photo-1527137342181-19aab11a8ee8

先日とあるサイトの
相談コーナーを読んでいたら


【結婚してから精神疾患を発症し、夫の他に好きな女性ができたと言われて4年前に離婚。現在は生活保護で暮らしていますが、周囲に病気を理解してくれる人がおらず友人にも打ち明けられず、1人暮らしで全く人に会わない生活をしています。日々、孤独に苛まれていますが「生活保護は堂々と暮らすな」という空気はこれからも変わらないのでしょうか?】


といった内容の相談が来ていました。


まあ、結局世の中には
苦労しながら嫌々働く人も多いので
働かずに暮らしている人に対しての風当たりは
今後も強くなっていくのかなあと思います。

コロナ禍で日本はどんどん貧しくなってますしね。


この相談に対して回答者は

『ネットなどで同じような境遇の人を探して励ましあったりすれば良い』

というような内容を答えていて
パッと見はあまり役に立たなそうですが
案外、的確な答えかもしれません。



相談者さんが一番つらいのは
精神疾患の症状なのか
人に会えず孤独な事なのか
生活保護に引け目を感じる事なのか
短い相談文では
本当の気持ちをはかりかねますが

孤立が深まっていくのは
あらゆる方面でよろしくなさそう。


たまにTwitterなどにあらわれる
妙にフォロワーの多い
明るい?生活保護受給者の様子を見ると
全く孤独と縁のない人も見受けられるので
(もちろんどん底で恨み節ばかりの人もいますが)
そういう人と繋がれば
もう少し前向きな気持ちになれて
良い方向に向かったりするんでしょうかね?


私はごく身近な人や
自分の人生に関係ある人に対しては
ものすごく狭量な所があると思いますが
(人としての器がお猪口サイズなので・・)

無関係の他人が
働かないで暮らそうが
得しようが損しようが
完全にどうでもいいと思うタイプです。


生活に困って
犯罪に走られたりするよりは
普通に保護の制度を利用して
何の引け目も感じず暮らせばいいと思うんですが
当事者になると
なかなかそうもいかないんですかねえ。。


役所の水際作戦で
保護を受給するにもハードルがあるようなので
この相談者さんはもしかしたら
幸運なケースかもしれないし

どこかの時点で開きなおって
理解してくれる人とだけ交流をしつつ
できる範囲で楽しく暮らした方が
精神疾患の症状も軽くなって
運良く職を得たりして保護から脱却、
なんて事も起こったりしないとも限りません。


働くのが難しい人には
最低限の生活と安心を与えた方が
最終的には他の人達の生活にも
良い影響があると思うんですが

未だに叩く人がいるのが
理解できない。。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─