卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

2022年07月


<新型コロナ療養記録⑥~隔離タクシーで移送。ホテル療養持ち物リスト~>


→療養記 ////


症状が出てから6日目の7/11。


熱はほとんどなく
36℃台に落ち着いてきたし
喉の痛みも劇的に改善。


こんなに急激に快方に向かうなんて
今まで経験してきた
風邪やインフルエンザとは
だいぶ印象が違うんですよね。

何かの力が働いてるとしか思えない。

これが
ワクチン効果??



9時ぐらいにベッドから這い出して
東京都のホテル療養の経験談を
ネットで漁りながら
来るべき時に備えます。


昨日の電話の感じだと
数日後とかになりそうだなあ・・。


もう6日目だし
残り2日とか1日だけ入っても
あまり意味ない気もしますが

夫からの圧を感じるので
早く自宅をあけ渡さないと(-_-)



11:00、スマホが鳴り
出てみると


「かぴさんですね、こちら東京都療養調整ですが」
「本日の入所が決まりましたので」
「14:00にタクシーがご自宅までお迎えにあがります」



えっ(゚ω゚;)


今日??


ていうか3時間後??(*_*)


こんなに突然なのか~。


急いでキャリーケースを出してきて
(仕事でたまに出張取材があるので半分ぐらいの旅支度はできてますが)
必要な物を確認。


ええと、、
今日からということは
何事もなければ4泊の予定。


下着や着替え、
動きやすいルームウエア、
ルームスリッパ(重宝しました)
など入れて

都のサイトにあった
「療養に必要なもの」を確認。


・保険証(悪化して医療施設に移送された時用?)
・体温計(私が行ったホテルでは貸出ありでした)
・バスタオル(ホテルに用意がありましたが、日数分持っていけば良かったです涙。理由は後述します)
・雨具(退所日が雨天の場合に備えて)
・服用している薬を多めに持参
・帰りの交通費(救急車と同じく帰りは自力です。もちろん財布を持っていきました)



ここまでが基本の持ち物。
(荷物の量に制限はありませんが「自力で運べる量」とのこと)


後は基本的には自由ですが
ダメなのが

・酒類、タバコ
・刃物等危険物
・瓶や缶はホテルで処分できないので不可
・パルスオキシメーターの正確な計測のためネイルはオフ


入所後に
友人や家族からの差し入れでも
上記の物は不可。


しかし本人が入所する時は
スタッフさんとの接触を避けるため
荷物検査などは行いません。

なので任意というか
自己責任ですね。


私が行ったホテルは
全室禁煙で部屋の外にも出れないので
喫煙者はつらそう。

まあ仕方ないのでしょうが。


ここからは
個人的に必要そうな物を
持参したリストです。

・マグカップとお皿
(100均のどうでもいいやつ。レンジで私物の食料をチンする時に重宝。現地には紙コップのみ)
・フォークとスプーン
(去年からずっと歯のどこかを治療中なので弁当についていた割箸だけではきつかった。とても重宝)
・自宅に居る時使うヘアバンドや髪留め
・PCとタブレット
(万が一Wi-Fiが利用できない場合に備えて、オフラインでも退屈しないようAmazonプライムから映画や海外ドラマをダウンロード済)
・本は1冊だけ
(動画やテレビ、映画などずっと見てると目が疲れるので意外に役立ちました)
・サランラップ(使用せず)
・シャンプーや基礎化粧品など
・日持ちのするパン、のど飴、カップ春雨、カップ麺、ウィダーインゼリー、インスタント味噌汁、レトルト粥、乾燥炊き込みご飯
(食べ物は持参して本当に良かった。ずっと似たようなお弁当が続くのはきびしい)


幸い宿泊したホテルはWi-Fiが非常に速く助かりましたが、ホテルによってはイマイチな所もあったりセキュリティ面など不安な方はモバイルルーターを持参されると良いです。


