IMG_20190501_015617_085

連休真っただ中ですね。

10連休を謳歌している皆さんとは違い
通常と同じように仕事しています。

なので

GW終わっちゃう、明日からまた働くのイヤ

と切ない気持ちを味わうことはないですが

いつも通り

ごくごく当たり前の平穏な気持ちで

「働くのイヤ」と思ってます笑。


さて、連休中なので
会社勤めの姉に久しぶりに会えました。

上の子供が大学に入学して
子育ても落ち着いてきたので
十数年ぶりに夫婦で旅行に出かけたそうです。

ずっと仕事と家事、子育てのことばかりで
夫婦の時間を持てなかった姉達は
さぞかし楽しめただろうと思ったら、、

「はっきりいって、最悪だった!」
「行きの車でも渋滞で不機嫌だし」
「宿に着いたら着いたで部屋が狭いとか古いとか」
「とにかく何にでもケチつけて文句ばっかり!」
「従業員の人にもすごく偉そうな態度で
部屋に虫が出たぐらいで大騒ぎするんだよ!」

と不満が爆発。

いつもニコニコと人当たりのいい義兄は
身内にしか見せない裏の顔がある、と
いつも姉に聞いていましたが

年齢を重ねるにつれて
それがどんどん顕著に表れているそうです。

まあ、、
恋人気分で結婚した20代と
子育てを経て社会経験を積んだ40代では
考え方や、お互いを見る目も
だいぶ変わってきますよね。

姉は典型的な「尽くすタイプ」というか
人の世話をするのが好きなので
多少ワガママな旦那さんでも
母のような気持ちで接しているのかと
思っていましたが

どうやらそこまで母性が
強いわけではないみたい。

義兄は何度か転職したりして
今も収入は不安定のようで
家計の柱も、家事も子育ても
すべて姉が支えているせいか
ストレスが限界に達してるのかもしれません。

以前は熟年離婚した母のことを

「我慢が足りない」
「結婚を軽く見てる」
「もっと妻として努力するべき」

と非難していましたが

この前会った時は

「一生一人の人と一緒にいるって不自然かも」
「旦那は家事も手伝ってくれないし、母子家庭みたいだった」
「子供が自立したら話す事がない」
「お互いにやりたい事も趣味も合わない」

と言い出して、かなり驚きました。

これは・・

熟年離婚フラグ??

もちろんどの夫婦にも
こういう谷間が何度か訪れるのだと思いますが

良い面しか聞いてこなかったので
そんなに不満があると思わなかったです。

姉は大きい会社の正社員だし
定年まで勤めあげれば
1人暮らしで悠々自適も叶うのでしょうが

姉がそんな心境になる事自体が
驚愕というか
変わったんだなあ、、と思います。

夫婦の悩みも十人十色で
当人にしかわからないものですよね。

一時期、姉のマウンティングが激しくて

「ウチはこんなに順風満帆」
「一点の曇りもないぐらい幸せ」

という自分の状態をやたらと
周囲に吹聴していた事がありましたが

思えばあれは心の奥底にある
不安や不満がそうさせていたのかもしれませんね。。

最近は本音を人に言えるようになっただけ
自分の意思が明確になって
意外とスッキリしてるんじゃないかな。

どういう選択をしても
姉を支持する気持ちは変わりませんが
いつも穏やかで笑っていてくれるといいなあと
おもいます。

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─

━─━─━─━─