3








妙にリアルな夢を見たときって
目が覚めても、
しばらく現実がわからなくなります。

ベッドに横たわったまま
見慣れた壁紙やカーテンを見渡して

ああ、こっちが現実だったと
ガッカリする。

一年に数回、昔付き合ってた恋人の夢を見ます。

20代前半のことだから
かなり美化されてる所もあるけど

その人の後姿とか
よく着てたシャツとか
匂いとか、話し方とか

怖いぐらいくっきりと伝わってきて
幸せで浮かれまくってた
あのころの自分の
続きを始められるような気がしてしまう。

もし、あの時
二人の間に立ちはだかったトラブルに
あきらめず、立ち向かってたら

今とは違う未来があったんだよなあ。
と、考えてしまう。

もしその人との未来を選んでたら
考え方や、環境や
いろんな事が何もかもちがって
子供だっていたかもしれない。

考えても仕方ないのはわかってるけど
たまに、どうしようもなく
あの時の自分に戻りたくなる。

目に入る風景すべてが
キラキラ輝いてて
朝起きるのが楽しみで仕方なかったあの頃に。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
スポンサーリンク

━─━─━─━─━─

━─━─━─━─━─