卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。現在別居中です。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

2020年12月

photo-1483737946376-7c6c89443adb


毎年、大晦日は
独居の母のいる実家に行くのが
習慣になっていましたが
(というか習慣にさせられてた)


今年はこんな状況だし
明らかに行かない方が良いはず。

一人でのんびりと
お蕎麦でも茹でて過ごそうと
思ってましたが、、、


母からLINEで
高圧的なメッセージが。


「今年も来るんだろうね?」
「◯◯(夫)は最近全然顔を出さないじゃないか」
「もう生協でお節頼んだんだから」
「アタシ1人で食べきれるわけないだろ」
「近所の人に手土産忘れずに来い」



えええ

全然いつも通りなんだ。。


「いや、今は感染も拡大してるし」
「私が行って万が一感染したりしたら大変でしょ」
「今年は行かない方がいいと思う」



「お前、コロナを理由にめんどくさがってるだけだろ」
「普段は心配なんかしないくせに」
「年末ぐらい親に感謝して挨拶しようと思わないのか?」
「とにかくもうお節買っちゃったんだよ!」
「早めに来て食事して帰ればいいだけなんだから」



だめだ・・・

これは絶対諦めないパターン。


もしもの事があって
入院でもされたら
世話しなきゃいけないのはこっちなのに。


そういう事を
どう丁寧に説明しても
理解してくれる母ではありません。


それに、今回は異常に
夫を連れてくる事にこだわっています。


我々夫婦の関係がどうなってるのか
探りたい気持ちもあるのでしょうが

私が想像している理由は・・


いつも夫が持参していく
ポチ袋。



見栄っ張りの夫はいつも
私の実家に行く時に
いくらか包んで置いていくのが常でした。


たぶんそれをアテにして
連れてくるように言ってるんだと思います。


でも夫との再同居の話は
まだ結論が出せてないし
今は実家に同行なんて頼みたくない。


何を言っても母は納得してくれないので
とりあえず、明日の状況や
お互いの体調の様子を見て、といって
LINEを終わらせましたが


行きたくないな。


まあ、帰省といっても
車で1時間と少しなので
感染状況はあまり変わらない地域ですが

一緒に食事とか
いろんな意味でしたくない。


明日、どうやって断るか
考えてますが
妙案が思いつきません。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1542267207-f8127b454605

今日は久しぶりに
友人に会ってきました。


年末のデパートは混んでいますが
書店のフロアにある
地味目のカフェは
今後の存続が心配になるほどガラガラ。


でもコロナの時期には
この人気の無さが安心感に繋がります。


仕事関係の人や
夫以外の人間と話すのは
かなり久しぶりです。


運ばれてきた紅茶や
ケーキを前にして
二人とも遠慮しあって
なかなかマスクを取りませんでしたが

やがて「お茶が冷めるよね」と
どちらからともなくマスクをとって
ようやく飲み物に手をつけられました。


ちょっと気にしすぎ?
かもしれませんが
感染が拡大してる中で
やはり緊張感を忘れてはいけないのだと思います。


時間は長くても
二時間、と決めていました。


本当に久しぶりに
趣味の漫画や映画、本の話から
お互いにしか通じないような
黒いジョークまで
話し出すと止まらなくなり

あっという間に時間が過ぎて

「ああ、こういう会話に飢えてたんだ」

とはっきり実感。


わりと独りを好むタイプだと
自分では思ってますが

誰かと会話を共有できて
熱く語れる時間は
やっぱり必要なんですね。。


友人と別れて
帰宅するころには
しゃべり疲れ?のような状態になり

しばらくぐったりしてしまいましたが

嫌な疲労感ではなく
心にたまっていた澱みが
少し流されたようなスッキリ感。


次にいつまた
こういう機会がもてるか
わかりませんが

今日は思いきって
人に会う事にして良かったのだと思います。


仕事のこと、
お金のこと、
夫婦のこと、

いろいろ悩みはあるけど

まだまだ人生は続いていくのだから

時には人と積極的に交流しながら

メンタルのバランスもとっていきたいですね。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1560439635-566eb81ac821

年末ですが
世の中と隔絶された感じの一年だったので
あまり年末感がありません。


今年はスーパーも大晦日~3日まで
お休みしたりするお店も多く
本当に静かな年末年始になりそうですね。


さて今月も
社員食堂のパートのお給料をいただきました。


ーーーーーー

時給1100円(昼)
時給1200円(夜)


昼の部に7日出勤
夜の部に8日出勤
(うちダブルシフト2日)


