卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

歯科治療

photo-1567535771119-f103152622a3

夏が来てないのに夏バテ気味で
あいかわらずの低空飛行です。

ひたすら身体がだるい。


どうやら自分の車を買いかえる事になり
大きな出費の年になりつつある2021年。

車を買いかえれば
当然、任意保険も変えるわけですが
車両保険を加えるか悩み中。
(現在は車両保険は外した契約です)

一気に保険料が
跳ね上がりますもんね。。


そして進まぬ歯科治療。


来週は、歯科衛生士さんに紹介された
Mクリニックで虫歯治療(保険診療)。

そして例の根管治療(自費)をしている
Y医院でクリーニング、別日に矯正の相談と
一週間のうちに3回も歯医者に行くことに。


急に出てきた矯正の話は
また後日詳細を書きますが
一体いつまでかかるのか、
そしていくら費用が膨らむのか
どこまでやればいいのか
私の歯科治療に終わりが見えません。


そもそも3月から始めた
根管治療の仮の歯もつけておらず
ちゃんと噛めるようになってるのか
わからないまま。

慎重な歯科医なのはわかりますが
こちらとしては
早く奥歯を使えるようにしないと
噛みにくくて食事がしんどいです。


先のことを考えると
どうしても不安にとらわれて
暗くなりがちな性分ですが

少し前から
実践し始めた事があります。


それは、
とにかく「口角を上げておくこと」。



1人でパソコンに向かって
作業してる時も
買い物に出かけてる時も
マスクの下で意識的に
口角を上げるようにしてます。


とくに楽しいわけでもなく
どちらかというと欝々とした気分の時も
物理的に口角を上げると
なんとなく、目のあたりも笑顔っぽくなるんですよね。

そうなると不思議と
暗い事を考えにくくなります。

人間の脳は
顔の表情と相反する思考を
しにくいように出来てるのかも??



いつも上機嫌で
笑顔でいられる人って
自然と周囲の人も明るい気持ちになったり

「この人といると気分が良い」
「また話したい」


と思われる事が多いそうです。


ネガティブ思考はそうそう変えられませんが
とりあえず、にっこりベースでいられたら
少しは何かが変わるかも?

という実験的な気持ちで
しばらく口角を上げていこうと思います。


笑う門に
福は来るかな?




参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1481931436684-61af4d3388c4


歯科治療の過去記事


自費の根管治療は

①根の治療2時間
②根の治療1.5時間
③根の中に支柱埋める


という治療経過をたどりましたが・・


それでも歯肉の炎症が治りきらず
(痛みや自覚はありませんでしたが、歯科医が断言)

歯根端切除という
歯茎を切って
感染源を除去する治療をしました。


怖かったけど
麻酔で治療中はほぼ無痛。

麻酔が切れた当日は
少し痛みがでましたが
もらったロキソニンを2回ほど飲めば
後は特に痛む事はなかったです。


切除の治療自体は30分ほどで済んだし
まあ良かったんですけど

治療が終わったあとに


「じゃ、明日消毒に来てください」


と、サラリと言われて呆然。


調べまくり、探し当てたこの歯科医院は遠方で
自宅からだと往復3時間ほどかかります。

そりゃあ、歯茎を切った後に
消毒が必要な可能性に思い至らなかった
私もアホなのかもしれませんが


思わず

「そういう事は切除の予約を入れた時に伝えておいてくださいよ

と強めの語気で言ってしまいました。



「あ、、、すいません」

と、
たいして気にとめてない様子の歯科医。


結局、翌日の予定を調整して
診察時間が終了するギリギリの時間に予約。


消毒は、ものの10秒で終わって
徒労感につつまれながら
電車に揺られて帰りました。
(心の中で「患者全員が近所に住んでるわけじゃねーんだよ)と叫んでいました。言葉が汚くてすいません・・)


まあ、歯科医にしてみたら
患者がどこから来ようが
予定があろうが
知ったことではありませんよね。


しかし、昨日今日始めた仕事ではないのだから
今までにも何度もそういう場面があったはず。

「翌日、消毒に来られますか」

と一言伝えるのが
そんなに難しいことですかね??