時間もなく
持てる量にも限界があるので
不安ながらもパッキング終了。


どうせ外出しないので
外用の服は持っていかず
着ていった服で帰る事に。

かわりに肌触りの良いTシャツや
気に入ってるフェイスタオル、
香りの良いバスソルトなど
できるだけ快適に過ごせそうなアイテムを
詰め込みます。


毎日牛乳やヨーグルト、
チーズなどの乳製品を食べるけど
しばらくはお預けかあ(-_-)


ばたばたと準備してるうちに
着信があり、14:00きっかりに
迎えが到着。


基本的に運転手さんとは
電話で話をして
荷物の積み下ろしは
自分でやります。
(運転手さんはコロナ初期の頃にテレビで見たような防護服は着てませんでした)

DSC_3051
タクシーの中です。

運転席と後部座席は
きっちりとビニールシートで仕切られ
何やら筒のような物が
にょきっと出てる。。


手をあててみると
冷たい風が出ていたので
冷房でした。
(苦肉の策なのだろうけど、あまり涼しくなくて汗ばむ車内。冷房があるだけマシと思うことに)


そして行先が
新宿のホテルだと知り、
相乗りの療養者が
途中で乗ることが判明。


まだ東京の感染者は数千人で
爆発的な増加の一歩手前の時期。

それでも
療養者が増えているのねえ・・
と思ったら


目と鼻の先の近所で停車。


大学生とおぼしき若者が
乗り込んできました。
(一戸建てだったから実家で、彼だけ感染したのかな?ウチは近所付き合いをほとんどしないので、全く顔見知りではないですが)


東京郊外、こんな住宅地にも
感染者が出てるんだなあ、、

って自分もそうですが(-_-)



車は首都高に乗り
あっという間に新宿に到着。


普段も映画を観たり
買い物したり
ちょくちょく来ている場所なので
不思議な気持ちです。


ホテル前は物々しい雰囲気で
同じような移送タクシーが
続々とエントランス前に到着。


まあしばらく
骨休めと思ってのんびりしよう



なんて思っていた
私の甘い予想を覆す
驚愕の世界が待っているのでした。。



続きます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<新型コロナ療養記録⑤~電話が繋がらない!ホテル療養施設に申し込む~>

photo-1585435557343-3b092031a831

→療養記 ///


夫のPCR検査で
ようやく陰性が判明。


自分の体調も
そこそこ落ち着いてきたので
療養施設について調べると・・


2通りの施設があるようでした。


①東京都がホテルを借り上げて
運営しているホテル療養施設
(ホテル一覧は都のサイトに載ってますが、指定できません)

②近くの市にある
臨時の感染拡大時用療養施設



それぞれのサイトを見ると
②の方が気軽?な感じだったので
(基本は自室で療養だが共有エリア(フィットネスやテレワーク用個室・自販機)などを自由に利用できる)
最初に連絡をしてみました。


こちらは24時間対応で
数コールですぐにつながり
内容を聞いてみたんですが・・


・個室といっても間仕切りなので上はあいてる
・物音など筒抜け
・空調は全体管理で調整きかない
・シャワー室は共有


など、
「あまり女性向けじゃないですよ・・」とのこと。


なるほど(-_-)


たぶん簡易的な造りなので
最初から無症状で元気な男性など
多少プライベートがなくても
療養できる人が対象のようです。


自室に缶詰じゃないのは良さそうですが
どうも私には向かなそうなので
ホテル療養の方に連絡してみることに。


こちらは代表番号が1つ、
受付が9:00~16:00までという
お役所的な感じです。


そしてそして、
まっっっったくつながる気配無し。



電話すると音楽が流れ
すぐに「ただいま混雑しているので・・」
とガイダンスが流れます。


しかもフリーダイヤルでない上に

呼び出し中も
料金がかかるという鬼仕様(;´Д`)



ワタシの携帯料金は
ケチケチプランなので
通話は5分のみ無料。


なので、繋がる前に
5分経ちそうになると一回切り、
またかけ直すという作業を
何十回も繰り返しました。


これって、、どうなの??


今どき、自宅に固定電話などなく
スマホのみで暮らしてる人も
多いとおもうんですが

通話はLINEで済ませてる若者とか
無料通話ゼロプランの人は
どれくらいお金がかかるか
ハラハラしながら
繋がるのを待つしかないってこと?