1100円×42時間=46200円
1200円×36時間=43200円

89400円


※通勤手当や税金は割愛してます


ーーーーー

12万前後をキープしていた給料も
シフト制限の打撃を確実に受けて
ついに10万円を切ってしまいました。。。



来年になっても、シフトが戻る可能性は
今のところありません。


仕事に慣れてきたし
夜の部のほうは雰囲気がいいので
居心地も良くなってきたんですが

目指す収入が得られなければ
見切りをつけて
他を探すしかないですよね。


緊急事態宣言の後に
すぐ見つかった仕事なので
本当にありがたく
時間的にも生活に合っているので
できれば辞めたくなかったなあ。


しかしこれから先、
コロナ不況が進んでいけば
更にシフトが減るどころか
工場自体が消滅して
社食もなくなる可能性もあります。


とりあえず年始のシフトは
入る事にしましたが
お休み中の一週間の間に
身の振り方を考えておかねば。


安定剤をきっちり飲むようにしたら
寝起きの動悸は収まり
逆にいくらでも眠れるようになって
過眠気味なこの頃です。


いっそのことクマのように
春まで冬眠してしまいたい。


明日は数か月ぶりに
友人に会います。

こんな時に誰かに会うなんて
少し前だったら考えもしなかったけど

なんというかもう、
精神的に発狂しそう?


1~2時間でも
普段は会わない人間と話せば
少しは気分が上向くでしょうか。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


winter-1246197_1280



立憲民主党の議員さん(53)、
都内の会合に出席したのち
体調不良で救急搬送すると
帰らぬ人に。。

なんでも数日前から
体調を崩していて
PCR検査受ける予定だったらしいですね。


まあ…
罹患してたかはともかく
そこまで体調悪いなら
欠席したら良かったのにと
思ってしまうけど。。

まだ若いし
無理がきくと思われたのかもしれませんね。

ご冥福をお祈りします。


しかしコロナの勢いはすごいですね。

完全に収束するまで
かからず逃げきれる自信はありません。


ワクチンにしても
日本が一番遅く始まるようだし
冬が終わるのと
拡大が広がるのと
追いかけっこな状態。


私は東京にいるせいか
なんとなく諦めモードというか

かかってからの事を
考えようとしてます。


思えば2年前のインフルエンザでも
半年ぐらいは後遺症?のような
怠さや息切れが残ったしなあ。


今は療養や治療費は
国費で賄われてますが
あまりにも患者が増加したら
カバーされないケースも出てくるのかしら?


症状や予後も心配ですが
医療費の負担も心配です。


少し前から
養命酒飲み始めたけど
そんな簡単に免疫あがりませんよね💦


いつか罹患するのは仕方ないとして
風邪のひどいやつぐらいで
済ませられたら良いなあ~。。


社食パートも冬休み。


なるべく家にこもって
リスクを抑えつつ
メンタルと体調の維持に努めます。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1476522183715-d1a7af59419f





あまりの扱いの悪さに
ついに見切りをつけて辞めた
配送センターのパート。


未払いの給料は土曜1日分だけだったので
会社に連絡をして
振込をお願いしてみましたが・・

案の定というか
聞き入れられず
手渡しでしか払わない、と言われました。


「お給料は結構ですからやめさせてください」

「そんな事言って労基に駆け込むつもりだろう」


なんて、
穏やかじゃないやり取りもあったので
直接取りにいくのは
本当に気がすすみません。。


社員さんと顔を合わせて
またなじられたりしたら
トラウマの上塗りになりそう。


でも1日分、6時間とはいえ
キツイ作業の報酬をもらわないのは
理不尽なことですし

ここは少し厚かましくなってでも
堂々と受け取りたいと思います。



取りに行ったのは
社員の人が事務所に少なくなる
昼休憩の時間帯。


さいわい、私と言い争った社員は
その場におらず
比較的穏やか(というか無関心)な
女性事務員だけが事務所にいました。


おずおずと
「お給料を取りにきたんですけど・・」

と言うと

「ああ、、、どこだっけな?」

「あった。これだけですよね」



と、薄っぺらい茶封筒を
渡してくれました。


素早く中身を確認して
右手に準備していた受領印を押し

「お世話になりました」


と一例して
後ろも見ずに事務所を後に。


完全に敷地外に出るまでは
あの男性社員に会うのではと
心臓がどきどきしていましたが
無事に門を出て
雑踏の中を歩き出すと

心底、解放された気持ちになりました。



これで
この配送センターに来ることは
二度とないでしょう。


良い記憶など1つもありませんが
なぜか清々しい気持ちです。


以前の自分だったら
最後の給料は諦めて
そのまま連絡を取らずにいたと思います。

年齢を重ねて
少しだけ図太くなれたのかな?


さて、
来年は良い仕事に巡り遭えるように
祈りながら、甘い物でも買って帰ろう。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