卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。現在別居中です。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

夫のこと

IMG_20200316_231336

長らく外食していないので
営業を再開したレストランのニュースなど見ると行きたくなってしまいます。

今なら普通のファミレスで食事するだけで
喜びを感じられそう。


そういえば
結婚前に夫と外でご飯を食べるたびに
不思議に思っていたことがあります。


ファミレスやカフェなどで
メニューを決める時に
いつも注文するのは「一番高い物」。


ハンバーグを食べたがっていたのに
メニューの中にそれよりも高いステーキを見つけると
即座に変更。

そしていくつかあるステーキメニューの中から
一番高い物をチョイスします。


でもいざ食べ始めると
「やっぱりハンバーグにすれば良かった」
と言い出すのが謎でした。


ほかにも『季節限定メニュー』などで
ちょっと割高になってる料理があるじゃないですか?

そういうのにも弱いらしく
好物でもない物を選んでは
「やっぱりあっちにすれば・・」
というのを何度も繰り返していました。


夫のこういう面は私が分析するに、

値段が高ければ高いほど内容も良いはず

という固定観念があるようです。


ファミレスのメニューなんて
差があってもせいぜい数百円なので
自分の食べたい物を選ぶのが普通だと思ってましたが
そうじゃない価値観の人もいるんですよね。

(逆にとにかく安い物を、という人もいると思うけど)


結婚してからは
これが外食だけでなく
家具、家電、車など
生活のすべてに及ぶ事を知るわけですが・・


ムダに高機能なテレビや
使わないルームシアター、
ガス窯と同じように焼けるオーブン。
(私はお菓子などはつくりません)


必要ないと言っても聞き入れず
そのカテゴリの中で最も高い物を選んでしまう。


どうしてそういう癖がついたのか
わかりませんが
何かを買う度に
いちいちお金がかかる生活に
当時はもやもやしっぱなしでした。


でもその時は
事を荒立てないように
目をつぶるというか
気にしないようにしてたんでしょうね。。



小さな価値観の違いでも
絶対に見過ごしたらいけないです。

一緒に過ごせば過ごすほど
違いがうきぼりになって
溝が深まるばかりですから。

夫と私の場合は
経済的にダウンしてから
より一層この問題が表面化してきて
毎日のように諍いが起こりました。

深みにはまるまえに
気がついて話し合うか
自分には合わない人、と見切りをつけるべきでしたね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




IMG_20191026_214343

夫は車好きなんですが

自宅を新築してしばらくして
(3年前ぐらいです)

ある外車を新車で購入しました。


この件は思い出したくもないけど
私や義理両親の猛反対を押し切って
無理矢理購入してしまったんです。


その車のローンというのが
月額で8万超え。

マンション買ったわけじゃないですよ?

ただの車のローンです。

自宅のローンもたっぷりあるのに
一体どういう思考なのか
理解に苦しみます。。


毎月の収入報告で
夫の給料が異常に少なかったのは
会社の負債に充てた分もありますが
このいまいましい
外車のローンもさっぴかれているからなのです。


残価設定のような形のローンですが
残価は保障されていないという
なんだかもやもやする返済方法で

5年が経過した時点で
残りの支払い分と車両の価格を見比べますが
おそらく残債が発生すると思うので
(もうすでに値落ちしているので・・)

車を返却する上に
差額分の100~300万を支払うか
乗り続けて
再び5年ほどのローンを組むか
どちらかになると思います。


本当に最悪すぎる。


まあ、離婚が成立すれば
これらの事は私には関係なくなりますが

その前に万が一
夫が不慮の死を遂げたりした場合

車のローンはなくならないので
私が相続・支払い続けることに??


もちろん相続放棄すれば
払わずに済みますが
自宅の相続があるので
車だけ放棄するわけにはいかないのでしょう。。


借金でがんじがらめな人と結婚すると
いつの間にか自分もがんじがらめです。


時すでに遅し、ですが
こういう懸念材料があると思うと
一刻も早く離婚してしまいたい。


夫との話合いは
まだ平行線のままです。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─


━─━─━─━─

IMG_20200220_005142

新型肺炎の感染が広まるにつれて
ますます重要になってきた手洗い習慣。

思えば、夫は手を洗わない人でした。


結婚してしばらくして
インフルエンザが大流行したんですが
何度注意しても
手を洗い忘れる夫。


帰宅したら手洗い、というのは
みんなが当たり前に行う物だと思っていましたが
夫は現場で仕事をして
会社に戻っても手洗いせず・・

帰宅してからも
お風呂に直行しないかぎりは手を洗わず。。


目に見える「汚れ」がないと
洗う必要がないと思っているようでした。


自分自身が潔癖なわけでもなく
人のことは言えない部分もあると思いますが

・手を洗わない
・着替えをせずにベッドに横になる
・就寝前に歯を磨かない



夫のこういう習慣には
いつも違和感を感じてました。


まあ、、
ハミガキしなくても虫歯がほとんどできず
風邪もめったにひかないので
必要性を感じないのかもしれませんが、、

その生活習慣はどうなの?
と今でも思います。

特にウイルス関連は
自分は大丈夫でも
家族に感染させてしまう可能性もありますし。


振り返ると結婚するまでは
インフルエンザになった事がなかった私が
夫と同居するようになってから
4~5回は罹患してるんですよね。

在宅仕事なのにどうして・・?

