photo-1604011854873-76e939ef5a5e

2月半ばぐらいに
今のアパートを退出して
自宅に引っ越す(戻る)べく
荷物の整理を始めました。


別居を開始した時は
なるべく家具・家電を買わないようにしたので
それほど大きな物はありません。


テレビを買うかは
結構悩みましたが
モニターがあればいいかなと
PCと併用できる40インチぐらいのモニターを買って
(ネットの激安価格で3000円ぐらい)
特に困る事もなく生活していました。
(アマプラやネットフリックス、YouTubeが視聴できれば良かったので)


が、ひょんな事から
知人から新しめの薄型テレビが
不要になったから使う?と提案があり
5000円ぐらい(だったと思う)で
引き取ったんですよね。

知人には新しい型だし
オークションなどで売れば
数万円で売れるよ、と
伝えましたが


「めんどくさいからすぐ処分したい」


との事。

車で引き取りに来てくれれば
タダでいいから、と言われました。


まあ、いくら要らないと言われても
無料というのは気がひけるので
心ばかりの5000円を置いて
持ち帰ってきたと記憶してます。


テレビ、あれば何となく見る事もあり
1年の別居期間を便利にしてくれましたが

これももう、不要になります。
(自宅にはテレビ大好きな夫の物が3台あるので)


一瞬、メルカリで売るとか
リサイクルショップに持ちこむとか
お金に換える事も考えましたが

元々は貰い物のような物だし
出品して取引をしたり
梱包をして発送したり
そういう作業の面倒を思うと
うんざりしてきてしまい・・


ここはどなたか
テレビを必要としてる方に
お譲りした方がさっぱりしそう。


そこで、あまり普段は使わない

ジモティーというアプリに
『テレビあげます』と
掲載しました。


有料案件には反応の悪いジモティーも
0円だと瞬く間に
50件以上のメッセージが届きます。


大多数が転売目的っぽい人で
やたらと型番や詳細な画像を求めてきたり
ガツガツした感じだったので
そういうのはパス。


他には長文で

「フィリピンにいる家族に送りたいのでぜひ自分に譲ってください」

とか

「コロナで仕事を失くしてテレビも売っちゃった学生です。ぜひ欲しいです」

とか

ご自身の境遇を書き連ねたメッセージも
散見されました。


気の毒だなーとは思わなくもないですが
結局私が譲るのを決めた人は


ごく普通そうなの4人家族のお父さんで
今までの取引評価の信頼性も高く
挨拶文も丁寧だった人。

「受け渡しはできるだけ都合を合わせます
(平日は◯時以降、休日は◯時~◯時)」
「指定の駅や公園などまで車で取りに行けます」

など、具体的な事が明記されていて
話が早そうな感じです。


メッセージの返信も早いので
サクサクと日時が決まり

受け渡し当日も
時間より前に到着されていました。


こちらも車で行って
後部座席にテレビを積んでいましたが
結構な重さがあるし
コロナなのであまり他人に近づくのも憚られ
あらかじめ、積み下ろしは手伝えないと
伝えてありました。


ごく普通の国産車で来たお父さんは
中学生ぐらいの息子さんと一緒に
ささっとテレビを自分の車に運びこみ

「わー。新しいし状態もいいですね」
「大事に使います、ありがとうございますー」

と言って
数分で受け渡し終了、
風のように去っていきました。


なんか、べたべたした感謝とか
「良い事した感」を感じる事がなく
あっさりしてすごく良かったです。



以前の自分だったら
どうにかして売ろうとして
時間や労力を使ってたと思いますが

今回の件は
断然、こうしたほうが有益だった。


私はお金があまりないし
先行きが安定してるとは言い難い状況ですが
今ある物に執着せずに
さっさと手離してしまって
身軽になっておくほうが
重要なのかもなあと思います。


ますます
物欲がなくなっていくこの頃。


『物』にこだわる夫と
さらに価値観が遠ざかってそうですが
お互い干渉せず
やっていくことができるだろうか。。


月末までには
同居ルールを決めていかねば。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─