卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

社員食堂のパート

photo-1574919369977-5ecb109b5a74

相変わらず欝々とした気持ちで
社員食堂のパートに出勤してます。


同僚同士の仲もギスギスしてますが
ここの工場は、前の所に比べて
利用するお客さん達も
暗い雰囲気の人が多く

毎回のように
さまざまなクレームが入ります。


「会計が間違ってる(大抵は客側の勘違い)」
「惣菜の味が濃すぎる・薄すぎる」
「ソースがはねて服が汚れた(知らんがな)」



日々、いろんな人が
いろんな不平不満・主張をしてきますが

少し前から
狙いすましたかのように
私に対するクレームを
言ってくる客がいるんですよね・・。


営業時間中は
なるべく厨房のほうに
引っ込んでるようにしてますが

最近は副菜コーナーに立つ事もあり
トレーを持って並ぶ客に
煮物や揚物を提供するんですが

その男性客(多分5~60代の男性)は
私を見つけると列に並び
料理の皿を受け取ると


「少なすぎる」
「多すぎる」
「盛り方が雑」



と文句をつけて


食事を終えて帰る時も
わざわざ私を探し出して


「まずかった、あんなの選ぶんじゃなかった」
「食べる時には冷めてた」
「それにアンタ、いつも愛想ないよね」



などと
言いがかりのようなクレームをつけて
帰っていくので
地味に腹立たしいです。


まあ、どこにでも
こういう人種はいると思いますが
一度目をつけられてしまうと
なかなか面倒。


こちらは定型文のように

「申し訳ありません」

を繰り返すだけですが
別のターゲットを見つけるまで
ずっと言われ続けるんでしょうね。。


ここではそういった事が
日常茶飯事なので
誰かに相談しても解決しないようだし
(そもそも相談する相手もいないし)

恨みをかわない程度に
表面的に謝り続けるしかありません。


普通の飲食店と違って
社員食堂はクレーム客でも
「出禁」になる事はないそうです。

食堂を利用できるのは
工場で働く社員の「権利」でしょうしね。


だからクレーム客が多いのかも。

少々のストレスをぶつけても
注意される事がなければ
無法地帯のようになりますもんね。


秋になる前には
絶対他の職場を探そう。

こんな所にずっといても
いい事は1つもなさそう。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1580634240015-a9f56295699f

はっきりとした梅雨入り宣言を
聞いていない気がしますが
(私が聞き逃しただけでしょうか?)
この所、雨が増えて急に多湿になってきましたね。


毎年のことですが
季節の変わり目には
必ず体調を崩してます。

今回も例によって
胃が重く、どれだけ睡眠をとっても
スッキリせず常にだるさを感じる状態。


いつもの初夏不調&歯の治療による不具合

で、より一層不調を感じてます。


麻婆豆腐を食べても歯が痛むって
どういう状態??

豆腐ですよ?



痛むのは治療した歯じゃなく
何ともない自分の歯なんですが・・

片側でしか噛めない事によって
噛み合わせがおかしくなってるんでしょうか。

当分治療は続くのに
今からこんなでは先が思いやられます。


さて、そんな中でも
無事に社食パートのお給料をいただきました。

古巣の方は先月で閉鎖になったので
今月からは遠方の社食のシフト分だけになります。


ーーーー

時給1100円(昼)

(新)1100円×42時間=46200円


計46200円
(通勤手当や税金は割愛してます)

ーーーー

5月はGWもあったので
5万もいかない、わびしいお給料。。


一応こちらの社員食堂も
夜営業があるにはあるんですが

一度もお声がかかったことがないので
人手は足りているようです。


ということは、、、

来月普通に出勤しても
せいぜい6万ぐらい?
にしかならないですよね。


クラウドの書き仕事、
定期連載諸々を合わせても
10万に届かなくなってしまう。



やはり早急に
他の仕事を探した方がいいのは
わかっていますが

おそらく東京の緊急事態宣言は
6月20日あたりまで延長されるでしょうし

今、求人を探して動くのは
あまり得策ではないのかも。



ざっと近くの求人を探すと
やはり多いのは介護系。

そして、アパレルやデパ地下の惣菜販売、
カフェ、弁当調理補助、
ゴルフキャディ(このご時世に?)
物流検査、銀行のロビー案内など
検索すれば出てくるんですが・・

双方の希望条件が合致、
かつアラフォー病弱主婦を
(病弱は言わなければわかりませんが)
採用してくれるかどうか
受けてみないとわかりません。


生きるために
何でもしないとなあ
とは思いますが

前の配送センターの時のような
苦い失敗は繰り返したくないので
どうしても慎重になってしまいます。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1615127039501-bdcc95f61c63

連休が終わって
社員食堂のパートが再び始まりましたが

古巣のほうが閉鎖されたので
今は週に2日、遠方の社食に勤務してます。


この職場の排他的な雰囲気については
以前→ここ で書きましたが
状況は現在も変わっておらず

相変わらず私は
周囲から疎外されつづけ
透明人間状態です。



なので、なるべく用事を作って
唯一普通に会話ができる
調理師さんのところに行って
盛付けや下ごしらえを手伝う時間を増やしています。


社食パートの募集要項は
「レジ・配膳・食器洗浄・調理補助等」
だった気がしますが

最近の私はほぼ
「調理補助」しかしてないですね。


社食の営業時間になると
大体裏にまわって
次に使う食材を仕分けしたり
冷凍庫(4~5人入れる巨大な冷凍室)の中を
整理したりして
あまり表(食堂内)には出ていきません。


そんな風に勝手に仕事しても
誰も何も言わないので

もしかしたら、
みんな本当に私の事が見えてないのかもしれません。



・・・・
まあそんなはずないでしょうけど(;´Д`)


