IMG_20181102_133336_855

夫は毎日
暗くどんよりした顔で帰宅して
つぶやくように「ただいま」と言うと

「あー、今日も最悪な客だった」

「値引したのに、まだ高いって言うんだぜ」

「こっちは寝る時間削って見積もりしたのにさー」

「飯なに?また鍋かよー」

と、洪水のように愚痴がこぼれて
家の中の空気は一気にネガティブになります。

もう十数年前ですが
一緒に暮らし始めた頃は
私が帰宅すると
(当時は勤めに出ていたので)
先に帰宅していた夫が
玄関まで飛び出してきて

「おかえり!寒かったでしょ!」

「この前かぴが食べたい、って言ってた
新製品の〇〇買っておいた」

「手、洗っておいで。早く夕飯にしよう」

と、まるで尻尾を振る犬みたいに
うれしそうに迎えてくれたから
家に帰るのが本当に楽しみだった。

いつも気の合う仲間が
待ってくれているような・・

毒母のいたピリピリした実家とは違い
安心できる自分の居場所を
初めて手に入れられた
と心から思っていました。

でも今はまた
その場所を失ってしまった。

いつかまた
あの時みたいに
早く帰りたくて家路を急ぐ
そんな居場所を作れる日が来るだろうか。

いや、作らなければ。

外でキツイ事があっても
帰れば安心して休めるような
そういう居場所は絶対に必要だ。

道は4つあって

①自分を変える
②夫が変わる
③新たに1人で始める
④新たに誰かと始める


なんだけど

①は望まない方向に自分を変えないと
成立しなそうだし
(夫の言動を受け入れて同化するとか)
②はまずないと思うし。

④は理想的に思えるけど
これからまた誰かと一から・・
と思うとしんどく感じるし
更にひどい事になる危険もある。

というわけでやっぱり
一番現実的なのは③になるのかな。

経済的自立、頑張ってみよう。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─