卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

2021年03月

photo-1594955332421-2033cfd867b4


社員食堂のパート、
今日は元々いる工場の方に出勤です。


本来は平日に2日のみのシフトですが
今日は工場の視察があって
バンケットホールに宴会が入ったので
臨時で3時間だけ出ます。


宴会と言ってもコロナ禍なので
以前のような大皿料理のビュッフェ形式ではなく
お弁当を人数分用意するだけ。

調理師さん達は
仕事が少なくて楽になるそうですが

テーブルを等間隔に離して
アクリル板を設置したり
消毒液や検温を促すスタッフが必要になるので
普段は裏方のパート達のほうが
忙しくなります。


パートさんの人数は
リストラとシフト減による自主退職で
今や、4分の1ぐらい。


こうなると派閥もクソもなくなり
比較的、和気あいあいとした雰囲気で
以前よりも仕事がしやすくなりました。


まあ、そのかわり
新しく派遣された遠方の工場の社食では
四面楚歌の村八分状態ですがね。。。


臨時出勤ですが
残念ながら時給は変わらず
(以前は100円増えてた)
給与面でのうまみはありませんが

調理師さん達が
かなり余分にお弁当を作ってくれたので
パートさんや社員の人が
全員2~3個ずつ持ち帰れるという
特典?がありました。


こういう時、
食べ物関係の職場はいいなあ~と思います。


帰宅して
中身を器に入れ替えておけば
そのまま夫の夕食に出せて楽チン。


夫はこういう
「職場からもらってきたもの」
とかをあまり有り難がらないというか
余りものでしょ?
というタイプなので
何も言わずに食卓に出すのが一番。


やや揚物が多いですが
味は結構いけるので
別居してる時も散々助けられました。



次の職探しも
また食べ物関係を狙っていこうかなあ。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1516822003754-cca485356ecb




五輪メダリスト福原愛さん(32)とリオデジャネイロ五輪卓球台湾代表だった江さん(32)夫婦に、モラハラや不倫疑惑が報道されています。


第一報は『夫からのモラハラ』だったので
やはり国際結婚は難しい事もあるのねと思いましたが
(もちろん全ての国際結婚がそうではありませんが、文化の違いは生じてきそう)

福原さんの不倫疑惑報道によって
印象がだいぶ変わってきましたね。


義母から
「あなたは我が家の金のなる木」
と言われたとか
義姉がプライベートを勝手に投稿して
福原さんを喰い物にしているような
話もあったりして

夫の家族総勢でモラハラされてる、
というような感じだったんでしょうか。


同じ卓球というスポーツで繋がり
爽やかイケメンの江さんとは
いかにもお似合いのカップルに見えましたが・・

人はわかりませんね。


そして幼少期の
『泣き虫愛ちゃん』から
日本国民に見守られてきた福原さんも
意外に強くしたたかに成長されているのかもしれません。


不倫相手とされているのは
大手広告代理店のエリートサラリーマン
(まあ、大体そう書くでしょうが)
だそうで
江さんに負けず劣らずイケメンだとか。


それにしても

なぜみんな離婚しないうちに
次の相手と交際を始めてしまうのか。。


不倫になってしまうと
離婚の際に不利に働くだろうし
下手したら慰謝料などを求められるケースも
あると思うんですが

国民的スターは
そんな事関係なしで
自分の気持ちを優先させるんですかねえ。


まあ、他人の事なので
余計な邪推にしかなりませんが


夫からモラハラ→不倫

なのか

不倫したことによって→モラハラ受けた

なのか、どっちだったんだろう??



台湾に限らず
日本以外の国の男性と結婚すると

・基本的に夫婦のお財布は別
・家族間が日本人には考えられないぐらい親密
・結婚してもママ>自分


という文化の違いに
行きあたる人が多いそうです。


金持ち喧嘩せず、
なパターンもあるとは思いますが
女性側に経済力がある場合は
人間性が合わなければ
さっさと離婚という結論を出すケースが
多いのかもしれませんね。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




ずっと悩まされていた
歯肉炎と歯根の炎症。

抗菌薬を2種類飲んで
いまは小康状態です。


しかし、いつまた
炎症が再燃するかわからないので
今まで以上に口腔ケアを
しっかりやっていこうと誓いました。


まあ、私の場合は
10年以内に失いそうな歯が
3本ほどあるので
どんなにケアを頑張っても
いずれ抜歯は避けられないと思いますが・・

そうなると
保険診療の入れ歯を選ばないかぎり
インプラントや
自由診療の入れ歯(ノンクラスプデンチャー)、
その他テレスコープ義歯など
いずれも15~50万ぐらいの
高額な治療費が必要になってきます。


それぞれ治療費だけでなく
継続したケアも必要になるし
(特にインプラントは)
永続的にお金がかかりつづけて
歯のためにローンを組む人もいるらしい。


なるべくそのタイミングを
遅らせるために
現在は毎食後の歯磨きとデンタルフロス、
そして新たに・・

IMG_20210303_153219_003
乳酸菌タブレットを導入。

ラクレッシュプロという
歯科医専売商品ですが
普通にAmazonで買えました




ラクレッシュpro
90粒入り(30日分)


