<大学病院でMRI検査をすすめられたけど断った>

photo-1581595220921-eec2071e5159

昨日は数日ぶりにお風呂に入って
人間に戻れましたが

油断するとまた
ゾンビに逆戻りしそう。


明け方に寝て
3時間ほどで起床。


大学病院の耳鼻科の予約に
間に合いました。


前回のCTの結果は
『異常な所見なし』。


ホッとする反面、
謎の耳の痛みと
シュッという音の原因は不明のままです。


医師に


「あとこちらでできる事はMRIかな」
「少し先になるけど予約、取りますね」


と言われて

2つの意味で躊躇しました。


1つは純粋にMRI検査が苦手で
パニックを起こしやすいこと


もう1つは
検査費用が高いこと

(この前のCTも1万円超えたから・・・)



「あの、、もしMRIしても原因わからない事もあるんですよね?」


「ありますね」
「というか、かぴさんが疑ってらっしゃる耳管開放症はMRIじゃわかりません」
「仮に他の検査で特定できたとしても、特に治療もできませんし」
「まあ万が一、重大な疾患があったらという可能性を消去するためですね」



うーーーん(-_-)


過去にこういう場面が
何度もありました。


自分も医師も
「おそらくストレスやメンタル系だろう」
と思っていても

万に一つの懸念を失くすために
あらゆる検査をして調べる。
(最初から精神的な原因を疑う医師より誠実だと思いますが)


今までに幾度繰り返してきただろう。


「私、MRI検査が苦手で・・」
「前にパニックを起こした事があって」
「それでも検査した方がいいでしょうか?」



「あ、閉所ダメな人?」
「そう~・・まあどうしてもってわけじゃないけど」
「無理にとは言えないのでやめときますか」



「はい」
「今は症状がないし、少し様子を見てもいいですか?」



「まあ、ね。検査はお金かかるしね」
「いいですよ。また何か気になったら来てください」



というわけで
MRI検査はしない事にしましたが

医師の最後の「お金かかるしね」を聞いて
貧乏を見透かされた気持ちに。。
(気にしすぎ)



もちろん私だって
疑わしい事は徹底的に調べたいですが
こういう不定愁訴が頻発する体質で
その度に大掛かりな検査を受けてると
お金はもちろん、
身体・精神的にも疲れてしまう。


CTと違って
MRIは時間かかるし
苦痛を感じやすいですしね・・。


のちのち重大な病気が見つかって
「あの時検査しておけば」
と思う事があるかもしれませんが

そんな事を言ってたら
年中あちこち検査しなきゃならなくなるし

心配のあまり
自分で病気を作り出してしまいそう。




私が行く大学病院は
通院の期間が3ヶ月あくと
紹介状ある無しにかかわらず
初診料5000円をとられることに
なったようなので
(コロナ前はもっとゆるかったのに)

3ヶ月以内にまた耳に異変を感じたら
検査を受けようと思います。


お金ないってつらい。


子供のころ、近所に住んでいた
1人暮らしのおばあさんが
柴犬を飼っていたので
たまに遊びに行っていたのですが

そのおばあさんは身体が悪かったらしく
いつも「あそこが痛い」「ここがしんどい」
と口にしていました。


幼い私はストレートに

「なんで病院に行かないの?」

と無邪気に言ってしまいましたが


今思えばあのおばあさん、
お金がなかったんだろうなあ。



足が悪いので
バスや電車が無理となると
病院までタクシー。

誰か訪ねてきてる気配もなかったから
頼れる人もいなそうでした。


年金をもらっていたのか
いなかったのか・・
(年金制度が開始されたのは1961年から?でしたっけ。思ったより昔じゃないんですよね)
わからないけど


あの時は
お金を惜しんで病院に行かない
という事に考えが及びませんでしたが

今ならあのおばあさんの気持ちが
よくわかります。


行って色々な検査をしたからって
原因が特定できて
治療できるとも限らず

ただただ時間と労力と
お金が減っていく場合も
往々にしてありますよね。



自費の歯科治療に
大金を投じてる癖に、
と思われそうですが

結果が見えず
次から次へと出てくる症状に
終わりなき診察と検査をするのって
いろいろ削られるんですよね・・。
(歯科医と高額な歯科治療も大きなストレス要因の1つですが)


健康でいたいし
お金に悩まない生活をして
ストレスもなくせたら
どんなにいいだろうと思うけど


現状を受け入れて
自分なりの判断をしていくしか
ないんですよね。



今週は通院ウイーク。


明日は初めて受診する
産婦人科に行って
子宮頸がんの検査&PMSの相談です。


婦人科も苦手で
若い頃からなかなか足が向きませんでしたが

最近の不調は目に余るので
少しでも軽減できる方法がないか
探ってみようと思います。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ



━─━─━─━─



━─━─━─━─