卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

2020年05月

IMG_20200316_231807

◆元記事


賃金の8割を支給するイギリスなどにはできて、なぜ日本にはできないのか。一律10万円だけではとても足りない。ただ、配る余力は国にはありません。給付は財政の信用を低下させ、円安インフレの要因となり、給付を繰り返すとインフレスパイラルにはまる可能性もあります。

<ネットの声>

金を刷る=金の量が多くなり価値が少なくなる=円安というロジックなのでしょう。

デマばかり吐くんじゃねえよ。財政支出された金が為替相場に流れるわけでもないのになんで円安になるんだよ。

インチキですね、この発言。まずアメリカ国債を280兆は持ってる。これを売れば良い!さらに特別会計を毎年55兆円一般会計から移してる。これを無くす。

もはや先進国とは言えなくなった日本だが、唯一の救いは自国通貨建ての国債を発行できることだ。企業の内部留保をアテにするよりただちに真水100兆円の財政出動を!

──────────────────────

この記事は経済学者と弁護士が書いてるようですが、確証もないのに断定的(特に弁護士のほう)。こういうムダに声の大きい財政破綻論者がいるから世論もなびいてしまい、国民への給付が遅れたりなくなったりする要因になるのでは。ネットニュースもテレビも大げさに不安を煽る記事が多すぎる気がします。みんなを悲観的な気持ちにさせて、安上がりに自粛の強制力を強めようという作戦なのかと思ってしまう。


不安になるのは
私のようなせっぱつまった貧乏人だけで十分です。

生活に困らない方は、感染に気をつけつつ普通に暮らして経済を回していてほしい。

そして休業・失業を余儀なくされた人のために今すぐ補償や給付をしてほしいです。


GWも今日で終わりなんですね。
無職生活のせいか
日にちの間隔がまるで無くなってしまい
今日が何曜日かも曖昧になってきました。


東京は変わらぬ自粛が続きますが
明日は社会が動き出すので
連休中に書いた
いくつかの企画を編集者に送ります。

どれか拾われて
仕事にありつけますように。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




IMG_20200220_005057

◆Twitterより




ギャグかと思ったら本当なんですね。。

誰とどこで会ったか記録するとか
横並びでの食事とか、、

新手のカルト宗教にようです。

重箱の隅をつつくような細かさなのに
旅行に関しては「控えめに」。


こんなこと言われなくても
危機意識の高い人はやってるだろうし

聞き入れない人は
無視して勝手な行動を続けると思う。



ほんとうに。。



確かに月末は「きりがいい」。

感染の度合いとか・・
論理的な判断はないんだろうか。

正確な科学的データがないから
みんなが頑張れば早く終わる!などと
根拠のない精神論ばかり言えるのかな。

ウイルスってそういうものじゃないのでは?

途中で経過が良ければ
中止判断もありと言ってたけど
どのラインを超えたら、とか
具体的な数字は一切出さない。

場あたり的な判断ばかりで
不安になりますね。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




IMG_20200427_230721

すっかり忘れてましたが
固定資産税の減免期間が終わり
今回の納税書は
3割ほどアップした金額になっていました。

アップしたというか
減免が終わっただけなので
通常の金額に戻っただけですが・・・

お先真っ暗な無職おばさんには
追い打ちのように感じてしまう。


支払いは4期にわかれていて
直近の期限は6/1。

夫からは
「半分払って欲しい」
と打診されてましたが・・・

離婚成立後、自宅は
夫の単独名義にするつもりだし
住宅ローンの負担は今年の11月までの約束。

別居中だし
固定資産税まで支払う義務は
ないように思えますが
まだ共有名義なので
出るところに出たら支払い義務が発生しそう。


夫もその辺がわかっているのか
それほど強くは言ってきませんでしたが
一切負担しない、というのは
受け入れてくれない様子。
(LINEでのやり取りなので微妙な感情の機微はわかりませんが・・)

とりあえず直近の1期分は
1万円だけ負担するから、と粘って
しぶしぶ話がまとまりました。
(お金ができたらもっと払ってね、という余韻を残されたけど)