なんだかねえ。。(-_-)


もうあと20分ほどで
受付時間が終了するところで

突然電話が繋がりました。


スピーカーにしていたので
(ずっと耳にあててると他の事できないし)
あわてて通常の通話に切り替え、
ホテル療養したい旨を伝えると・・


まずは詳細な症状の確認。


いつ発症して
どの病院で陽性診断を受けて
(発生届けが出ていない(届いていない)場合は療養施設に入れないようです)
どういう症状の変化を経て
現在はどれくらい治まっているのか
(やはり基本的には「超軽症」の人を前提に受け入れてる感じ)
など15分ほど聞き取り。


症状によっては保健師による確認が必要だそうで、
入所不可になる場合もあるそう。

処方された薬や
普段から常用してる薬についても
細かく聞かれるので
すぐ答えられるよう薬手帳など準備しておくと良いです。
(現在の体温や、その場でパルスオキシメーターで計った数値も求められます)


とにかく、どれくらい軽快しているかや
喫煙歴・過去の病歴なども聞かれるので
無事に入所できるように
妙にハキハキと
元気よく答えてしまいました。
(私は心療内科に通院してるので、特に微に入り細に入り聞かれました(;・∀・)安全を期すためなのだろうけど、「部屋の窓はあかないけど大丈夫か?」「施設内のルールに従えるか」などの質問はメンタル的に不安定になったりヤバい奴かどうかの確認だったのかな💦)


それから、ホテル療養に関する注意点の説明があります。
(一度入所したら解除の日まで一切外に出られないとか、具体的にいつ入所できるかは当日にならないとわからないとか、外部からの差し入れについてとか、症状が悪化したら医療施設に移送になったり、退所が延びたりするとか)


こちらもいくつか質問。

・配給される食事は必ず3食とらないといけないのか
(自宅で仕事してる時は基本的に2食だし、SNSなどで見た療養中の弁当がこってりしていたので)
・毎朝7:00に行われるセルフ検温や酸素濃度の測定ができなかった場合は?
(稀にみる寝起きの悪さ&超夜型なので)


これに関しては、あまりはっきりした回答は得られなかったんですが「なるべく食べた方がいい」「7:00の測定は生存確認でもあるのでアプリから送信がない場合は部屋に防護服のスタッフが入室してくる場合もある」とのこと。


なるほど。


とにかく、入所の申し込みはできたけど
何日に入れるかは不明なのね(-_-)


夫に伝えると

「え~~、それじゃあこっちも困るんだけど」
「もう毎日ホテル探すのもしんどいし」
「今日いるところ、明日も連泊にしとくわ」



う。


本当に夫には迷惑かけてるけど
自分ではどうすることもできない。



夫はア◯ホテルに懲りて
もう少し良さげなビジホに移ったんですが
1泊7000円。


仮にこのまま
ずっと療養施設に入れなかったら
7000円×5日で35000円?

間に週末料金がはいったら
もっと高くなるかも??


どうにか早く入所できることを
祈るのみです(。-人-。) 


しかし、いざ入所すると
想像を超えた世界が待っているのを
この時はまだ知らなかったのでした・・


続きます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<新型コロナ療養記録④~自宅?ホテル療養?明暗をわけた決断~>


→療養記 //


症状が出てから5日目の7/10。


朝の体温は36.5℃。

そして昼も
36℃台に落ち着いてきました。


のどはまだ腫れて
ゼリーや液体しか摂取できませんが
ヤマは越えたかな?という気配。


絶え間なく痰が出て
それを吐き出すために
洗面所へ行くのが億劫。


あまり頻繁に
うがい薬を使うのは
かえって喉が荒れるかなあと思い
水かぬるま湯でひたすらうがいをしていました。


この日は朝から
郵便物が多い日でしたが
インターホンで

「玄関の脇に置いてください」

というだけの事が
とてもしんどい
(本当に声がかすれて出なかったんです)