L8020と名付けられた乳酸菌が
虫歯菌や歯周病菌を抑制するそうで
これを歯磨き後や
就寝前にゆっくり舐めるだけ。

もちろん使用されてる甘味料は
キシリトールなど
虫歯の原因にならない配合です。


すぐに効果が見えるわけではなさそうなので
半年ぐらい続けて
様子を見てみます。


歯磨きの徹底と
3ヶ月おきのクリーニングで
数年前にくらべたら
歯茎の状態はだいぶ改善しましたが
あちこちに爆弾(膿の袋?)を
抱えてるので
油断できない。


歯周病は症状が出てなくとも
8割の人が持っているらしいので
早めにケアしてくのに越した事がありません。


夜にまったく歯を磨かなくても
虫歯にならない夫を
憎らしく羨ましく思ってましたが
歯周病にかからないとは限らないので
夫にも歯磨き&乳酸菌タブレット習慣を
つけてほしいなあ。。


言ってもなかなか
聞いてくれませんが。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1440335680360-79703e7032f9


今月の夫婦の収入です。


夫の会社はまあまあ仕事があり
休みなくフル稼働で働いています。


まあ、社員をすべて解雇してから
パートのスタッフさん(70代女性)が
週に一度電話番と清掃で来る以外は
夫がすべて1人でやるしかないので
休みが取れる状態ではありません。


大きなリフォーム現場が
先週ようやく終わりましたが
来週からはいよいよ新築工事が始まるので
息つく暇も無し。


おかげで再同居しても
夫はほとんど家にいないので
自由に作業ができて私としては都合がいいです。


コロナが建築関係に
それほど影響しなかったのが
救いとしか言いようがないですが
まだまだ本当の不況がやってくるのは
これから、という感じですよね・・。

中小企業向けの融資や給付金など
申請できるものは全てして
今のうちに備えておきたいです。


夫の給料は変わらず20万円。
(額面はもっと多いですが、会社の負債返済に充ててます)


住宅ローン148000円
夫が108000円、私が40000円を負担します。



私の収入は


ーーーー

社食パート93500円
定期連載1本30000円
クラウドの在宅ワーク22000円
別サイトのネット収入12000円

ーーーー

合計で 157500円


別居をやめて
アパートの家賃がなくなるので
貯金の切り崩しは減りますが

まだまだ厳しい収入です。


3月は団信の支払いで
十数万飛ぶし
固定資産税や車の税金など
出ていくばかりで
一向に貯蓄にまわせない状態。


生活を維持しつつ
貯蓄もしていくとなると
夫婦で40~50万ぐらいの
安定収入が必要なんですよね。。


一度高コストな生活を始めてしまうと
回し続けていくのが本当に大変。


せめて住宅ローンが
あと5万ぐらい低ければねえ。。



何を言っても今更ですが
奇跡的に自宅を
こちらの言い値で売却できたり
しない限りは
頑張ってこの生活を維持するために
馬車馬のように働くしかありません。


体力もなく身体の弱い私は
よりたくさん働けるように
健康でいるための努力を
人一倍していく必要があります。


春先も秋と同じぐらい
体調を崩しやすいので
慎重に乗り切っていかなくては。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1531413496675-fb7f363c2c45




『日本一長く服役した男』61年もの間、刑務所にいた囚人の最後。

というドキュメンタリーを
再放送で見ました。


21才で強盗殺人の罪で服役、
何度も仮釈放申請を行うも
受け入れ先がなく
先送りで棄却されているうちに
61年の月日が流れていたそうです。


通常なら無期懲役でも
20年ほどで仮釈放になるケースが多いですが
おそらく天涯孤独の身の上か
親類に見放されてしまって
引き受けてくれる人がいなかったんでしょうね。


それが80才を過ぎてから
突然の出所。


福祉施設で受け入れてもらいますが、、

生涯のほとんどを刑務所で暮らしてきた人が
急に社会で暮らし始めるのは
かなり厳しいものがあったようです。


寝る時間も食べる時間も
労働や風呂など生活すべてを
人に指示されるのが当たり前だったのだから。。


戸惑う男性は
徐々に施設の職員とぶつかる事も増えて
体調を崩していきます。


そうして身体も精神もどんどん弱り
出所して1年であっけなく亡くなってしまう。
(最後の方に「刑務所に戻りたい)と言ってたのが印象的でした)


急な環境の変化は
若くてもついていけない人もいるのに
あの年齢では非常に負担だったのではないかしら。


犯した罪は消えないし
自業自得と言えばそれまでですが
最近は囚人の高齢化が著しく
刑務所が一種の老人ホームのような
役割を果たしてきつつあります。


60才過ぎた囚人が
社会に戻ったとしても
まともに仕事をして社会復帰できる事なんてなさそう。

生活保護を受給しながら
ひっそりと暮らしていくしか
生きる選択肢がないのでは。


中には受給が叶わず
仕事にもありつけず
刑務所に戻るために
万引きなどの再犯を繰り返す人もいるとか。


『罪を償う』ってなんなんでしょーね。


法治国家である以上、
罪を犯したら収監されて
懲役刑もしくは極刑によって
償うルールになっていますが・・

長い懲役にかかる膨大なコストを思うと
果たしてそれが最良の策なのか
疑問に感じる事もあります。


自由を制限して反省を促して
黙々と刑務作業をさせて
それがどれくら
再犯防止につながってるんだろうか。



殺人とか重罪は別ですが
万引きなどの軽微な犯罪を犯した
囚人1人に対して
年間3~400万円のコストを投じるのは
やっぱり割に合ってない気がするんですよね。。


現在アラフォーの私が
60才、70才になる頃も
同じシステムが続いてるのかなあ。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