お金があれば
ポーンと折半してしまいたい所ですが
来月から収入ゼロになる予定なので
プライドよりも貯蓄を守る方が大切。


5月は自動車税もあるし
個人年金の年イチ払いもある。。


お金が出ていくばかりで
ため息な日々です。



参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




IMG_20200316_231112

今月の夫婦の収入です。

別居中ですが
夫の収入はネットで口座を確認できるので
住宅ローンの引落しと一緒に確認してます。

夫の業種は
休業要請の対象ではないので
通常通り営業しています。

が、

やはりコロナの影響で
予定していたリフォームを中止される
お客さんもちらほらでてきて・・

今月の現場はとても少ないようです。

まあコロナ前も厳しかったので
ジリ貧に変わりありませんが・・。


もちろんコロナ対応の
融資の申し込みは
先月のうちに済ませましたが

実際に入金されるのは
6月末になりそう。

政府の対応に批判は多いですが

本当に遅すぎる。

持続化給付金のほうも
申請するつもりですが
窓口に相談に行くとすると2ヶ月待ちとか。

後進国か?と思うぐらい
何もかも遅いです。

オンラインですんなりすめば良いですが
用意する書類も多く
煩雑な手続きなので時間がかかりそう。

それまで会社が持つかどうか。。。


夫の給料は20万円。

住宅ローン148000円のうち
40000円は私の負担です。


私のライター収入は

約80000円。

定期連載2本の報酬ですが、
この仕事は今月で打切りになりました。


クラウドソーシングの副業は

6000円。

書いてて情けない。

案件が少ない上に
仕事がなくなったライターが殺到してるので
そもそも受注ができません。

それだけ
仕事にあぶれた人が多いのでしょう。


新しい仕事の
とっかかりさえ見つけられず

5月からは完全無職です。


10万円の給付を本気でアテにしてますが
いつ届くかわからないし。
(世帯単位で給付されるので不安でしたが
夫からは届いたらちゃんと渡すから、と言われたので
世帯分離の手続きなどはしてません)


コロナ禍で新しい仕事を探すのは
難しいし、感染リスクが怖いですが
ずっと無職でいると
少ない貯蓄が目減りしてしまう。

緊急事態宣言が6月上旬までとして
7月ぐらいに感染が大幅に減少していたら
ダブルワークをして
減った貯蓄を戻したいです。

あと数か月後の
世の中の経済状況が心配。

想像もつかない不況で
どこにも働き口がなかったら??
と思うと不安になりますね。。



参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




IMG_20200316_230746

新型コロナウイルスで
なくなる職業を予測した
アメリカ発の番組を見ました。


危険水域にある職業は

・予約サイト
・航空会社
・エンターテイメント
・クルーズとカジノ
・ホテル


これらの頭文字をとって
BEACHと言われてるのだそう。

この業界関連の株の時価総額は
およそ38兆円の下落。

中身を見ると
人生に求める「楽しい事」を
凝縮させたものばかりですが
コロナ禍が完全に終息するまで
人々の気持ちは楽しい事や
感染リスクの高い行動に向かないとの予想です。


予約サイトは日本で言うと
楽天トラベルやじゃらんなどですが
この状況でアクセスする人は少ないですよね。

ANAやJALも大幅減便で苦境です。
(こちらは国の援助があるはずなので
破綻はさせないと思いますが)

クルーズなども
ダイヤモンドプリンセスの件で
恐怖のイメージが付いてるだろうし
ホテル・旅館業界は
半分近くに淘汰されるんじゃないだろうか。


他に私が考える
コロナで消えていく仕事は

・エステやネイルサロン・鍼灸など
・フィットネス
・イベント業
・教師や家庭教師


なども厳しいと思ってます。


人との接触距離が
コロナ後の常識では大きく変わるので
人に直に接する仕事は難しくなるでしょう。

そしてあらゆる事に
デジタル化、オンライン化がすすみ
リアルに教壇に立つ人は
優秀なひと握りの教師だけでよくなります。


人々の判断基準が
密集してるか、感染リスクがないか
が大きな基準になってくると
そぐわない場所にある職業は
自然に消えていく事になりますね。

ブライダル産業も
WEBブライダルなどになっていくのかも。

外出が減るので
オシャレな服の需要も減って
アパレル業の売上も落ちるでしょう。


反対にコロナ後に伸びる業種は
低リスクな状態に適した職種。

自宅生活を充実させる
家電・家具・内装、
物流、デリバリー、
オンライン塾、
パソコン関連、
ゲーム・アニメ業界
などでしょうか。

(飲食店に関しては現状かなり厳しく
半分ほどに淘汰されるかもしれませんが
なくなる事はないと考えてます)


医療や介護業界のように
需要増なのに人手不足な業種は
今後も求人が激増するでしょう。


コロナ禍が数年つづけば
新しい常識や社会ルールが構築されて
今までにはなかった職業が
出てくるかもしれませんね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




↑このページのトップヘ