photo-1562949173-e7fe07b7c325


今月も無事に
社員食堂のパートのお給料をいただきました。


慣れた古巣の食堂と
新しい遠方の食堂と
どちらかに出勤する日々です。


新しい方の居心地の悪さは
何度も書いてますが
これはもう諦めるしかないのかも。

排他的な職場って
どの職種にもあると思うし
運が悪かったのだと考えて
黙々と仕事するしかありません。


私の座右の銘は

「諸行無常」でしたが

最近あらたに

「他人に期待しない」

も加える事にしました。


イライラしたり
傷ついたり悲しんだり
怒りを感じたりするのって

結局は人に期待してるから
なんですよね。


最初からまわりに期待せず
自分のすべき事だけを考えて
淡々と対応していけば
精神的な疲労感は減っていくと思います。


寂しい考えかもしれませんし
良い出会いを潰す可能性もありますが
ここしばらくは
夫との再同居や
アクの強い歯科医との攻防など
メンタルを酷使する事が多かったので
なるべく無心でいたい。。



勤務地が違っても
時給は同じで
どちらも昼の部のシフトに入ってます。


ーーーー

時給1100円(昼)


(新)1100円×60時間=66000円
(旧)1100円×22時間=24200円


90200円

(通勤手当や税金は割愛してます)

ーーーー

先月より数千円少なく
厳しい収入なのは変わりません。


緊急事態宣言が解除されても
工場の様子は何も変わらず
特に勤務時間が延びるわけでも
シフトが増えるわけでもありません。


というか、古巣の工場は
ますますお客(工場の社員)が減ってきて
社食の存続自体が怪しくなってきてます。

今はデリバリーが発達してるし
食堂サービスなどなくても
みんな好きな物を外注して
会議室とかで食べれば済む話。

ウーバ―とかを
敷地内に入れるのが規約的に難しいなら
キッチンカーを日替わりで駐車場に呼べば
その方が工場的に安上がりでしょう。


コロナがいつ収束するのか
わかりませんが
工場の景気が戻るのは
かなり時間がかかりそうです。


私が工場側の財務担当だったら
社食はいち早くカットしますね。


ああでも
古巣の勤務がなくなったら
ずっと遠方の社食に通う事になって
塩対応の中で働く暗黒の日々になります。


それはイヤだなあ。。。


来月は頑張って
求人を探して面接を受けなきゃ。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─