卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

2019年03月


料理と言えば
イチから手作りするのが本物

と思ってる男性がいて
主婦の味方であるクックドゥーや
鍋の素などを使う料理は
料理と認めないのだとか。。

「美味しい」と「楽に作れる」が
一致するわけはないという事でしょうか。

手間暇かけないと
手作り感がない、という一点のみで
判断してるんでしょうね。

特に知識もない家庭の主婦が
ちまちまと調味料を合わせたところで
企業がプロを雇って調合した味には
勝てないと思いますが。。

何より働く主婦に
イチから材料を揃えて
料理する暇などない。

どれだけ「簡単に」「早く」「安く」
できるかが大事だと思います。

もちろん時間に余裕のある人や
料理が大好き、という人は
凝った物を作ってあげれば喜ばれると思う。

でも私みたいに
さほど料理に興味がなく
(食べるのは好きだけど)
毎日のメニューを考えるのも億劫
という人は

パパッと作れるクックドゥーや
これ1つで簡単!なソースは
天の助けと言っても過言ではありません。

ここ最近は食材コストを抑える意味もあって
毎日ほとんど鍋にしてます。

でも、市販の白だしをベースに
生姜や豆板醤で変化をつけるだけの
私の鍋に夫は飽き飽きしてるようで
日に日に文句が多くなってきたので

ちょっとコストは上がるけど
各社から色んな味が販売されてる
鍋の素を使うことにしました。

モランボン、ヤマサ、ダイショーと
いろいろ使ってきましたが
つい先日出会ったキッコーマンの鍋の素が
革命的に美味しかった!

IMG_20190221_183525_928
とにかく「あごだし」の香りがスゴい。

〆を玉子雑炊にすると
箸が止まらなくなります。

濃縮タイプなので
自分で濃さを調整できるし
2袋にわかれているので
少量でも作れて便利。

近所の激安スーパーの
特別協賛品で売られていたので
1袋130円という安さも嬉しかったです。
(味を知って次の日に買いだめしておいた。
普通の値段でも買いたいレベル)

化学調味料無添加だし
世の奥様たちは旦那が帰宅する前に作って
「飛び魚からお出汁とったの~」
とか言っておけばいいと思います。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20181019_022244

3年連続で
有休取得率が世界最低の日本。

政府は2020年までに
有給休暇取得率を70%まで上げる
とする目標を掲げてます。
(現在は約51%)

2019年4月1日から変わる新ルールを
ざっくりまとめると

①パートでも有休は発生
②週5出勤以上なら最低でも年間10日間
③5日以上の有休消化を義務化
④違反企業には罰金の対象になる
⑤取得理由による有休却下は違法

一部は既にルール化されてますが

③と④が新たに制度化された
という事のようです。

年休だけど出勤にしたり
年間休日だけ名目上5日減して
帳尻をあわせるような
ごまかし論理が横行しそうな気もしますが
制度化された以上は
企業側のズルが即労基案件になるので
全体としては休みが取りやすくなると思います。

しかし・・

国際労働機関(IOL)の
有給休暇条約を見てみると

①有休は最低でも3週間以上付与
②有休は最低でも2週間連続で付与
③病気や怪我による休みは有休に含めず
④有休分の給与は先払い

まだまだ世界基準には
とても及ばないようです。

そして結局・・


こういう事態が頻発する未来がみえたり。。

現状で自由に有休を取れない会社が
山のようにあり
新ルールに変更後も

「弊社は有給休暇の新ルール適用外なんですよ」
「パートやアルバイトには有休なんてないよ」
「その理由じゃ有休扱いにはできないなあ」

などと雇用側にとって有利な押し付けが
増えていきそうな気もしますが

正しい権利がある限り
違法な事や不正と思われる事には
声をあげていかないと
全体が変わっていかないのだと思います。

ですが実際に雇われていて
その後も働き続けていきたい職場であれば
こういった声をあげるのは
難しい事なのかもしれませんね。

それにしても5日間とは・・
中途半端だし少なすぎる。
最低8割取得、とかでも良いんじゃないだろうか。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190222_174341

