<【カンヌ受賞作】「PLAN75」の試写会に行ってきました>

IMG_20220601_205111_943

75歳を超えると
自らの生死を選択できる世界。


現在から
少し未来の設定だと思いますが
超高齢化がますます進んだ日本。


各地で高齢者襲撃事件など起こり
政府が打ち出した打開策として


75歳以上になったら自分で死を選択できる制度【PLAN75】が可決。


役所には申請窓口が設けられ、
公園などでも設営テントが張られて
本人が望めばいつでも申し込める世界。



そんな中、夫と死別して独りで暮らす78歳の角谷ミチ(賠償千恵子)は高齢を理由にホテル清掃の仕事を解雇される。


仕事も見つからず、住む場所も失いそうになり疲れはてたミチは【PLAN75】の申請を考え始める。


一方、市役所の申請窓口を担当するヒロム(磯村勇斗)は淡々と機械的に業務をこなす日々だが、ある日ずっと会っていなかった叔父が【PLAN75】の申請に訪れたことによって、少しずつこの制度に違和感を感じ始める。


監督・脚本は是枝監督のお弟子さんとして才能が開花しつつある早川千絵さん。今回の作品でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門を受賞。


22-06-01-20-48-12-106_deco
数日前に受賞が決まったものだから
試写会の会場前に行列ができていて
おどろきました。

マスコミ多数で
ほぼ満席だったため
2階席しか空いてなかった。。


試写会って当選しても
来ない人も多いので
ガラガラな印象でしたが
話題作や受賞作となると
皆さん足を運ぶようですね。


監督や倍賞千恵子さん、
磯村勇斗さんの舞台挨拶のあとの
撮影タイムが長く
上映開始が遅くなりましたが


112分、最後まで
食い入るように
画面から目が離せませんでした。



こういうテーマは元々興味がありましたが
いざリアリティを伴って実写化されると
重苦しいものがありますね。。


まあ、シルバー政治が続くかぎり
こんな法案が可決されることは
ないでしょうが・・


待ったなしの高齢化社会。

まるきり絵空事とは
言えないのかもしれません。


ネタバレしたくないので
はっきりは書けませんが

【PLAN75】を申請した人が
もらえる「支度金」、
いくらだと思います??


なんかもう・・
びっくりするほど少なくて(-_-)


「お国のために早く死んであげよう」
とは絶対思えない感じ。


ゼロが3つ足りませんよ~

なんて思ってしまいましたが

実際に申請する人たちは
困窮してたり
身寄りがなかったり
(子供はいても疎遠だったり)
生きる希望もないぐらい
孤独を抱えてたり
する人なんですよね・・。


思いきり身につまされたけど

「しんどくなったら合法的に死ねる」

という選択肢があるのは

個人的には反対ではないかな。


重い病気で毎日
耐えがたい痛みや苦しみがあったり
回復不能なほど
メンタルを病んでしまったりしてたら
苦しみ抜いて孤独死するよりは
自分のタイミングで
逝きたい気がします。


まあ後は
方法とか後処理とか
そういうのが気になりましたね。
(作中では婉曲に見せる感じで、はっきりとは描かれてませんが想像するに流れ作業で非人間的扱いを受ける事もありそう)


一般公開は
6/17からだそうです。

ご興味ある方はご覧ください。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─