お昼をまわったころに
スマホに着信。


うちさぽ東京から
荷物が届きました。


もちろん非接触で受け取るので
玄関脇に置いてもらいましたが

段ボール3箱、
かなり重い(;´Д`)


いや、ものすごくありがたいですよ。


無料でこんなにたくさん
届けてくれるなんて
税金払ってて良かったと
思いましたが、、

フラフラの状態で
家の中に入れるのも一苦労。

22-07-23-01-45-11-566_deco
大きい2箱が食料品で
小さい箱は2リットルの水が6本。

上下水道が発達した日本で
お水まで配布してくれるなんて
ずいぶん親切ですね。

我が家は浄水器を使ってるので
お水を買う事がめったにないので
なんだか申し訳ない気持ち。

IMG_20220722_014040_840
食料品は実にさまざまで
カップ麺が4つ
さとうのご飯的なパックが8つ
レトルトカレー4つ
親子丼、お粥(白粥・梅)6つ
インスタント雑炊2つ
インスタント春雨スープ4つ
カロリーメイト2箱
(久しぶりに見た!)
シーチキンライト4缶
料亭の味・即席味噌汁6つ
ビスケット2袋
クッキー2箱
ゼリー飲料6つ
みかんゼリー6つ
お茶1箱
グリーンダカラ2リットルが2本
アイスコーヒー2本
トマトジュース2本

という内訳。


東京都が全部同じなのか、
地域やタイミングによって
中身が変わるのかわかりませんが

自宅に何も備蓄がなくても
10日ぐらいなら何とか生きていけそう。


正直、ビスケットやクッキーなどの
嗜好品は年配者向けというか・・
もう少し一般的なメーカーだと嬉しいですが
予算の中で配分した結果なのでしょう。


私が個人的に助かったのは

・ゼリー飲料
・カップ麺
・春雨スープ
・みかんゼリー
(結構イイやつ)

でした。


もう少し早い段階で頼んでいたら
お粥も役だったと思います。


体調によって
食べられる物はかなり変わるので
なかなかサポートも難しいと思いますが
弱ってる人も無症状の人も
食べられる物が多いので非常に助かりました。


特に春雨スープは
後に入るホテル療養に持っていって
大活躍したなあ。


温かい汁物というのは
どんな時でもホッとしますよね。

IMG_20220722_014106_517
お願いしていた
パルスオキシメーターも同封されていました。


これも、頼んでおいて良かったです。


ホテル療養所でも貸出てますが
うちさぽでお借りした物の方が
使いやすく、精度も良かったので
こちらも療養施設に持っていきました。


電池交換や初期設定は不要で
指を入れればすぐ計測され、
切り替えボタンを押すだけで
脈拍その他測れます。


私の場合は
酸素濃度は常に99以上あり
安心材料になってくれました。
(人によっては数字が出にくい場合もあるようなので、全ての指で試してみたうえで95以下などの時は医療機関や保健所に連絡すると良いと思います)



さて、夫に連絡をして
PCRの結果を聞きますが


なんと、まだメールが届かないという。。


委託病院が混雑していたとしても
いくらなんでも遅すぎるので
直接連絡してもらうと・・


「すでにメールでお伝えしてます」


と言われたらしい。


誤送信か、不着かわかりませんが
届いた、届いてないと言っても仕方ないので
結果を教えてくれと迫ると

「陰性」だそう。


症状は苦しかったけど
平熱になるまで自宅に居られたので
ここからは療養施設に行くしかないなあ。

夫は慣れないホテル生活で
不調のようだし
何より自腹なので
お金がかかってしまう。


病院から渡された
療養施設の申し込みのパンフレットと
ネットを駆使して
色々と調べたのち、

いよいよ電話をかけてみます。


ここからが
また大変だった。。


続きます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<新型コロナ療養記録③~自宅?ホテル療養?明暗をわけた決断~>

photo-1594790628624-9e563bea851d

→療養記 /

症状が出てから4日目の7/9。


昨夜は高熱とのどの痛みで
明け方まで眠れず
水を飲むのもつらい状態でした。


朝の体温は37.0。


かなり下がってきましたが
まだ油断できないし
のどの腫れや痛みは変わらず絶不調。


とりあえず夫に生存報告をしていると
スマホに保健所から
ショートメッセージが届きました。


「このメールは新型コロナウイルスに感染された方に◯◯市保健所から送信しています。発生届けの内容から改めて保健所から連絡が入る場合があります。ご自身で健康観察の上、以下のとおり療養をお願いいたします。」