言葉が通じない、
会話がかみ合わない人。

同じ言語を使ってるのに
なぜか意思疎通がうまくいかない人に
みんなどう対応してるんだろう。

単純に使ってる語彙がわからない場合
A「ではそれを時系列で考えてみて」
B「時系列ってなに?」

という具合に
ただ特定の単語を知らない場合は
平易な違う表現で伝えれば
意味は通じるので
多少時間がかかっても会話は成立します。

しかし

A「また青いシャツ着てるね、その色好きなの?」
B「朝起きたら時間あったから新宿で買ってきたんだ!」

というように
質問の答えが返ってこないタイプの場合は
文脈を理解してないので
永遠に会話はズレっぱなしになります。

また、

A「これは〇〇〇なんだよ」
B「あー、それって要は〇〇〇ってことでしょ?」

とこちらが言った事を
オウム返しにしてくる謎の反復タイプ。

夫は上記のタイプを
少しずつ混ぜたような感じで
会話をしていると時折
宇宙人と話してるような気分になって
どっと疲れを感じる事があります。

私自身、ライターの癖に語彙は乏しいし
引用や例え話も苦手で
コミュニケーション能力も高い方ではありません。

なので自分の言い方も
わかりにくいのかもしれませんが・・

それでも
夫とのやり取りは他の人と違う気がして
込み入った話になる時などは
あまりにも噛み合わなすぎて
困惑してしまう事があります。

こちらが聞きたい答えを
引っ張り出すまでに
同じ所を2度3度ぐるぐると説明して
ようやく辿りついたと思ったら

今度は夫のする説明が
まわりくどく、意味不明で要点がわからず
(単語の意味もちょくちょく間違ってる)
全く頭に入ってこなかったり。

恋愛するのに言葉は不要ですが
生活するにはスムーズな言葉のやり取りが
不可欠だなあ、としみじみ思います。

これも人の特性ですから
直るものではないとわかってますが
会話もしんどい、というのは
結構大きな問題ですね。

夫がお客様宛てにメールを書いて
たまに文章チェックを頼まれるんですが

異常に長い。

そして何が言いたいのかわからない。

それは丁寧というよりは
迷走してる?に近い感じで
無駄に相手の時間を奪うだけの文章
という印象です。

簡潔に整えて
誤字脱字などを直して渡すんですが
夫はそれを見直すこともなく
そのまま送信してしまう。

そもそも文章を読むのが嫌いで
夫の辞書に「推敲」の文字はありませんが
内容を確認してもらってないので
いつか大きな行き違いが発生して
お客様とトラブルになるのでは・・・
と日々不安を感じてます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

IMG_20190222_174833

以前、パニック障害の症状がひどかった頃は
歯医者と美容室が何より苦手でした。

今はどちらも普通に行けますが
美容室はまだ少し抵抗感があります。

切ってもらってる間に
不安感がおそってきて
その場に居られなくなったらどうしよう
とか

シャンプー台で眩暈や過呼吸になったら
とか

そういう心配がなくなってきた今でも

単純に「美容室へ行くための準備」
が面倒に感じるのだと思います。

前回切ってもらってから
少なく見積もっても
半年ぐらいは経過していて
毛先はボサボサ
前髪も伸び放題のひどい有り様なので
普段はまとめ髪にして
ごまかしています。

それが美容室に行くと
髪をほどかれた素の状態が
プロの目にさらされるわけで・・。

呆れた顔をされたりしたら
小心者の私は
恥ずかしさで死にたくなりそうなので
いつも美容室に行く前は
前髪を自分でカットしたり
枝毛のケアのためにトリートメントをしたり
最低限、人に見せられるようになるまで
髪を整える作業をします。

そんな事をするぐらいなら
もっとマメに美容室に通うえばいいし

キレイにしてもらいに行くのだから
変な見栄をはらずにそのまま行けばいい

と思われる方もいらっしゃると思います。

私もそう思う。。。。。

思うんですが、
どうしてか
これだけは割り切れない習慣のようで

この作業をせずに行く事が
どうしてもできないみたいです。

12月に一度決心して準備をしましたが
突然仕事が入って行けず
いまだに行けてません。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─

↑このページのトップヘ