卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

母親との関係

photo-1616555229776-50f9148b9dc6




母が大手キャリアから
格安スマホに乗り換えたものの
通信状態が悪くなってしまった件。


結果から言うと

何もできず放置状態です。


一応、LINEMOやpovoの説明など
してみましたが
やはりネットで申し込み、
自分でSIM交換というのに
不安があるようで
(というかそもそもSIMを理解してない)


「そんなのよくわかんない!」
「とにかく繋がらなくて困るから変えたい!」



の一点張りで

挙句の果てには

「ソフトバンクに戻して!」

と言い出す始末。



かわりに私が申し込んであげようとしても
身分証の画像がうまく送れなかったり
カード番号を教えるのを嫌がったりで
(じゃあどうやって契約しろというのか・・)
オンライン申し込みのプランは無理そう。


すでに契約してしまった
U◯モバイルのプランも
母が言う3000円という
料金プランが見当たらず
何をどう契約してるのかよくわからない。。



去年あたりから
国民生活センターに
格安スマホを使用している
60歳以上の高齢者ユーザーからの
クレームが増加してるそうです。


「無料通話がついてないのを知らなかった」
「説明にあった料金と違う」
「留守番電話がついてない」
「使い方を聞きたいのに店舗サポートを断られた」


など、
サービス内容を理解しないまま
加入してしまったケースが多いようですね。


そもそも「格安スマホ」が
なぜ「格安」なのか
考えてみればわかりそうなものですが・・


極端な安さをアピールされると
安易に契約してしまう人も多いのでしょう。



業界側もメリットばかり打ち出して
自分に合うプランなのか
しっかり確認できないまま
契約に繋げるようなケースもあり
説明責任を怠っているような気もします。


格安スマホは
回線・品質・サービスなどを
割り切って使う物だと思うので
困った事が起きた時に
店頭に駆け込みたい人には
全く向いてませんよね。

ANNやJALに乗り慣れた人が
急にLCCを使えば戸惑うと思います。



スマホ料金を安くしろ!
という政府の施策は悪い事じゃないけど

すべての年代の人が享受できるような
シンプルでわかりやすい仕組みにするか、
「格安スマホ」がどうして安いのか
いっそのこと「苦手な人は選択しないもの」、
とアナウンスしたらどうでしょう。
(もちろん何歳であっても使いこなせる人もいるでしょうが)


「丁寧な説明を」とか言ったって
大手キャリアを含め、通信会社が乱立して
複雑怪奇な料金形態になってるのを
理解させようとするのがムリだと思う。


おそらく母はしばらく不便に耐えて
いよいよ我慢できなくなったら
また違う会社の店頭サービスを
探しにいくのでしょう。

無駄なオプションを付けられたりして
毎月の支払いは高くなるかもしれませんが
「いつでも対面で聞ける安心代」
だと思うしかないですね。。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1529088148495-2d9f231db829

そういえばここ数日
母からLINEやメールがありませんでしたが

基本的に内容は
嫌味や文句、説教ばかりなので
来ない方が平和で気にしていませんでした。


しかし昨日の0時をまわったあたりで
突然複数のLINE通知。


「スマホの接続会社をソフトバンクから◯◯モバイルに変えたら全然つながらない!」
「3Gまで使えて3000円というから契約したのにこれじゃ意味ない!」
「アンタにずっとメールしてるけど届いてる??」


なるほど。


どうやら母は
ショッピング施設か何かで
対面販売をしていた格安スマホの店員に引っかかり
安さにつられて契約してしまったようです。


◯◯モバイルは確かauのサブブランド。
(そこまで言っても一応伏字にしますが笑)


母が済む地域は
東京の隣県ではありますが
山をつぶして造成した新興住宅地で
いわば陸の孤島のような地形。

電波状況が良いとは言えません。

今までソフトバンクが
繋がっていたなら
政府の肝いりキャンペーンで販売中の
LINEMOとかにすれば
同じ回線が使えてスムーズだったのでは?