「体調に不安を感じた方は以下にご相談ください。うちさぽ東京→電話番号とURL(24時間対応)。宿泊療養施設への入所を希望される方は下記まで→電話番号(9:00~16:00)。」

「療養終了の目安は発症日から10日が経過し、かつ症状軽快後72時間以上(無症状者は検査日から7日)経過していること」


ふむふむ。。

ってちょっと待って。

「発生届けの内容から改めて保健所から"連絡が入る場合がある"」

ということは
連絡が来ない場合もあるってこと??
(結果的には来なくて、この自動配信メールでおしまいでした)


この時私は
コロナ感染後の現状を
あまりよく知らなかったんですが
デルタ株の時と違い
オミクロンになってからは
全ての感染者に保健所が連絡する、
ということはなくなったようでした。


たぶん発生届けを出した医師が
重症化リスクを判断、申し送りをして
高リスクな人にのみ連絡をする方式に変わっているんですね。


そうか、、
特に持病がない人は
基本放置で自宅療養しろということね(-_-)



保健所の逼迫を考えると
それが適切だと頭ではわかるんですが
自分の体調がこれからどうなるのか
まったくわからず、
インフルのように薬もないので
やはり不安を感じます。


でもとにかく一刻も早く回復して
是が非でも
10日間で療養を終わらせなければ。



しばし考えた結果、
夫に電話をかけました。


「もしもし・・聞こえる?」

「うわ、すごい声だな」
「カッスカスじゃん」


「そう、のどがね全然ダメで・・」
「それでPCRの結果きた?」


「いや、まだ来ないんだよね~」
「とりあえず今日打ち合わせのお客さんは」
「オンラインにしてもらうことにしたけど」


「そっか」
「考えたんだけどさ」
「もう少し回復するまでは自宅にいたい」



夫、しばらく沈黙。


「療養施設に入れないの?」

「・・まだ連絡してないけど」
「けっこうしんどいから」
「普通に動けるぐらいまでは自宅で治したいんだけど」


「う~~ん」
「それだとまた今日もホテル探すのか~」


「悪いけど、そうしてほしい」


夫は渋ってましたが
どうしても自宅にいたい、と訴え続けると


「わかった・・(ためいき)」
「駐車場ありそうな安いビジホ探してみるわ」


と言ってくれました。


感染者の立場の弱さよ。。泣


これならいっそのこと
夫も陽性で自宅に戻ってもらったほうが
楽かもしれない?


でも夫に症状が出て
現場が滞ったり
重症化したりしたら
(夫は高血圧&肥満なので高リスク)
それこそ大変な事態に。


抗原検査は陰性だったし
今はホテルにいてもらうしかない。


それから私は
うちさぽ東京に連絡して
1人分の食料品とパルスオキシメーターを
送ってもらう手配。
(翌日か翌々日に玄関前から連絡がはいり、非接触で配送されます)

ここはすぐに電話が繋がり
とても丁寧にしてもらったので
ありがたく感じました。
(孤独な療養中に「どうかお大事になさってくださいね」の言葉がしみた)


実際届く食品のボリュームに
驚くんですが
それはまた後で書きます。


夕方に夫からLINE。


「隣町のア◯ホテルにきたけど、喫煙しかない上に狭くて居心地悪い」
(夫は大の嫌煙家)
「4000円だから仕方ないけど」
「で、いつ治りそう?」



う。

申し訳ない・・・

けどいつ治るかなんて
わかるわけない。



夫のイライラが伝わってきますが
この感じだと
今日明日に治る感じではないんだよな~。


ごめん、と謝りつつ
ウィダーインゼリーと
水分をとって
ひたすら安静にします。


しかし、体温が不安定なのが
妙な感じ。

38℃まで上がったと思ったら
突然36℃台の平熱まで下がったり
ほんの2時間ほどでコロコロ変わる。


そして高熱が出ても
ほとんど汗をかきません。


関節痛も多少あるけど
インフルや風邪の時ほどではなく
動こうと思えば動けます。
(熱が高い時はふらふらしますが)