と思ってましたが今思えば

夫が感染源だったのかもしれません。


ウイルスを怖がって
マスクは毎日付けてましたが
自宅のゴミ箱にむき出しのまま捨てるし
正しい知識で判断してるようには
思えない行動が多々ありました。

でもどんなに口を酸っぱくして注意しても
本人に変わる気がないなら無駄なんですよね。


未知のウイルスの脅威が迫るこのタイミングで
夫と別居生活を始めていたのは
ある意味幸運だったのかもしれません。

インフルエンザは予防接種を受けてるので
少しはリスクが軽減されてるだろうし
後は自分でできる事を
毎日きちんと行っていくしかないですね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─


━─━─━─━─

IMG_20190629_164304

ストローマン論法
ってご存知でしょうか?


議論において対抗する者の意見を正しく引用しなかったり、歪められた内容に基づいて反論するという誤った
論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。 ストローマン手法や藁人形論法
ともいう。(ウィキペディアより)


私「お酒の量を減らしなよ」

夫「飲み会は仕事に絶対必要なんだよ!」
「お酒がある場でしか腹を割って話せない人もいるし、仲良くなれるチャンス増える」


というように
根本的な「飲酒量を減らす」に対して
論点をずらして「飲み会の必要性」にすり替えてしまう夫。

強引なすり替えは意識的なのか無意識なのかわかりませんが。。。

こちらは「飲み会」の事など話ていないのに
突然テーマを変えられたようで釈然としません。

何度も軌道修正を試みますが
こちらが伝えたい主題は一向に伝わらず
すり替えに次ぐすり替えが行われて
最後には疲弊してあきらめる、という感じでした。


夫が最初から肯定しそうなテーマであれば
スッと入るらしく、こういったすり替えは起こりません。


つまり、無意識でも意識的でも
自分が避けたい話題や否定したい事柄については
常時、話の論点をずらしてすり替えていくことに
注力しているのだと思います。

「どうにかして否定する」
「どうにかして問題を回避する」

というのが基本姿勢な人に
心を尽くして説明しても
伝わるわけがないんですよね。。


夫から離れて生活していくうちに
だんだんと意思疎通が叶わなかった理由が
解明されてきました。


こういう種類の人間に対して
離婚という(相手にとっては)否定的な作業を
どう進めていけばいいのか。。

圧倒的なストレスを予想して
今から憂鬱な気持ちになります。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─


━─━─━─━─

IMG_20190629_164258

「話したい事がある」
と夫からLINEがありました。

きっといい話ではないので
気がすすみませんでしたが
メールやLINEでは話せない、というので
仕方なく出かけていきました。


夫の会社の経理は
以前までは一部を私が、
大部分を義母が担当していましたが

年明けに突然義母から
「もう経理の業務から引退する」
と宣言されたそうで
夫はパニックに陥っていました。


建設業界は支払いと入金が
現場ごとにバラバラでズレが大きく
すべてを把握して管理する人が
必要なんですが

何十年もその役目を担ってきた
義母が急に抜けてしまっては
収支の管理がめちゃくちゃになってしまいます。

引退の理由は年齢によるものと
(義母も70歳近いので
引退を考えるのも当然ですが・・)
夫のだらしなさ&経費使いすぎ
にうんざりしたのが主な原因のようです。

ファミリーカンパニーなのに
仲が良いとは言い難く
昔からずっと関係性が悪い家族ですが
業績悪化とともにさらにギスギスしています。


経理関係にノータッチだった夫は
何をどうすればいいのかわからないらしく

「かぴさあ、、おふくろから仕事を全部引き継いでくれない?」
「月末だけ会社に来て、後は自宅でやってもいいし」
「時給も払うからさ」

などと言ってくるのです。


ふざけないでほしい。


自分が困った時だけ
都合のいい時だけ頼ってくる所は
まったく変わってません。

断る、私はできないとキッパリ伝えて
その場を後にしました。


帰宅してからも
ムカムカした気分でしたが

夫の会社がダメになって
収入が絶たれると自宅のローンが。。

無事に売却できるまでは
義母の機嫌をとるとか
自分で経理を勉強するとか
何とかしてほしいです。


それにしても
実の母親にも見放される夫って・・。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─


━─━─━─━─

↑このページのトップヘ