自費の根管治療を始めるにあたって
「人柄より技術」を重視しましたが

間違ってたかもしれません。


まだ治療の勝敗(無事に噛めるようになるか)
がわからないので
何とも言えませんが


確実に言えるのは

・圧倒的な説明不足
(この件以外にもいろいろある)

・著しい配慮の欠如と余計な一言

が見受けられることです。


医療を受ける時って
とことん立場が弱くなるのが患者ですよね。


ある意味命運を
にぎられてるわけですから。


おそらくこの歯科医は悪気はなく
単に気がまわらないタイプの職人気質。

これから治療を続けるにあたって
先を予測しながら
こちらから色々と聞かないと
ダメな性質の人なのだと思われます。


いちいち腹をたてて
プンスカしていたら
ストレスがたまって損をするのはこちらばかり。


面倒ですが
感情的にならず
疑問や先の予定を1つ1つ
確認していくしかないですね。


一応、まだ他の歯も
診てもらう予定があるので
微笑外交を心がけることにします。
(この先も歯科医の失言・地雷踏みの嵐が炸裂することになるんですが・・)


とにかく私が求めるのは
「結果」だけ。


自分の歯を少しでも長く使えるように
根気よく長期計画で
がんばろうと思います。
(切除後、2週間ぐらいで炎症が引いたのを確認。やったかいはあったようです)


ちなみに、消毒と抜糸はタダでした。

自費治療ってそういうもの?


いまだによくわからない
歯科の自費・保険ルール。


貧乏底辺女ですから
無い袖は振れませんが
できるところまで。。


現在の治療費合計
(大臼歯根管治療+歯根端切除とCT代など)
約18万円
(5年以内に再発した場合は返金保証あり)
(被せ物代は別途必要)




参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1566498016720-e1e61a7fc31b

自費の根管治療をはじめて以来、
歯に関連することを調べる事が増えてきました。


そのせいか、
ネットを見ると表示される広告や
関連動画などが
歯科医やインプラント、
歯の関係の物ばかりに。


先日も歯科治療について
知りたい事を検索していたら

ある動画が表示されました。




30代で入れ歯女子の
ろぺさんの動画。

彼女がモーニングルーティンとして
入れ歯を装着する姿を公開してます。


もちろん私は彼女のことを
全く存じ上げないので
なぜ30代という若さで
入れ歯になってしまったのか
すごく気になり・・・

他の動画も見てみました。




「私が入れ歯になった理由と原因①」

ろぺさんは少女時代からの
ダイエットが引き金となって
摂食障害になってしまったそうです。

①では主に摂食障害や
過食嘔吐のことなどに触れています。




「私が入れ歯になった理由と原因②」
~入れ歯になった流れ~



「私が入れ歯になった原因③」
~歯が悪くなってしまった6つの原因~


②と③が
もっとも私が興味があった回です。

虫歯になるメカニズムや
治療方法にに関しても
わかりやすく説明されていて
すごく勉強されたのだろうなーと思いました。


過食にとらわれていたろぺさんは
ご自身の虫歯の悪化をわかっていながら
なかなか歯医者に行く事ができず
どんどん悪化させてしまったそうでした。


入れ歯になるまで
悪化させてしまった要因は
1つではなく


・過食により長時間口内に食べ物がとどまる
・過食により歯や噛む力をたくさん使う
・嘔吐により胃酸で歯にダメージを与える
・歯医者が怖くて行けなかった
・過食が始まると止められず予約時間に行けなかった



など、複合的な理由により
気がついたら入れ歯という選択肢に
なってしまったのだそう。


もちろんとても後悔されていますが
その中でも私が気になったのが

「歯医者を妄信的に信じて言いなりになってしまった」

という言葉。


ろぺさんはおそらく
歯科医に対して意見したり
臆せず質問をしたりするタイプでは
なかったようなので

「抜歯しないとダメ」
「入れ歯かインプラント」


などと言われたら
鵜呑みにして治療を受けてしまったのかなと思います。


でもそののち、他の歯科医に

「まだ入れ歯にする必要はなかったよ」

と言われて
非常にショックを受けたそうですが
(そりゃあそうですよね)