これが新型コロナなのか。。


まあ人によって
症状はいろいろなのだろうけど
いつもの風邪とはちょっと違う印象。


早く治らなねばと
気持ちばかり焦りますが
夜はまた発熱。


でも39度は超えなかったので
カロナールは飲まず
熱でウイルスが死滅する場面を
イメージしつつ
明け方に眠りにつきました。



続きます。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<新型コロナ療養記録②~自宅?ホテル療養?明暗をわけた決断~>

photo-1605289982774-9a6fef564df8

微熱&のどの痛みで発熱外来へ。
陽性判定を受けた私。


しかし夫の抗原検査は陰性。


定められた療養期間は10日間。
(症状が出た7/6から起算されるので7/16まで)

この時点で7/8なので
実質あと8日間をどう過ごすか。



まあ、私が療養施設に行くか
夫が他所に泊まるか
2つに1つなわけですが・・


病院から戻って
籠城のための食材準備や
ひえぴたなど薬の確認をしたり
パート先に連絡したり
(幸い出勤したのが6日前だったので誰も濃厚接触者にはあたらないそう。迷惑かけなくて良かった)
今日中に仕上げるライティングを
ピッチを上げて書いたり・・・


しているうちに
なんだか体温が上昇。



38.2℃。


のども腫れてきて
座っていられない。



夫に体調変化をLINEすると


「じゃあ・・とりあえず今日は俺がホテル泊まるわ」


貧乏夫婦に
突然のホテル代は痛いですが

正直、そうしてくれて
すごく助かった。



この時無理に
ホテル療養を選ばなくて
本当に本当に正解でした。



後半に詳細を書きますが

ホテル療養があんなにしんどいものだとは
この時は想像もしてませんでした。




ほとんど動けなくなったので
ひたすらソファーに寝転び
時折キッチンでうがい。
(喉に痰がからんで苦しいのです)


私が感染したのは
おそらくオミクロンBA2だと思われます。


すごく不思議なんですが
39℃の高熱が出ても
喉が腫れあがって
唾を飲むのもつらくても

気管支や肺は正常。
(なので咳がほとんど出ない)


調べてみると
BA2はウイルスが喉にとどまり
呼吸器には影響しないタイプのようです。


なので、しんどいはしんどいけど
息切れしたり呼吸が苦しくならないので
未知のウイルスに感染しても
思ったほど怖さを感じませんでした。
(現在置き換わりつつあるBA5は肺で増殖するらしいので、症状が異なるかもしれませんが)


深夜に39.6℃をマーク。

これが今回の最高体温。


処方されたカロナールを飲むと
1時間ほどで38.0まで下がりました。


そういえばコロナの時は
ロキソニンやイブプロフェンは
推奨されないみたいですね。
(なぜダメなのかはこちらを参照に)


ロキソニンね~、
診察する前の日に
のどが痛くて飲んでしまったけど
コロナかどうか判明する前は
アセトアミノフェン系の
バファリンルナやラックㇽなどが
良いのだそうです。
(個人的にはパキッときかない気がしてロキソニンに頼りがちですが、感染症全般にはアセトアミノフェン系が無難みたいですね)



とにかく喉の痛みが強く
なかなか眠れない夜・・

そういえば私、
春に3回目のワクチン打ったんだよなあ


抗体できてないのかな?

それともウイルスの侵入に気がついてないとか??


脳内では

自分の体内をのんびりと泳ぐ
寝そべったまま起きない抗体達のイメージが浮かびます。


やる気を出さない抗体達が
自分の性格とリンクする。。



怠惰な主には
怠惰な抗体しか生まれないのだろうか。


どうなる??私。


③につづきます。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─

↑このページのトップヘ