<夫の病気・血管炎について>

photo-1474325543794-6ad3f55d30d9

最近ますます

「疲れた」「だるい」「よく眠れない」

が口癖の夫ですが


年明けぐらいから
身体に異変が。。


それは夫の足(太ももから足の甲まで)なんですが、全体に赤い斑点?のようなものが出現してきたのです(初期の頃は私は見てないのでわかりませんが)。


肥満ではあるものの、基本は筋肉質で頑健な夫。しかし弱点があり「お肌が超センシティブ」なんですよね。たまに蕁麻疹が出たり異常に乾燥したり、何かにかぶれたりアレルギーっぽい症状が出たり。女子か??というぐらい保湿クリームを使う人です。


夫は当初この斑点の理由を、仕事先で頼まれた草刈り作業の時に変な虫にでもかぶれたのだと思ったそうで、大量にムヒを塗りまくっていました。しかし症状はひどくなるばかり。やがて斑点が膨れてきたり、浅黒いシミのように広範囲になってきたりで明らかに様子がおかしい。


さすがに不安になったのか、普段は行けと言われてもスルーする病院に自ら行っていました。


皮膚科の医師は夫の足を見た瞬間に「これは虫刺されじゃないね」。で、即尿検査。


案の定、尿にタンパクが出ていて内臓(多分腎臓)由来の症状のようです。


その医師が言う病名は「iga血管炎」とのことですが、これって子供がなるやつですよね。遺伝や特別な原因はなく、疲労や免疫低下で起きるものらしいです。まあ、、年齢とともに疲れやすくなってるし、血圧高いのに未だに酒や食生活を改めないで肥満のままの夫なので、弱いところに不調が出ても不思議はないです。


iga血管炎は成人になってから罹患すると、予後が悪く腎臓病に移行することもあるらしいので注意が必要。


しかし注意と言ってもなあ・・(-_-)
本人は生活変えないし
(多少ビビって体力を使う作業は避けてるようですが)
医師が言う「ひたすら安静にして治して」
は難しい気がします。


腎臓を悪くするといかに大変か
話してみたりしましたが

「そうやって怖いこと言って脅せば酒やめると思ってるんでしょ」
「あーあ、かぴのせいでまたストレスたまった」


とか言って、てんで真剣に聞く気配はないです。


そう、夫は怖い事(特に病気関係)に向き合おうとしない男。



もし私だったら数日仕事を休むか
デスクワークと電話対応のみにして
治る兆しが見えるまで絶対安静にしますけどね。。


もともと身体が丈夫な人って
ギリギリまで自分の健康を過信しますよね。


何か起きてからでは遅いのに。


足の紫斑は見た目にもかなりひどく、
ちらっと見えただけでもコワイんですが

本人は痛みがある時以外は
たいして気にしていないようで
そのうち自然に治ると思ってるようです。


・・・そうなればいいけど、
もしも治らずに
腎機能が落ちてきて
何年後かに透析!なんてなったら
すごく大変な生活になってしまう。


人の身体のことを
コントロールすることはできませんから
それとなく「休みなよ」ぐらいしか言えませんが


万が一、重病にでもなられたら
一生介護するなんて
到底ムリ。。



「金の切れ目が・・」とよく言うけど
健康というのもまた縁の切れ目の理由になりそう。


私自身、不調の多い人間なので
他人のことは言えないけど
軽症のうちに生活を変えたらいいのに
と思うばかりです。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─