今の携帯会社やプランは複雑怪奇で
私もそこまで詳しいわけじゃありませんが、、


まあ、オンラインでしか契約できないプランは
高齢の母にとってはハードルが高いと思います。


日頃から携帯料金に不満を持っている母が
街のよく行くお店で
親切っぽく声をかけられて
「今までよりたくさん使えて安くなりますよ」
なんて言われたら
信用して契約してしまうのでしょうね。
(身内の事は全く信用してないのに)


「こんなの話が違う!」
「アンタ、何とかしてよ!」


と、LINEが続々届きましたが

契約状況がわからないと
どうすればいいのかさっぱりです。


2年縛りとかあったら
違約金がかかるのかな?


ああ、、
また面倒な事が1つ増えた。



この件が解決するまで
母は永遠に私に何とかしろと言うのでしょう。

自分が安易に犯したミスでも
尻ぬぐいはいつも私。


深夜だったし
そもそもLINEの遅延がすごいので
明日の夜にでも電話で話を聞く事にします。


自分の意志で契約したので
全面的に母の責任ではあるけど、

メリットしか言わないで
よく理解してない高齢者に
使えない可能性のある契約をさせる店員は
悪質だなと思います。



これからはどんどん
こういう事例が増えていくんでしょうね。


自分もこれから歳を取って
ネットやそれに代わる手段に疎くなったら
同じような罠にかかるんだろうか。


基本的な社会インフラは
できるかぎり
シンプルであってほしいというのが
これから年老いてく自分にとっての
切なる願いです。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1487782310695-ed8583618566




母から強要された帰省は
結局断ることができず・・


ある作戦と考えて
車で実家まで行ってきました
(帰省といっても1時間ちょいの距離なんですがね・・)


もちろん夫にはこの件は伝えず
(ややこしくなりそうなので)
1人で出向きます。


私が考えたのは

母の嗜好品を買っていって
玄関先で受け渡して
家には上がらず帰るというもの。



母はお節を購入していて
食べさせようとしてきますが
感染的な意味でも
精神的な意味でも
食事を共にするのは避けたい。


実家に到着して
チャイムをならすと

「鍵はあいてるよ!」

といつも通り言われましたが


玄関先まで出てくれるよう頼むと

面倒くさそうな母が出てきて


「寒いんだから早く入んな!」

と言われました。


良かった。一応マスクはしてる。



母は耳が若干遠くなってるので
マスク越しだと会話しづらいですが
どうにか距離を取りながら

東京は感染者も増えてるし
今日はここで挨拶だけして帰る

と伝えました。



もちろん納得するわけがなく
15分ぐらい、押し問答。

母が一歩近づくと
私が一歩後退するので


最終的には玄関からずれていって
庭の真ん中まで移動していました。


大晦日に、この親子は一体何をやっているのか・・・・。


このまま話していても
埒があかないので
縁側に持参した母の嗜好品を置き
1つ1つどこで買ったか
母のために考えて選んだことなど
説明しながら


暖かくなって感染が落ち着けば
また必ず来るから、
と念を押すと

ようやくしぶしぶと
嗜好品の入った袋を取り上げ
玄関に戻ってくれました。



いつも自分の思い通りにいかないと
感情を爆発させる母ですが
今回はさすがに
暴れたり物を投げつけたりはせず
最後は意外におとなしく
家に入っていきました。



疲れた。。



けど、コロナ禍が長く続いて
あの毒母も少しは気弱になったのかもしれませんね。


体調に変化があったり
熱が出たりしたら
すぐに連絡するように言うと
わかった、と頷いていたので
独居の寂しさが強く出ていただけかも。



帰宅して、自分のために用意していた
お蕎麦を茹でて
母に持たされたお節料理をつつきながら
「孤独のグルメスペシャル」を見ていると
ようやく年末っぽい気持ちになってきました。


今年は本当にいろいろあったけど
なんとなくやってこれたなあ。



2021年の幕開けは
明るい感じではなさそうですが
早くこの状況を脱して
世界が元通りになるといいですね。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1483737946376-7c6c89443adb


