卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

2021年09月


<【PMS】40才過ぎてからのピル服用ってどうなんでしょう?>

photo-1515202913167-d9a698095ebf

不調ばかりの人生なので
何かと医療機関にかかることが
多いですが


私の2大苦手な医療機関は

歯科医院と

婦人科。


まあ、歯医者さんが
好きな人は少ないでしょうが

婦人科も足繁く通いたい場所では
ないですよね。。



それでも、

ここ最近の頭痛・耳の不調・不眠・動悸もろもろ、
自律神経やホルモンバランスの
乱れからきてそうな症状に
きつさを感じるので

重い腰をあげて
評判の良さそうな婦人科を探しました。


もちろん、「婦人科」
だけやってる病院は少ないので
「産婦人科」になりますが

自宅から通えそうな場所に
比較的「婦人科」寄りの産婦人科を発見。
(これは口コミを読みこまないとわからないんですよね。行ってみたら妊婦専門っぽいと診てもらいづらいので、予め公式サイトやグーグルレビューなどをよく確認しておきます)



ついでに市から補助金の出る
子宮頸がん検診も受ける事にして

主にPMS(月経前症候群)について
相談をしてきました。


予想していた通りそこの医師は
漢方薬と低用量ピルの説明をしてくれて

「どうするか検討してみてください」

と冊子を渡され、帰宅。
(30代?とおぼしき男性医師でしたが、触診も説明も丁寧で印象が良かったです)



ピルの副作用リスクについては
以前に何度も調べた事があるので
知ってはいますが・・

40才を過ぎると
リスクが上がるので
推奨していない医師も
いるんですよね。


20~30代のうちから服用していて
40代も継続、という形なら
問題が少ないようですが

この年齢になってからの服用は
更年期や閉経がわかりづらくなったり
いろいろと不都合もあるみたいです。
(PMSと更年期障害の治療方法は異なるようなので)


悩ましい。。


ただでさえ
未知の薬を飲むことにビビるタイプなので
よくよく納得してからじゃないと
始める決心がつきません。


でももし
服用することによって
今まで散々なやまされていた不定愁訴が
軽減されるとしたら
かなり生活環境が楽になりそう。

今はひどい時は
1ヶ月のうち3日ぐらいしか
好調な日がなかったりするので・・。



女性の身体は出産や年齢によって
変化が激しいので
男の人よりも体調の揺らぎに悩まされますよね。
(個人差があるのだろうけど)


子供のころのように
布団に入ったら3分で寝つき
朝までぐっすり眠って
目覚めたら快調!
みたいな身体に戻りたい。


慎重に検討した上で
もう一度医師とよく話をして
決めたいと思います。


ほんと、医者通いばかりの日々(;´Д`)


人並みの健康が欲しいです。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<【悲報?朗報?】厚生年金→基礎年金に財源振り分け>

photo-1537099605592-8e7ccefcb0ff

◆Twitterより


IMG_20210910_235825

ついにこうなったか。。


厚生年金を払っている
主にサラリーマンの方には悲報。
(ちなみに夫は自営業ですが株式会社のため給与払いでサラリーマンと同じ形態、毎月厚生年金を納めてます)


国民年金(基礎年金)が
目減りしていくのはわかってましたが
まさかの厚生年金からの分配とは・・(;´Д`)


ほんと、高い年金を払ってるのが
バカらしくなってきそうです。


一方で、国民年金のみ加入の人は
将来もらえる年金が補填されて朗報ですね。



泥棒とまでは言わないけど・・

年金は国から強制徴収される
老後の備えのはずで
税金とは違うからなあ。。


基礎年金のみで
生活が厳しい人には
別の財源を考えてみたらどうでしょう?


高額の年金を受け取る人に
「もらいすぎ」なんて声もありますが
元々そういう制度だったわけなので
当然の権利なんですよね。

それに、この分配によって
苦しい思いをするのは
頑張って働いて
人より少し高い厚生年金を
納めてきた人達。

年金をアテにして
貯蓄できなかった人も
いるかもしれないし

老後の計画が大幅に狂う人が
多数出てきそうです。


(それにしても、年金の運用益はどこにいったのだろう?改革して利益が上がっていたはずですが)


年金制度自体は
破綻しないだろうけど

2~30年後には
個人個人の資産所得を把握して
貧困に陥りそうな人は
総合的な社会保障で助けるような
システムが必要になる気がします。


現状の日本だと
個人の努力で老後資金を準備するのは
限界があるしねえ・・。


何がどうなるかわからないので
唯一信じられる「健康への投資」を続けて

毎日ちょっとでも
楽しく暮らすしかないですね。


泣いても笑っても
人生はつづいていく。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<大学病院でMRI検査をすすめられたけど断った>

photo-1581595220921-eec2071e5159

昨日は数日ぶりにお風呂に入って
人間に戻れましたが

油断するとまた
ゾンビに逆戻りしそう。


明け方に寝て
3時間ほどで起床。


大学病院の耳鼻科の予約に
間に合いました。


前回のCTの結果は
『異常な所見なし』。


ホッとする反面、
謎の耳の痛みと
シュッという音の原因は不明のままです。


医師に


「あとこちらでできる事はMRIかな」
「少し先になるけど予約、取りますね」


と言われて

2つの意味で躊躇しました。


1つは純粋にMRI検査が苦手で
パニックを起こしやすいこと


もう1つは
検査費用が高いこと

(この前のCTも1万円超えたから・・・)



