photo-1562330743-68bbbac25eff


昨日に引き続き
根管治療のお話です。


歯科クリニックのサイトを見ると
「ジルコニア」やら「メタルボンド」やら
色々な素材が載ってますが

大まかに分けると

・セラミック
・ジルコニア
・ゴールド
・保険適用の銀歯(パラジウム合金)


という選択肢になるようです。


なぜ保険の銀歯も書いたかというと
混合診療でダメかと思っていた銀歯が
実は使う事ができるらしいのです。

歯科治療の保険・自費の区別は複雑で
私などは理解が及びませんが
希望すれば可能なのだそう。


銀歯にすれば
保険適用外の素材に比べて
10分の1以下の費用で済みますが

せっかく自費で根管治療をしたのに
適合性の良くないかぶせ物を選んだら
無意味になってしまうのでは・・・?


でもきっと
そういう選択をする人も
いらっしゃるのでしょう。

たとえ歯科医が拒んでも
根管治療だけ自費でして
転院して他で銀歯をつけてもらう、
なんて荒業もできなくはないだろうから。


しかし私はどうせやるなら
とことん再発リスクを抑えたいので
自費のかぶせ物を選ぶつもりです。


大体の物が
1本10万超え。


私の場合はブリッジのクラウンなので
3本分の費用が必要になります。


なので30~40万ぐらい??

なかなか震える金額ですね。。


最初はセラミックやジルコニア、
もしくは金属にセラミックを焼き付けた
メタルボンドなどを検討してましたが

金歯 ってどうなんでしょうね?


なんとなく
「おじいちゃん」的な印象がありますが
(昔のお金持ちが資産の1つとして入れてたイメージ)
現在も治療メニューから消えてない
と言う事は審美的な難点に勝る
利点があるのでしょうか。


よく調べてみると
セラミックは硬くても陶器なので
割れるリスクがあり
貴金属の金歯は
割れる心配はなく耐久性があり
加工しやすいので
自分の歯との適合性が良いようです。

特に「食いしばり」がある人には
貴金属の方が向いてるらしい。
(私は歯ぎしり・食いしばりともあるタイプです)

歯科医自身が入れる場合でも
奥歯なら金歯一択、という情報もあったり。。

だとすると
デメリットは
あの金キラの色だけ?


奥歯なので
普通にしてれば見えませんが
笑うと3本目がちょっと視界に入るかな~・・

コロナの今はマスクしてるので
もちろん見えませんが
いつかノーマスク生活に戻ったら
気になるだろうか?


若い頃ならいざ知らず
今は見た目よりも
いかに長く使用できるかが大事なので
今のところ金歯に気持ちが傾いてます。



ところで、外した金歯を
買い取る専門のサイトなんてあるのを
初めて知りました。

そう、合金とはいえ
貴金属なので一応売れるらしいのです。


買取専門サイトのサンプル写真の
外した金歯やブリッジを見ると

アウシュビッツでガス室に送られた
ユダヤ人達の金歯を
ゾンダーコマンドが回収してる場面を
想像してしまって
ぞわっとしますが。。。



いつの時代も
ある程度の価値がある金歯。


残念ながら治療した歯が
ダメになって抜歯になったとき
外した金歯を売って
インプラント代の足しにするとか・・笑

自分でも思うけど
ケチくさい発想の私です。




今回も長々と書いてしまいましたが
次の治療の時までには
素材を決めておかなくてはね。


そしてこの治療で失う
老後資金の一部を
どうやって補填していくか
考えなければ。。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─