<風呂無し物件を好む若者急増→実際は貧乏だから風呂無しを選ぶしかない若者急増>

images

■Twitter

「風呂なし物件」若者に人気…都内で家賃3.2万円「好きなものにお金使える」


昭和の時代に建てられたお風呂が付いていない賃貸物件、いわゆる「風呂なし物件」が今、若者たちから注目されています。背景には、家賃の安さだけはない、令和の若者に“刺さる魅力”がありました。
■家賃3.2万円…「風呂あり物件」の半額
実は最近、銭湯を楽しむ若者が増え、あえて風呂が付いていない、風呂なし物件を選ぶ人も増加しているというのです。

風呂なし物件に住む 野中翔太さん(26):
「家賃も安いし、上京するなら、ここでいいかなっていうのと。元々、銭湯が好きだったので、いいんじゃないかなと」
介護の仕事をしている26歳の野中翔太さん。2年前に上京して以来、風呂なし物件で一人暮らしをしています。

練馬駅まで徒歩10分の好立地。6畳1間にキッチンが付いて、家賃は月に3万2000円。周辺の「風呂あり物件」と比べると、およそ半額です。
野中さん:「築50年とか60年になると思うんですけど。昭和レトロとか好きなので、むしろ木の感じも気に入っていて。マイナスなイメージは、特になかった」

引用元記事

<ネットの声>

同じ3.2万円で風呂つきトイレ付き広い部屋に住めた方がいいに決まってるよな


こうやって「所有しないこと」が美化されていくんでしょうね

貧困でも心が豊かであれば大丈夫!みたいなのを押し付けられている気がします。現実はもっと残酷ですよね。

お金がないから、設備のどれかを諦めないといけない現状を報道してほしい。

自分のまわりでは聞かないけど?

男ならともかく女子は風呂無し選ぶなんて無いと思う


Z世代に昭和カルチャーが流行ったり
レトロ好きが一定数いるのは
わかりますが

好き好んで風呂無し物件に住む
若者は少数派だと思います。

「家賃を抑えて好きな物にお金まわせる」
とあるけど
好きな物買えるお金あるなら
風呂付物件に住むのでは。。(-_-)

女性は特に難しいと思います。
防犯とか心配だし。


「物質主義から離脱する若者像」
みたいな記事、定期的に見かけますよね。

単に貧乏になっちゃって
欲しい物が手に入らない世代
になってしまったのを
誤魔化したい人達がいるのでしょう。


まあ、スマホとネット環境さえあれば
退屈せずに過ごせる時代なので
所有欲は減ってると思いますが
風呂無しの不便さは
望んでないんじゃないかなあ。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─