疎外感はつらいですが
理由もわからないし
そういう所なんだ、と思って
時給のためにひたすら時間が過ぎるのを
待つしかありません。


そのうち誰かに注意されたら
何か仕事が割り振られるのでしょうが、
とことん放置されてるのでねえ。。

こちらから言い出しても
要らないと言われるし
どうしようもないですよね。



でもよーく観察してると
私のほかにも
誰とも会話してなさそうな人が
2人ほどいます。

彼女達は決まったルーティンをこなし
(冷水機の清掃などはこの2人しかやらない)
黙々と仕事をして帰るだけ。


なので、ここでは自分の持ち場は自分で確保して
決まったら永久にそこを担当する、
みたいな制度のようです。


それならそれで、
私もいくつか作業を見つけて
何となく「担当」になっていくしかないようですね。


透明人間、上等です。


こうなったら誰とも関わらず
1人で出来る作業をして
(なるべく「仕事してる感が出る作業」を探して)
サラリーマンで言う窓際族のように
そこにいるだけで時給を稼ぐ事にしましょう。


しかし、週2日では
とても生活が賄えないので
早く土日にできそうなWワークを探さなくては。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1571162478581-ad3d0c1057ab

東京は緊急事態宣言中で
飲食店は早じまいしたり
お酒の提供をやめたりしてますが
街中の人出はあまり変わっていない気がします。

こんな状態で
どれくら感染が抑えられるんでしょうね。


さて、今月も無事に
社員食堂のパートのお給料をいただきました。


慣れた古巣の社食が閉鎖して
正直、そのまま辞めようかとも考えましたが

まだ一応遠方の社食のシフトは
入れる余地があるので
5月中は働き続けるつもりです。


世の中がこんな状態だと
求人や面接もしにくいですし
もしかしたら夏ぐらいまでは
新しい職場を見つけるのは難しいかもしれませんが・・

歯の治療などで
大金を使ってしまってるので
なるべく早めに収入を増やして
失った貯蓄を戻さないと。


気持ちは焦るばかりですが

急いては事を仕損じる。


今はコツコツとできる事をして
体力をつけつつ
(噛めないので痩せる一方ですが)
長く続けられそうな仕事に就けるように
戦略を立てなくては。


ーーーー

時給1100円(昼)

(新)1100円×59時間=64900円
(旧)1100円×20時間=22000円


86900円

(通勤手当や税金は割愛してます)

ーーーー

金額は下がる一方ですが
お給料をいただけるだけ有り難いです。


先日のNHKスペシャルだったか、
コロナ病棟の看護師さんの特集を放送していて

あんなに危険でキツイ職場なのに
給料カット、ボーナス半分なんて
酷すぎて愕然をするばかり。。

みんなコロナを恐れて病院に行かなくなり
経営が逼迫してるせいなのだそう。

他所の国のように国営病院が多ければ
コロナ病棟の確保もスムーズなのでしょうが
日本は大病院でも所詮は民間経営。

受け入れを渋るのも無理はないと思います。


経済回復のためにも
バシッと補償を出して
一気に抑えて欲しいものですが
政府にそういう気配は皆無はなく
相変わらずの「お願いベース」。


連休明けに大量に届くという
ワクチンに期待するしかないでしょうか。
(物だけ来ても打てなくて無意味になりそう)


苦境はしばらく続きそうだし

遠方の社食は居心地悪くて働きにくい。


けどそんな事言ってられませんね。


GWを挟むと
来月の手取りはもっと減ってしまうし
クラウドのライティングでもコツコツやって
小銭稼ぎをしよう。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1574696021936-0dce758d2606

社員食堂のパートを始めたのは
日本がコロナ禍に陥ってすぐの初夏。

夫と別居中&世界的な疫病騒ぎで
毎日不安に過ごしていた頃です。


あの時期に
すぐに希望の内容で働ける仕事が見つかり
幸運だったなあと今でも思う。


そりゃあ最初の頃は
派閥争いに巻き込まれそうになったり
不器用さを叱られて落ち込んだり
ツライ事もありましたが

夜の部の若い女の子達との
気楽なおしゃべりとか
昼の部で一番良く会話した
アイドルオタクのI塚さん。
(彼女とは結局一度だけお茶しただけですが)


宴会料理の残りをみんなで持ち帰ったり
レジに並んではスタッフをからかう
工場の社員さん達。


私が大好物なのを知って
メニューにない日でも
副菜のコロッケを揚げてくれて
持ち帰らせてくれた調理師さん。


みんな、個性が強くて
人柄が良い人ばかりだった気がします。


最終日は昼の営業が終わった後に
みんなで長テーブルを集めて座り、
調理師さん達が作ってくれた
特製のサンドイッチや
デコレーションしたパンケーキをいただきました。


そして、チーフマネージャーから
努力の甲斐なく閉鎖になってしまったお詫びと
今まで一緒に働いてくれた事への
感謝の言葉。


それだけで、
少しウルっときてしまいますが


帰り際にパートさん1人ずつ、
手渡してくれた小さな花束。


駅前のフラワーショップで
200円で作ってもらったやつだけどね、
と笑いながら


「これからも頑張ってくださいね」
「大変な時期だけど、お互い身体に気をつけて無事でいましょう」



と見送ってくれたので

ロッカーで着替える時は
みんな、涙声。


なくなってしまうのは
とてもとても残念だけど
感謝の気持ちでいっぱいです。


最後に、晴れやかな気持ちで
職場を後にできて良かった。


まあ、遠方の社食の方には
まだ通うわけですが

あちらでどんなに冷たくされても
もう仕事だと割りきって
次のパート先を見つけるまで
踏みとどまろうと思います。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