現在は理解ある先生に出会えて
治療中に何度も休憩をとってくれたり
体調の良い時に通えているそうです。


ろぺさんは動画を通じて
デンタル知識を持つ事の大切さや

自分のようにならないように
早め早めに適切なケアを受けてほしいと
発信してくれています。


私も多少の過食傾向や
ダイエットの経験がありますが

もしかしたらろぺさんのように
摂食障害に陥ってしまい
つらい経験をしていた可能性もあります。


壮絶な経験をしても
勇気をもって動画を公開してくれた
ろぺさんに感謝しつつ・・

これから色々としんどい事があっても
(歯科治療以外のことでも)
がんばって前向きに生きていかないとなあ
と思いました。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1590424753656-fc25220af381


自費の根管治療・前回の記事


2時間、1.5時間と
2回に分けて治療した精密根管治療。


次回は歯の中に支柱?を立てるということで
順調だなーと思っていたんですが・・・・


支柱を立てるために
歯科医が奥歯の様子を見ると


「あれ?まだ腫れがありますね」
「これは、歯根端切除をやらないとダメかも」
「いや、やる可能性が濃厚です」


と言い出しました。


いや、、
初回の説明の時に
根管治療だけで炎症が引かない場合
他の方法を取る事もあると
ちらりと言っていた気もしますし

歯科医にとっては
珍しくない事なのかもしれませんが


私からすると、急展開(;´Д`)


ええええぇと思いつつも
麻酔を打たれて
支柱を立てる治療は終了。


「どうします?」
「ここで抜歯という選択もアリですし」
(たったいま支柱をたてたのに?)
「切除術やるならやりましょう」
「ただし、かぴさんの場合はブリッジの支歯なので」
「単体の歯より予後は厳しいです」


ここにきて、
またその場で選択するの??


「少し考えてもいいですけど。。」
「長くは放置しない方がいいですよ」



歯根端切除というのは
根管内からのアプローチでは
治らなかった場合に
歯茎を切開して外側から
病巣のある部分を切除する方法のようです。


切ったり縫ったり、となると
途端に恐怖心が出てきますが


現状の選択肢としては


①諦めて抜歯→インプラントや入れ歯
(その場合隣のブリッジも含み2本分失う事になる)
②歯根端切除を受ける
③そのまま被せ物をする



という3択になります。


うーーーーん。

病巣と炎症が残っているかぎり
③にしたらまた痛みが出て
結局抜歯になる可能性が高いですよね。

というかそれだと、根管治療前と
全く状況が変わってませんし
やった意味無し。


後はもう諦めて抜歯か
追加で3万円払って歯根端切除するか
どちらかしかありません。


仮に切除術がうまくいったとしても
予後が厳しいというなら
ブリッジをやめて
隣の歯はインプラントにしたらどうなります?


と尋ねると

「その場合は負担がかからないので予後は格段に良くなります」

とのこと。


こうなるともう
奥歯がどんな状態になるにせよ
再びブリッジをかける事はなくなり
インプラントを最低1本は入れる線が濃厚になってきました。
(40まんえん・・・・)


奥歯を諦めて抜歯を選択すれば
13~4万かかった根管治療代の半額が返金されますが。。。


もともと自分の歯(根っこだけですが)を
残すためにここに来たので
どうせ抜歯になるなら


毒を喰らわば皿まで

というか

乗りかかった船

というか

トライしてみようかと思い
数日後に治療を行います。
(怖い。いろんな意味で怖い)



まあ、ケースバイケースなんでしょうが
奥歯の場合は術野が確保しにくく
困難になるケースが多いと
調べれば調べるほどに書かれているので
残念ながら抜歯になっても
あまり気落ちしないように
今から覚悟をしておきます。



ちなみにその歯科医は
インプラントは行わないので
上手な先生を紹介すると言ってますが

「歯科医が紹介する歯科医がベスト」

って本当だと思います??


