卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

歯科治療


<2021年歯科治療費の総額は◯◯万円でした>

photo-1553691158-91a7f9183156

自由診療歯科治療のはじまり


2021年3月から通い始め、治療沼に落ちて9ヶ月。

途中で気が滅入ってきて、歯科治療記録もしっかり書くのをやめましたが、総額の計算だけはしておきました。


◇主な治療内容

A医院(保険外)

・上大臼歯の精密根管治療(土台含む)
(+歯根端切除)
・上小臼歯の精密根管治療(土台含む)
・前歯2本の根管治療(土台含む)
・仮歯作成

(保険内)

・その他保険内治療やクリーニング
・相談・紹介状代など


計 575430円


B医院 (保険外)

・インプラント体埋入(本体のみ/被せ物別)
・CTやクリーニング

計 349780円


総額で 925210円


ははは(乾いた笑い)。


92万ちょいという結果でした。


こうして見ると
ほぼA医院で治療をしていますが
わずか3回通院のB医院の
インプラントの一撃が大きいですね。

しかもこれから被せ物(多分ジルコニア)で
15万ぐらいかかるので
インプラントは1本50~55万ぐらい
という感じでしょうか。


B医院の先生は
紹介してもらったかいがあって
オペもスムーズで痛みもなく
冷静な人柄で技術も知識も確かだったので安心感があります。
(その分相場より高めかもしれませんが・・)

幸い骨の状態も良かったので骨造成など余計な費用はかかりませんでしたが、やっぱり高いですね、インプラント。


精密根管治療だって
もちろん高額ですが
(こちらも根管治療代のみで4本の被せ物はこれから)
やはり自分の歯は根っこだけでも
残せるかぎり残した方が良さそうです。


費用の事はもう
途中で考えるのをやめて
どう補填していくのか、の方に
頭を切り替えました。


それよりもいかにストレスを感じずに
治療を続けていくかのほうが肝心でしたしね。
(A医院の歯科医とは未だに馴染みきれず)


インプラント体が骨と結合するのを
数か月間待つ関係で
他の治療もしばしお休みです。


2022年もまた同額ぐらい
費用がかかると思うので
歯科治療に費やす200万円を
どうやって補填していくかが
今後の課題ですね。


老後資金をこれ以上
失うわけにはいかないので
やれるところまでやったら

後は10年計画で補填です。


200万を10年で・・となると、1年20万円の貯蓄が必要。


どのみち今のままの収入では間に合わないので、仕事を変えるか新たに増やすかしかないですね。


治療後もマメにメンテナンスして
歯を長持ちさせることができれば
費用をかけた価値がありますが
先のことは誰にもわかりません。


どれくらいもてば
やったかいがあった、と
自分で思うだろう?

できれば死ぬまで、と思うけど
インプラント以外は
どんなにケアをしても
体力や免疫が落ちれば
65歳、70歳ぐらいで
またトラブルが起きそうな気もします。


それでも認知症や全身状態に関わってくると言われる「歯(噛む力)」。今できるだけのことをして治しておくのが、長期的には価値のある事だと考えてます。



もう40代半ばと考えるより
まだ40代半ばと考えて
自分の可能性を信じてあげないと。


そして忘れちゃいけない
医療費控除の申請(笑)

(幸い保険外治療もすべて医療費控除の対象でした)


ウチは住宅ローン控除も受けてるので
所得税の控除は満額まで使い切ってるはず。

あとは住民税をどこまで減らせるのか?という所ですね。


会社の負債返済のため
実質給料は少ない夫ですが
額面上は多いので
少しでも節税に利用しようと思います。


歯科治療費はすべて
自分の貯金から出しましたが、
夫がこの額を知ったら
嫌味を言われそう。


でも仕方ないですね。

あちこち不調を抱えてるのが
私の特徴の1つであり、私という人間を形成している要素の1つなので。


これからも付き合っていくしかないです。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<今年もクリぼっち>

photo-1468769458611-1c88091fcd94

皆様、メリークリスマス。


自粛が解けて飲食店も解禁、旅行にも行けるようになりましたが、今年は自宅でクリスマスを過ごす人の割合が多いそうです。オミクロン株の影響も少しはあるのかも?


40代半ば、同じ屋根の下でも広めの距離感をとって暮らす夫婦はそれぞれ1人でクリスマスを楽しみました。


私は自室に居たので夫がどう過ごしたのか知りませんが、、リビングから寝室に消えた気配を確認したのでキッチンへ行くと、自分で買ってきたらしいローストチキンの残骸があったので、ぼっちでも何となくクリスマスっぽい物を食べたくなるのは同じなんだなと思いました。


ちなみに私はチキンにそれほど興味がないので、スーパーで買ったちょっと豪華な洋風前菜セット(ぺらっとした生ハムとかフェタチーズとかクリームペンネとかがちょこっとずつ入ってるやつです)と1カットのショートケーキを。


