコスト生活が
続いていくのだと思います。

たくさん稼いでたくさん使う

そんな昭和なマインドを
変えさせるのは不可能なんだろうか。

私はミニマリストでも何でもないけど
無駄(と思ってる)な事には
お金を使いたくないです。

価値観の違い、といえばそれまでですが
2つをすりあわせることは
できないんだろうか。

基本的には
「人は変わらない」と思っていますが
変わらなければ生活が困難になるような
重要な分岐点にある場合のみ
時には変革する事もあるのではと思い
方法を考えています。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