今回の治療が成功すれば
気持ち良く紹介をお願いできそうですが
上手くいかなければ。。。


初めから望みが薄い治療を
しているのだから仕方がない、
と頭では理解していても
気持ちのほうが
なかなかついていかないんですよね。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1606811918860-650ddb9f5a7c


かかりつけ医のほうで
クリーニング中に虫歯が見つかり
連休明けに治療する事になったものの

歯科衛生士から

「もうここでは治療したらダメ」

と、自分の通ってるクリニックをすすめられて
衝撃を受けつつ
困惑した私。


この歯科衛生士さんには
もう4年ぐらい担当してもらっていますが
他の人にはない積極性が感じられて
(毎回、磨き方や使う道具、歯肉炎予防、フロスの種類など細かく教えてくれた)
結構信頼していました。


彼女が担当になってから
歯に対しての自分の意識も変わり
虫歯になる頻度も激減。

最近は治療の必要がなかったので
かかりつけの先生に会うのも
奥歯の炎症(←これのために現在、自費根管治療をしてる)
の時が久しぶりだったなあ。


かかりつけの先生は
特に専門分野という物はなく
駅に近い便利な場所の歯医者さん、
という感じでいつも混んでいたんですが


去年あたりから
患者さんが減ってる気がします。


コロナのせいかなあと
思っていたんですが
そうじゃないのかも??


私はプロじゃないので
もちろん歯科医の技術の事は
わかりませんが

男性の先生お一人で
5席に座らせた患者を
次々に治療していくスタイルは
良く言えば、「手際がいい」
悪く言えば、「雑で適当な所もある」
という印象でしょうか。
(こちらから求めないと治療の説明をしてくれなかったけど、忙しそうだしそういうものかなと思っていた)


歯科衛生士さんの人数が多く
(最盛期は5人ぐらいいた)
クリーニングの患者も多かった気がしますが

去年からは衛生士さんが2人に減り、
予約がその週に取れるようになり
待合室はガラガラに。


休診日が少なく診察時間が長いので
急な痛みや詰め物が取れた時も
当日に診てくださり、
これまで何度も助けられてきましたが


休みが少ない、ということは
学会などにあまり出てない?
知識や技術が更新されてない?
可能性もあるかもしれません。




しかし、スタッフでありながら
他のクリニックをすすめる衛生士さんは
下手すると背信行為とも取られかねないので
(まあ、誰か告げ口しなければわからないだろうけど)
大丈夫なのかなあと心配になります。

患者が減れば
自分の仕事だってなくなるわけだし。。


でも衛生士さんは

「これ以上、患者さんの歯が崩れていくのを見たくないから」

と仰っていて
時折、治療の必要な患者さんに
進言しているようです。
(それならそれでもっと早く言って欲しかった、と思わなくもありませんが・・💦)


勝手なイメージで
歯科衛生士さんは
自分の働いてる所で
治療してもらってるんだと思ってましたが・・

そうじゃない事もあるんですね。


さて、こういう事態になってしまった
私の選択肢は、、


①衛生士さんの言葉を無視してかかりつけ医に治療してもらう
②現在、自費治療中の歯科医に虫歯の治療もお願いする
③衛生士さんにおすすめされたクリニックで治療してもらう



の3択になりますが

さすがに
①はないかな。。。
(かかりつけ医が完全なヤブとは思いませんが、技術が遅れてきたか、問題の多い私の歯に対応するのは難しくなってるのかも&衛生士さんの決死のアドバイスで判断)


③のクリニックをネットで調べましたが
確かに評判が良さそう。
しかし、かなり予約が取りにくく
1ヶ月以上先になる事もあるらしい。


まあ、、
とりあえず今週に自費治療の続きで通院するし
②の現在通ってる歯科医に相談する
のが順当かなと思います。
(普通に保険診療も行ってるので)


③のおすすめクリニックは
根管治療が完全に終了してから
他の歯について相談してみようかな。


何が正解かは
数年経たないとわからないけどね。
(これが歯科医選びの難しい所ですよね。治療した結果どれくらい予後が良いのかは時間が経たないとわからない)



さて、とにかく私はこの件で
近所のかかりつけ医と
自分の歯を理解してくれてる歯科衛生士を
同時に失った形?
(治療はしないけどクリーニングのみで通う、って無理ですよね)
になるなので

相性の良い歯科衛生士も
探さなくてはいけない、ということですね。


私の安住の地は何処に(;´Д`)。。



※承認制になりますが、この記事はコメント欄を開放します。同様の経験・・はないにしても、歯科医院関係で驚いた経験などお持ちの方、自由にご記入ください。(現在、ブログサービス側のバグでPCビューじゃないと書き込めないかもしれません)


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