「あの、、もしMRIしても原因わからない事もあるんですよね?」


「ありますね」
「というか、かぴさんが疑ってらっしゃる耳管開放症はMRIじゃわかりません」
「仮に他の検査で特定できたとしても、特に治療もできませんし」
「まあ万が一、重大な疾患があったらという可能性を消去するためですね」



うーーーん(-_-)


過去にこういう場面が
何度もありました。


自分も医師も
「おそらくストレスやメンタル系だろう」
と思っていても

万に一つの懸念を失くすために
あらゆる検査をして調べる。
(最初から精神的な原因を疑う医師より誠実だと思いますが)


今までに幾度繰り返してきただろう。


「私、MRI検査が苦手で・・」
「前にパニックを起こした事があって」
「それでも検査した方がいいでしょうか?」



「あ、閉所ダメな人?」
「そう~・・まあどうしてもってわけじゃないけど」
「無理にとは言えないのでやめときますか」



「はい」
「今は症状がないし、少し様子を見てもいいですか?」



「まあ、ね。検査はお金かかるしね」
「いいですよ。また何か気になったら来てください」



というわけで
MRI検査はしない事にしましたが

医師の最後の「お金かかるしね」を聞いて
貧乏を見透かされた気持ちに。。
(気にしすぎ)



もちろん私だって
疑わしい事は徹底的に調べたいですが
こういう不定愁訴が頻発する体質で
その度に大掛かりな検査を受けてると
お金はもちろん、
身体・精神的にも疲れてしまう。


CTと違って
MRIは時間かかるし
苦痛を感じやすいですしね・・。


のちのち重大な病気が見つかって
「あの時検査しておけば」
と思う事があるかもしれませんが

そんな事を言ってたら
年中あちこち検査しなきゃならなくなるし

心配のあまり
自分で病気を作り出してしまいそう。




私が行く大学病院は
通院の期間が3ヶ月あくと
紹介状ある無しにかかわらず
初診料5000円をとられることに
なったようなので
(コロナ前はもっとゆるかったのに)

3ヶ月以内にまた耳に異変を感じたら
検査を受けようと思います。


お金ないってつらい。


子供のころ、近所に住んでいた
1人暮らしのおばあさんが
柴犬を飼っていたので
たまに遊びに行っていたのですが

そのおばあさんは身体が悪かったらしく
いつも「あそこが痛い」「ここがしんどい」
と口にしていました。


幼い私はストレートに

「なんで病院に行かないの?」

と無邪気に言ってしまいましたが


今思えばあのおばあさん、
お金がなかったんだろうなあ。



足が悪いので
バスや電車が無理となると
病院までタクシー。

誰か訪ねてきてる気配もなかったから
頼れる人もいなそうでした。


年金をもらっていたのか
いなかったのか・・
(年金制度が開始されたのは1961年から?でしたっけ。思ったより昔じゃないんですよね)
わからないけど


あの時は
お金を惜しんで病院に行かない
という事に考えが及びませんでしたが

今ならあのおばあさんの気持ちが
よくわかります。


行って色々な検査をしたからって
原因が特定できて
治療できるとも限らず

ただただ時間と労力と
お金が減っていく場合も
往々にしてありますよね。



自費の歯科治療に
大金を投じてる癖に、
と思われそうですが

結果が見えず
次から次へと出てくる症状に
終わりなき診察と検査をするのって
いろいろ削られるんですよね・・。
(歯科医と高額な歯科治療も大きなストレス要因の1つですが)


健康でいたいし
お金に悩まない生活をして
ストレスもなくせたら
どんなにいいだろうと思うけど


現状を受け入れて
自分なりの判断をしていくしか
ないんですよね。



今週は通院ウイーク。


明日は初めて受診する
産婦人科に行って
子宮頸がんの検査&PMSの相談です。


婦人科も苦手で
若い頃からなかなか足が向きませんでしたが

最近の不調は目に余るので
少しでも軽減できる方法がないか
探ってみようと思います。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ



━─━─━─━─



━─━─━─━─


<面接があるので無理矢理お風呂入りました>

photo-1507652313519-d4e9174996dd




結局つぎの日も入れなくて
真剣にヤバいかもと思いましたが


オンライン面接がね、
一日に2件同時にありまして


画面越しとはいえ
髪がぺたっとしたら
わかるかもしれないじゃないですか?
(かも、ではなく絶対わかると思う)