お砂糖中毒の私は
スイーツさえ食べられれば8割方満足なのです。


しかし今日は今年最後の歯科治療に行ったため、前歯に鈍痛があり(翌日には消えるそうですが)気が散ってごちそうを楽しみきれなかったのが残念。糖尿病の母ではないけど、健康を損ねて美味しいものを味わえなくなるのはやはりつらいものですねえ。。それでもロキソニンで痛みを抑えて完食しましたが。(そして歯科医は相変わらず傲慢にして説明不足。クリーニングをしてもらった歯科衛生士さんに『きちんと磨けてますね』と褒められたのだけが救いでした)



夫と不仲になる前はクリスマスケーキを何週間も前から予約して、デパートやパティスリーに受け取りに行ったりしていましたが、今はそれをするお金も気力もない感じ。というかサステナブル圧力のおかげで、クリスマスケーキは予約でしか販売しなくなったお店ばかりですね。コンビニでさえ予約が必要だし。廃棄食品を極力減らすのはいいことだけど・・


こうなってくると、昭和の時代に20代後半になった女子の事を「売れ残りのクリスマスケーキ」などと揶揄していたのも完全に死語。今はもう25日の夜に売れ残りケーキを半額で売るようなこともないだろうし、「クリスマスにケーキを食べる」という習慣自体がいつまで続くのかわかりません。日本は特に、キリスト教徒が多いわけでもないのに楽しそうなイベントには迷わず飛びつく国民性なので企業は操りやすいだろうなあ。(ハロウィンもだいぶ市民権を得てきましたしね)


きたるシルバー世代ボリュームゾーンの時代には「敬老の日には高級フルーツを食べよう!」みたいな企業戦略が出てくるかもしれません。千疋屋あたりが予約でいっぱいになったりしてね。アホらしい。アホらしいけど、そういうイベントで経済はまわっているのかも。



来年か再来年か、
いつになるかわかりませんが

今よりも暮らし向きが良くなったら、せめてコンビニのケーキぐらい予約して買いたいものです。
(セブンイレブンの『かまくら』は去年は期間限定で『ミニかまくら』を販売してくれたので買えましたが、意外な美味しさだったなあ、今年は販売しないみたいで残念)


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<半分当たりで半分ハズレ>

photo-1556379069-7c1b1b8990b0

歯科医院に行ってきました。


そして

昨日の疑問を歯科医にぶつけてみました。



昨日の記事


結果から言うと


半分当たりで
半分はハズレ



みたいな感じになりました。


IMG_20211108_000026_720

レントゲン写真で私が発見した
親知らずのような物体は

本当に親知らずのようなんですが
(少なくとも「歯」だった物だそう)


やけに小さいのと
根っこが見えないのが疑問でしたが

謎が解けました。


これ、どうやら


親知らずを抜いた時に
取り損ねた歯
(もしくは意図的に残した)


らしいです。
(CTや拡大レントゲンで判明)



歯科医「よく見つけましたね」
「コレはけっこうよくある事例です」
「根っこまで抜くのは大変なので」
「炎症のある上部だけ除去する」
「今は特に問題ないですけど」
「これから年齢を重ねて免疫が落ちたりすると」
「腫れや炎症の原因になることもあります」




そうなんだ・・・・・


この親知らずを抜いたのは
以前通院していた歯科医で
ただ「抜けましたよー」
と報告されていたので

てっきり全部
なくなってると思ってましたが。。


「僕だったら根っこを残した事は患者に伝えますけどね」
「まあ、よくあります」




。。ムリだろうなとは思いつつ
これは(移植に)使える歯ですか?
と聞くと


「使えるとか使えないとか」
「そういう歯じゃないですね」
「骨に結合しちゃってるかもしれないし」


・・・ですよね(-_-)


というか

むしろ取り残したゴミ?
みたいな?



将来問題になってきそうな
リスクを発見してしまった形になりました。



今のところ何ともないので
放置しますが

諸々の治療が済んだら
この取り残しを除去するべきか
考えなくては。



もちろんずっと放置で
問題ない場合もあると思いますが

たとえば70歳とか80歳とかになって
他の持病を患った時に
痛みだしても
取り出す手術をするのが
難しくなる可能性もあるそうです。
(糖尿病や心臓病の人がインプラント手術を受けるのが難しいのと同じですね)



ああ、淡い期待をして
思わぬリスクを見つけてしまったけど


前向きに考えれば
歯科医も気づかなかった事に
自ら気がつけたのだから

40~50代のうちに
リスク回避で除去するかどうか
選択することができます。




自費の根管治療を始めて
悲しいことも
つらい思いも
悔しい思いも
たくさんしたけど
(そしてまだ現在進行形・・)


自分の歯に対して
以前とは比べものにならないほど
関心を持てたことや

治療後にできるだけ長く
良い状態を保つための
方法を調べたり相談したり
できるようになったのは
きっと良いことなのだと思います。




まだまだ治療はつづくけど
聞きたいことは臆せず何でも聞いて

自分の歯を最終的に
どういうゴールに持っていきたいのか
明確に伝え続けながら
がんばっていこうと思います。

(最近、YouTubeのおすすめ動画に現役歯医者さんやインプラント経験談、入れ歯女性、セラミック矯正した人、など「歯」関連ばかり出てくるようになってしまいました笑。若くして歯で悩む人の多さに驚きつつも、つらい体験を明るく語ってくれる人達に励まされてます)



