<【安い物天国】日本の100均がなくなる日>

photo-1604776485611-4371f7a48cc2

◆元記事


岸田内閣がぶち上げた「新しい資本主義」。成長と分配の好循環というが、具体的にどうなるのかはわからない。長らくデフレに苦しんできた日本だが、激安価格に慣れてしまった側面もある。しかしコロナ禍のせいで食材を始めとした様々な物価が値上がりを始めている。デフレの申し子「100円均一」も同様で、輸送コストや人件費の圧迫から今後の継続が危ぶまれている。給料が上がらなくても物価の「安さ」のおかげで耐えてこれた日本は冬の時代を迎えるかもしれない。




いやもう個人的には
何年も前から「冬の時代」ですが??
(-_-)



それにしても
ここ数週間のガソリン値上げは
目を見張るものがありますねえ。。

ガソリンスタンドから
LINEで値引きのQRコードが
毎週送られてくるんですが
そもそもの値段が上がってるので
2円割引ぐらいじゃ焼け石に水。



そして輸入小麦の高騰により
日清フーズや山崎製パンなどは
冷凍パスタや蕎麦、ロイヤルブレッドや
芳醇などの食パンを
平均9%で値上げするそうです。


当然、家庭用食品だけでなく
外食チェーンも値上げを余儀なくされるだろうし
(値段は変えず量を減らす"ステルス値上げ"もありそうですが)


家計の味方だったダイソーやセリア、
キャンドゥなども
主力のはずの100円商品を減らして
300円、500円の値札を
多くつける事になってくるのでしょう。



コロナで物流が止まり
「安いアジア製品」に頼れなくなったことや
世界的な脱炭素の流れに乗り遅れて
高い化石燃料に頼るしかない日本は
スーパーベンチャー企業でも生まれない限り
ずるずると貧しい国になっていきそうです。



岸田さんに
特に悪感情はないけど

「成長と分配」は
絵に描いた餅でしかないですね。


そもそも
成長なくして分配なし
なんじゃないの?



誰がどうみても機能不全なのに
昔からの大企業が倒れそうになると
(特に元財閥系とかね)
公的資金注入で救い、

成長が見込めそうな新規ベンチャーなどは
全力で排除しようとする謎の国。



そのうち
「100円の物が売ってない100均」
になっていったら笑うけど。


━━━━━━━━━

インプラント埋めてきました。
思ったより平常心でしたが
麻酔切れるとやっぱり痛いですね。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─