毎年、大晦日は
独居の母のいる実家に行くのが
習慣になっていましたが
(というか習慣にさせられてた)


今年はこんな状況だし
明らかに行かない方が良いはず。

一人でのんびりと
お蕎麦でも茹でて過ごそうと
思ってましたが、、、


母からLINEで
高圧的なメッセージが。


「今年も来るんだろうね?」
「◯◯(夫)は最近全然顔を出さないじゃないか」
「もう生協でお節頼んだんだから」
「アタシ1人で食べきれるわけないだろ」
「近所の人に手土産忘れずに来い」



えええ

全然いつも通りなんだ。。


「いや、今は感染も拡大してるし」
「私が行って万が一感染したりしたら大変でしょ」
「今年は行かない方がいいと思う」



「お前、コロナを理由にめんどくさがってるだけだろ」
「普段は心配なんかしないくせに」
「年末ぐらい親に感謝して挨拶しようと思わないのか?」
「とにかくもうお節買っちゃったんだよ!」
「早めに来て食事して帰ればいいだけなんだから」



だめだ・・・

これは絶対諦めないパターン。


もしもの事があって
入院でもされたら
世話しなきゃいけないのはこっちなのに。


そういう事を
どう丁寧に説明しても
理解してくれる母ではありません。


それに、今回は異常に
夫を連れてくる事にこだわっています。


我々夫婦の関係がどうなってるのか
探りたい気持ちもあるのでしょうが

私が想像している理由は・・


いつも夫が持参していく
ポチ袋。



見栄っ張りの夫はいつも
私の実家に行く時に
いくらか包んで置いていくのが常でした。


たぶんそれをアテにして
連れてくるように言ってるんだと思います。


でも夫との再同居の話は
まだ結論が出せてないし
今は実家に同行なんて頼みたくない。


何を言っても母は納得してくれないので
とりあえず、明日の状況や
お互いの体調の様子を見て、といって
LINEを終わらせましたが


行きたくないな。


まあ、帰省といっても
車で1時間と少しなので
感染状況はあまり変わらない地域ですが

一緒に食事とか
いろんな意味でしたくない。


明日、どうやって断るか
考えてますが
妙案が思いつきません。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1512101147095-d05249ea9a04

普段は事務連絡しか取らない
夫の母からLINEが送られてきました。


内容は

私の母からお歳暮が届いた

というもの。


何を驚く必要があるの?
と思われるかもしれませんが

母がお歳暮を贈るなんて
夫との結婚以来初めての事だからです。


夫の家はファミリーカンパニーゆえに
家族間の連絡は毎日のようにとりあってますが
(内容はすべて仕事関係で殺伐としてるけど)

私と母の関係は壊れ気味なので
必要がなければ連絡しません。


母と義実家の間も
特に交流はなく
誰かが亡くなった時ぐらいしか
連絡を取っていないと思います。


それが突然のお歳暮。


義母は困惑したらしく
私に連絡をしてきて

「かぴさんのお母様、何かあったの?」

と聞いてきたのでした。


お歳暮の中身は
焼海苔だったそうですが

母のことなので

余り物の処分

という可能性が高い気がします。
(前歴あり)


幸い賞味期限内の物だったようなので
あからさまに要らない物を送りつけた感じには
なりませんでしたが

突然こういう事されると
本当にひやひやする。。


親戚や知人にこういう人、
1人はいますよね。

突然何かを送ってきたり
距離感のおかしい感じで連絡してきたりする人。


母はまさにそういうタイプなので
昔から、私の友人の親御さんを
突然ミュージカルに誘ったり
(1度しか会った事ないのに)
相手を困惑させる行動を
たびたび取るので困ります。


疎遠は疎遠のままでいいから
何もしないでほしい。


義母は、お返しを送ると言ってましたが
何を送っても文句を言う人なので
トラブルにならないと良いのですが。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