もうすぐインプラント手術の日。


オペ自体は1時間弱だというし
気負い過ぎず
好きな音楽でも聞きながら
乗り越えよう。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<【まさかね】レントゲンに写るこの物体は・・・>

IMG_20211108_000026_720

苦手な方がいたらごめんなさい。


こんなものお見せするのは
ものすごくお恥ずかしいんですが
自分の歯のレントゲンです。


ブリッジの支歯の炎症から
自費診療を受けはじめ
驚愕の費用がかかることがわかってから

急激に自分の歯に対して
興味を持ちはじめた私。



今まで歯のレントゲンなど
自宅でじっくり見ることもありませんでしたが
(そもそもデータをもらうこともなかった)

長丁場の治療になりそうなので
今後の治療計画と
自分の歯の状態に対する理解を深めるために
歯科で撮影したパノラマレントゲン写真を
たまに見たりしています。


でね、


ふと気になったんですが


この矢印の部分は
「骨」?
それとも「歯」??



今の歯科に通い始めた当初
歯科医に
「親知らず残ってませんか?」
と聞かれて


「いいえ、全部抜きました」


と答えたんですが


よくよく思い返してみると
親知らずを抜いた記憶って
はっきりあるのは2本だけ。
(完全に真横を向いてたので大学病院で抜歯)


もしかして
まだ残ってた???




もしそうだとしたら
どれだけ自分の歯の事を
わかってないんだ

と呆れられそうですが


病気ばかりの人生、
ずーーーーっと
歯の治療よりも
他の病気の治療の
優先度を高くしてきたので

きちんと記録を取ったり
してないんですよね。。

(パニック障害諸々や2つの難病指定疾患(現在は寛解)の記録はそれはもう細かく残してあるのに)



まあ、
素人がレントゲンを見ても
判別がつくはずもないので
明日、歯科医に聞いてみますが


もし本当に親知らず的な歯が
埋まっているとしたら
インプラントを回避して
移植できるかもしれない?


と、浮足立ってしまいますが
(移植も怖いですが費用面でも身体面でも利点が大きいので)


もう半年以上通院して
何度もレントゲンを見ている
歯科医が気がつかないはずありませんよね(-_-)


歯にしては小さすぎる気がするし。


親知らずがあって喜ぶ人、
というのは今までは少数派でしたが
移植可能な事を知ると
みんな抜く前に一考すべきだなあと思います。



さて、結果はいかに。


明日、報告します。


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<クレジットカード一時増枠のタイミング>

photo-1560472355-536de3962603

ここ10年は主に
楽天のクレジットカードをメインで使用しています。


が、


フリーランス低収入、
社会的信用度の低い私は
利用限度額も低いわけで・・。



大規模な歯科治療を始めてから
保険外の治療費は
すべてカード払いにしてるんですが
(大抵のクリニックは保険は現金払い、自費はカードOKの所が多いようです)

来週のインプラントのオペで
大きい金額を決済する予定なので
増枠の必要性が出てくるんですよね。



楽天カードの一時増枠は
数年前の引っ越しの時に
一度申請したことがあるんですが
50→70に増枠してもらっても
結局途中で足りなくなり
通販で購入した家具店から
カードが使用できないと連絡があって
焦った経験があります。
(すぐに別のカードに切り替えてもらって事無きを得ましたが)



まあ、他のカードを使えば
問題はないんですが
ポイントの還元率を考えると
できれば楽天に一本化しておきたいんですよね。
(少しでも節約したい・・)



常に肝心な事を聞き忘れる私は、
インプラントの見積もり書はもらったものの

いつ、いくら払えば良いのか
確認していませんでした。


上部構造・被せもの(多分ジルコニア)も含めると
50万ぐらいの見積もりですが
これって一括払いなのかしら??


もう1つの歯科医院で
根管治療も続いているし

できれば3分割ぐらいにしてほしいなあ・・。



今回お願いする先生のクリニックは
インプラント専門なせいか
ホテルのような綺麗な内装に
モデルさん?と見まがう受付の女性。


海外でインプラント治療の研鑽を積んだという
先生も端正な容姿で王子様的な雰囲気を持ち
どこか浮世離れした感じなので
(複数の歯科医からの紹介なので技術は確かなようですが)


なんだか
お金の話をしにくい空気が
( -д-)ノ




・・・でもここは
はっきり聞いておかないと
増枠が必要かどうかもわからないし

週明けに電話で聞いてみよう。



最近はなるべく
歯のことを考えないようにしてきましたが

手術は怖いし
高額な治療費も悲しい。


老後までに今回の出費を
補填できる方法を考えてますが
ひたすら働くしかないのかな・・(-_-)


参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─

↑このページのトップヘ