<悪質クレーマーの件、進展ありましたが・・>

IMG_20220909_005054_644

◆前回記事


1000万円のリフォーム工事受注
 ↓
半額前払い
 ↓
途中からクレームの嵐
 ↓
工事完了後、残金の支払い拒否される
 ↓
弁護士に回収依頼



という流れだった
超悪質クレーマーの件に
進展がありました。


弁護士から連絡する、と
A氏(クレーマー)に伝えると
A氏側も弁護士に依頼したと
連絡があったんですが・・


なんと突然、
A氏から残金500万円の
入金がありました。


そして

「支払いはしたから施工不良を直せ」

と夫に直にメールが来たのです。


通常、弁護士が介入したあとは
本人同士でやり取りせず
すべて弁護士を通して交渉を行うはずですが
なんなのだろう??


よくわからないけど
長期戦の予定だった請求が
突然支払われたのは良かったです。


これは私の想像ですが
おそらく先方の弁護士が

工事代金未払いは不利になるので
払ってから工事に関しての
不備を問えばいい


と言われたのではないかなあ?


A氏の言う「施工不良」は
工事代金を踏み倒すほどの
おおごとでないのは
誰が見ても明らかだし。


でもね
お金が入ったからといって
まだ油断できません。



A氏の要求する

「施工不良を直せ」

の範囲がどこまで及ぶのか

きっちり決めないと


いつまでも
いつまでも
いつまでも永遠に


「ここを直せ」
「あっちも直せ」
「ぜんぶ直せ!」



になりかねませんからねえ(-_-)



残金は回収できましたが
引き続き弁護士をたてたまま
工事の補修箇所に関して
きっちり線引きしてもらう事にします。


当然、弁護士費用はかかるので
今回のリフォーム工事の利益は
ゼロになるかもしれませんが・・


しっかり決着をつけて
一刻も早くこの件から離れて
夫には他の仕事に集中してもらいたい。


A氏がどう出てくるか
まだわかりませんが
思っていたよりも
長期的な問題にならずに済みそうなのは
良かったです。


しかし疲れるなあ。。(;´Д`)


今後、こういうクレーマーの仕事を
受けないためには
今まで以上に見極めが必要。


何か基準を設けるか、
契約書を今まで以上にガチガチにかためて
会社に不利にならないようにしないと
大きな金額の工事を請けるのが怖いですね。


夫はすっかり
A氏がトラウマになったようで
メールが来ただけで
体調が悪くなる状態に(-_-)
(人のこと言えないけど、豆腐メンタル・・)


まあ、執拗な客だったので
気持ちはわかりますが

自営業をやっていく限り
こういう人にまた遭遇する確率は
高いと思います。


自分の目と感覚を鋭くして
サバイブしていかないと
生き残れませんよね。


早く立ち直って
前を向いてほしいですが
夫の性格的に当分は
欝々としてるのだろうなあ。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─