卒婚・あたらしい夫婦のかたち

離婚も考えたけど、これから先の長い人生を乗り越えていける最善策を模索中。節約・貯金・ローン返済がんばらなきゃ。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

夫のこと

IMG_20180720_094403_854

今まで何度となく
話し合いをして
約束しては破られてきました。

もうこの人は
お酒と心中していく運命なんだなと
半ば諦めていましたが

ふと空き缶や瓶のゴミを出す日に
妙にゴミ箱が軽いのに気がつきました。

ビールの空き缶やワインの空ボトルは
「またこんなに飲んで!」
と私に言われないように
自分でゴミ箱に入れておく夫。

今更ゴミだけどこか別の所に捨ててる、
というのも考えづらいので
恐らく飲む量が減ってきてるようなのです。

食欲がなくて10キロぐらい痩せたな~と
気づいてましたが
飲酒の欲求さえ希薄になってきたんだろうか。

お酒しか楽しみがないのに。。

酒量が減った事自体は
良いことだと思ってますが
逆に精神状態が非常に良くないのではと
気になっています。

夫に話を聞くと
食事は昼だけスープやサラダを食べて
夜に家で少しの肉と味噌汁を飲むだけで
まったく欲しくならないんだそう。

会社倒産危機のストレスが
思いのほか長く続いてるようです。
(当然かもしれませんが・・)

そういえば
ビールとワインをガブガブ飲んでた
いつもの夕食風景が
ここ数日は発泡酒のロング缶が1本だけ。。

とにかく眠気が強いようで
食事が終わるとすぐに横になります。

あれだけ酒を飲まないでほしいと
言い続けてきたけど

自ら欲していないのを見ると
なんだか気味悪く感じてしまいます。

代わりにメンタルでの
大きな不調などあったら、、
それはそれで困るんだよなあ。。

どんな言葉を投げかけても
糠に釘のような夫。

こちらも人を元気づけられるほど
エネルギーが余ってるわけじゃないし。

お酒が減った事を
手放しで喜べない気分ですが
その分お金がかからないのは
間違いなく、絶対的に良い事だと言えます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

northern-lights-photography-finland-6

世間は3連休ですね。

我が家は休日関係ないので
いつもと変わらない日々です。

いよいよ気温が低くなってきたので
床暖房を使い始めたんですが
やっぱり気になるのがガス代。

なるべく安くしておきたいし
私はいつもより厚着して
もこもこ靴下を履いたり
着る毛布をかぶって
暖房の設定は一番低くしておきました。

ところが、、

深夜までパソコン作業をして
寝室のある1階に降りると

なんだか南国のようにむわっとした空気。

室温を見ると26℃あります。

おかしいと思って
床暖房のスイッチパネルを見ると
「最強」の設定になってる。

寝室のドアを開けると
夫がTシャツにパンツという姿で
何もかけずにイビキをかいていました。

やっぱりこの人
本当にアホなのでわ?

真冬に汗をかきながらでも
薄着でいたいみたいです。

暖かい季節は
検針の人に
「ここって、どなたか住んでます?」
と言われるぐらい
ガスの使用量が少ないウチですが
床暖をつけはじめると
途端に1万円近くに跳ね上がります。

節約よりも体調や
風邪をひかない事のほうが
もちろん大事ですが

こういう無駄はもうやめさせないと。

温度設定を固定できないか
床暖房の説明書を熟読したら
「節約モード」みたいなものがあったので
夫に気づかれないように
設定を変えておく事にします。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180928_114218_161

車に燃費の良し悪しがあるように
人間にも個人によって
かかるコストは変わってきます。

どちらかというと
1人で静かに過ごすのが好きで
面白い本や映画や
海外ドラマを視聴できる環境があれば
どこでも楽しめるタイプの私。

一方で夫は
映画なら劇場へ。
(ポップコーンとビール必須)
コンサートやイベントなど
特にファンでなくても
話題になっていれば行きたがり
外食ではコース料理より
アラカルトであれこれつまむのを好みます。

消費マインドが
根本から違うというか
何をするにも
お金を使いたがるのが不思議です。

例えば旅行に行くと
移動時間も距離も変わらないのに
有料道路を走りたがるとか

自販機で買えば安い飲物を
わざわざレストランで注文するとか

私から見ると
「消費の申し子」
のように感じてしまいます。

こういう性質は
手持ちのお金がなくなったからといって
変わるものではないらしく
今でもちょっとした事で
なぜか高い方ばかり選ぶ夫。

仮に収入が上向いたとしても
この性質が同じな限り
ずーっとハイコスト生活が
続いていくのだと思います。

たくさん稼いでたくさん使う

そんな昭和なマインドを
変えさせるのは不可能なんだろうか。

私はミニマリストでも何でもないけど
無駄(と思ってる)な事には
お金を使いたくないです。

価値観の違い、といえばそれまでですが
2つをすりあわせることは
できないんだろうか。

基本的には
「人は変わらない」と思っていますが
変わらなければ生活が困難になるような
重要な分岐点にある場合のみ
時には変革する事もあるのではと思い
方法を考えています。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180305_013318

自分からは
はっきりと助けを求めない癖に

心配されたり
かまわれたりしないと
不機嫌になる人っていますよね。

夫がまさに典型的なタイプで

大げさにため息をついたり
(漫画のように肩を落としたりして・・)

わざと大きな音をたてたり
(家中どこに居るのか常にわかります)

テレビに向かってキレてみたり
(特に成功してる人に対して)

うるさいので
聞こえないふりをしますが

私があまりにも反応しないと

「膝が痛い。関節炎かもしれない」

「舌にブツブツができてる。悪い病気かもしれない」

「血圧が低すぎる」
(降圧剤飲んでるから不思議はない)

などと
身体の不調を訴えて
どうにかしてかまわれようとします。

結婚前は
本気で心配して
夫が目の前にいない時に
何かあったらどうしようと
夜も眠れなかった日もありましたが・・・

ただの「かまってちゃん」だとわかってからは
何を言われても真剣味が感じられず
いざ本当に具合が悪い時も
助けられるかわかりません。

こういう種類の人の
心理がまったくわからない。

嫌々心配されても
気持ちが満たされると思えませんが

それでもこういう態度を
やめる事はできないんでしょうか。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20180720_094017_428

年間に一括で支払っている
夫の車の保険代のことを
すっかり忘れていましたが

今月になって
家計用カードから引き落とされてるのに
気がつきました。

身分不相応な車は
保険代も異常に高く
年間で13万ほどかかります。

会社の存続が危ぶまれる中で
すぐにでも処分してもらいたい所ですが

ネットで買取りの見積もりを頼んだら
そう高くは売れず
ローンの残債が200万も残るというのです。

新車好きの日本で車は
乗った瞬間から値段が落ちていきますね。。

今売れば損にしかならない

しばらく乗り続けるしかない

という夫の顔には
悲壮感はなく

車を手放さなくて済む喜び
のような感情が見てとれました。

そんな事を言ったって…

毎月の住宅ローンに加えて
ちょっとしたマンション並の車のローン、
そして保険代や維持費。。
税金も払わなければならないし。

こんな車を独断で購入した夫に
腹がたって腹がたって

怒りの感情がおさまりません。

売れないし、
維持も厳しい。

夫の会社と同じ状態すぎて
寒気がしてきます。

一体どうしたらいいのか…

ぐるぐると不安がわいてきて
気がつくと勝手に目から涙が落ちてきました。

泣いたって解決しないし
どうにか傷を軽くする方法を考えたいけど
今は夫に対する苛立ちや無力感しか
感じることができません。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