1件は知人からの紹介だし
これはまずいというので

圧倒的なだるさを感じつつも、
ずるずると湯沸しボタンを押して

思考停止したまま風呂場に行き
機械的に湯船に自分を沈めました。



あまり長くはいると
ますます怠くなりそうなので

ひたすら髪にシャワーをあて、
洗面器に少量のお湯をいれて
シャンプーを薄めた物をかぶり
トリートメントは省略です。


お風呂から出ると
さっぱりしたというより
ドッと疲れた感じがして
しばらく動けず。。


1時間後ぐらいに
どうにかドライヤーで髪を乾かし

面接の時間までに
着替えてパソコンの前に
座る事ができました。



面接はどちらも30分程度で
会話している間は
ハキハキ話せるから不思議です。
(終わった瞬間に床に倒れこみますが)


どちらも自分的には
卒なくこなしたつもりですが

結果はあまり期待しないようにしよう。


出版関係は狭き門で
そうそう採用されるものではなく

ましてやブランクありまくりの
アラフォーを採るには
強い理由が必要だと思います。


強い理由
私には、多分ないなあ。。



入稿は比較的早いほうでしたが
正確性には欠けるし
「自分色」みたいな個性も
特別あるわけではありません。


それ以前に

今は風呂に入るのもやっとという

ミミズ以下の状態。。


よく「自信を持たないとうまくいかない」
「根拠がなくても自分を肯定しろ」
と言われたけど


こんな状態で自信が持てるとしたら
それはそれで何かの病気なのでは?
( -д-)




面接の結果は
来週中には出ると思うので
後は待つだけ。


その間に採用率の高そうな
パートの求人を探さないと。


そして真人間に戻るべく
不調から脱しないと。



明日は大学病院の耳鼻科に
CTの結果を聞きにいきます。


ただいま午前2:40。


病院の予約は10:00だから、、

うまく眠れたら
3~4時間の睡眠がとれるかも。


睡眠の質を良くする漢方薬を飲んで
横になってみます。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<今月の夫婦の収入 (2021年8月)>

photo-1604594849809-dfedbc827105

オリパラ終了、と思ったら
菅首相の辞任表明で
政府の関心は
「時期首相は誰に??」に集中。


苦境にあえぐ国民の事は
眼中にない雰囲気ですね。


建設業である夫の業種は
それほどコロナの影響を受けなかったように
見えますが

ウッドショック
(米での新築需要高まりを受けて木材の値段が急激に高騰)
のせいで材料の調達が難しくなり
ちょっとした小工事も遅れが出てます。


普通のベニヤ板の値段が
4~5倍になってますからね。


大手などはそれを見越して
数か月前から材木を買い占めてしまうため、
中小の事業者は材料を求めて
一般の人も利用するカインズホームなどまで
足を運んでいます。


まあ、考える事はみな一緒なので
カインズやホームセンターの棚は
すでにガラガラ。

懇意にしてる問屋に泣きついて
更に高い値段でも
泣く泣く購入するしかありません。


そんな状況なので
お客さんに見積もりを出すと
「高すぎる!」
と文句を言われてしまいますが
それでも仕事をとれるように
頑張るしかないんですよね。。


コロナの影響を
まったく受けていない業種など
ないんじゃないかなあ。


経済は循環してるので
どこかが不況になれば
必ず順を追って余波がくるはずです。


果たして夫の会社が冬を越せるのか
暗雲に飲みこまれそうな毎日。



夫の給料は変わらず20万円。
(額面はもっと多いですが、会社の借入負債の返済に充ててます)

住宅ローン148000円
夫が108000円、私が40000円を負担してます。



私の収入は

ーーーーー

社食パート26400円
定期連載1本20000円(取材費込)
クラウドの在宅ワーク32000円
別サイトのネット収入4600円
夫の会社の手伝い15000円

ーーーーー

合計で 98000円



自分的には
クラウドのライティングを
頑張ったつもりでしたが

やはり低単価だと
まとまった額にするのは厳しいですね。。


夫の会社の仕事を
手伝った件




で日当をもらいましたが
身内から出てるお金は
あまり「収入」というカウントに入らない気がしてます。


社食パートは週一で
ほとんどアテにならないし

他の仕事を探して
収入を上げたい。


今月中にはなんとか
安定収入を見込める仕事を
決めてしまいたいですね。


今週はオンラインの面接が
2件あるので
今から予行演習しておきます。


でもコロナ以降は
人と会話する事がぐっと減ったので
急に初見の人と話をするだけでも
妙な緊張感が。。


それに夜型がしみついて
午前中はゾンビ状態というか
(面接はどちらも午前中なのです・・)
著しく頭の回転が鈍いので
質問にきちんと答えられるか心配です。


夜に始業する出版社とか
あればいいのに。
(絶対ないけど)



不安ばかり膨らませても
緊張が増す一方なので

せめて感じ良く、
好印象を与えられるような話し方を
意識してのぞもう。


来月の収入報告で
「仕事が決まりました」
と書けると良いのですが・・。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─

↑このページのトップヘ