卒婚・あたらしい夫婦のかたち

円満?家庭内別居を目指してたけど本当の『卒婚』にシフトしました。現在別居中です。熟年離婚した毒母との関係も難航中。。

夫のこと

112899

夫からの「やり直したい提案」を聞いて
今一度、冷静に考えるために・・




夫と離婚したい理由を見直してみました。


ざっくり言えば

・お金
・飲酒癖
・モラハラ


の3本柱のなかで

もっとも問題だったのは「お金」なんですよね。


金持ち喧嘩せず、じゃないけど
お金の問題がなければ
ここまで夫婦仲が悪化することは
なかったと思います。


考えをまとめるために

現在の夫にまつわる負債・借金を
書き出してみようと思います。


夫の負債の内訳

・会社の負債返済(月22万)
・車のローン(月約9万/残り7年)
・生命保険からの借入(月約1万/4年)
━━━━━━━━━━━━━━
・住宅ローン(月約15万/残り29年)

(会社の負債の一部と車のローンは夫の給料から天引きしてます)

総額にすると

月額47万円!

恐ろしすぎますね・・・。


どんな会社でも大抵は
資金を借りながら経営してると思いますが
夫の会社の場合は
年商に対して借り入れ額が大きすぎると思います。
(なので、毎月夫の給料から返済にまわしてる)


生命保険からの借入は
夫の入院によって生じた
会社の損害を穴埋めするために借りたお金です。

金額は少ないですが
利息がアホらしいので早く返済してしまいたいですね。


そして、皆さん気になるであろう車のローンです。


あの車のことを考えると
気分が悪くなってきますが
冷静に考えても
マンションの家賃みたいなローンはおかしいだろう。

私や義両親の大反対を押し切って買った
金食い車。

1000万を超える車両価格で
頭金ゼロですからね。

ローンを組めないと思っていたのに
なぜか審査を通ってしまったのが運の尽きです。


夫はあの車を手に入れて
嬉しそうだったし
一時的には仕事に励んでましたが
カツカツの生活になってしまっては
意味がないのではないかと思います。

できれば早いうちに
売却してほしい。。


住宅ローンに関しては
共有名義になったいる
私の負債でもありますが
どちらにしても収入に対して
多すぎる額だと思います。

ずっと売りに出してるので
うまく売却できたら負担が減って
生活は楽になるでしょう。


夫の元に戻るとしたら
これらの負債を間接的にでも
一緒にかかえていく事になるのです。


夫の態度に変化があって
今までのような性格のぶつかり合いが
なくなったとしても

借金が消えてなくなるわけではありません。


さて、どうするべきか。。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


112897


夫から長い告白を聞いて
一からやり直したいと言われ・・


いろんな気持ちが胸に去来しますが
「はい、そうしましょう」というような
簡単な話ではないんですよね。


夫がここまで自己分析して
自分を顧みることができる人間だと
わかったのは1つの収獲だとは思います。


が、


今すぐ別居を解消するのは
早計だと思うんです。


「気持ちはわかったけど」
「今は家に戻るつもりはない」
「別々に暮らしてみて、ストレスが減ったのは事実だし」
「やっと自分のペースで生活できるようになってきたし」



「それにもしかしたら・・」
「入院の影響でそんな気持ちになってるだけじゃない?」
「体がツラいと誰かに寄りかかりたくなるし」



怒って反論してくるかと思いましたが
夫は意外に冷静に聞いていて


「確かに怪我は痛いし、色々不安もあったけど」
「かぴが助けてくれたのが嬉しい気持ちの方が強かったよ」
「逆の立場だったら同じことできたかなって」
「俺は今までかぴの何を見てたのかなって」
「すごく考える時間だった」


と言って
もう一度、「ありがとう」と頭を下げてきました。


「私はまだ家に戻る気持ちにはなれない」
「とにかく、退院したばかりだから」
「今日は身体を休めなよ」



「・・わかった」
「でもまたちゃんと話そう」



怪我のせいで
真っ赤な目をした夫の顔は
やっぱり怖いですが
その表情は
ずいぶん長い間見られなかった
柔和で穏やかな表情をしていました。


とにかく、


夫は無事に退院したし
明日からまた日常に戻れます。


夫の提案に関しては
自分1人でじっくり考えたいと思います。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


112898


「家に戻ってきてくれないか?」


退院した夫を自宅に送って
言われた言葉。


どこかで予想してました。


入院中に会社で途方にくれる私のために
知り合いの社長さんに応援を頼んだり
ストレートに感謝したり謝ったり・・


今までにない夫の態度や言葉を
不気味に感じてましたが


今日直接話をしてみて
改めて「変わった」印象が強まりました。


「かぴが出て行った後・・最初は正直怒りが湧いてきた」
「俺がこんなに頑張ってるのに全く認めようとしないし」
「一方的に否定して、勝手に結論出して逃げたと思ってた」



「でも、違うんだってわかったんだ」


「仕事とか、金のこととか、うまくいかない事が多くなって・・」
「そのイライラを全部かぴにぶつけてた」
「わかってくれる、って甘えてたんだと思う」
「逃げてたのは自分だった」
「俺の酒癖とか、金遣いの荒さとか、かぴに指摘されるほど・・」
「余計なお世話だ、って突っぱねるしかなかった」
「かぴの気持ちとか、考える余裕全くなかったんだと思う」


実際はこんなに
なめらかに喋ってませんでしたが
喉の奥から声を絞りだすように
訥々と言葉をつなぐ夫。


「今更なのはわかってるし」
「信用を取り戻すのが難しいのもわかってる」
「でも俺にはかぴ以外に心から信じられる人間がいないんだよ」
「男とか女とか、そういうのより前に人間として」
「これからの人生もかぴと一緒に歩きたい」


「かぴが本気で離婚を考えてるのはわかってる」

「でも、まだ遅くはないんじゃないかな」

「俺たちは、まだやり直せるんじゃないかな」



喧嘩や言い争いをして
後で謝る時は
いつも大げさなパフォーマンスをする夫ですが
今回は、怖いぐらい淡々としていて
同じ人じゃないみたい。。


夫と暮らし始めてから起きた
あらゆる出来事が
走馬灯のように頭を巡ります。


数分のあいだ
沈黙が流れましたが
やがて私も口を開きました。


・・・続きます。



参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─



夫が突然、アパートにやってきました。


いきなりピンポンされたわけではなく、LINEで「今駐車場にいるから」と連絡がきたんですが、急なので驚きます。


こんな風に突然来たりするのは、何か悪い知らせがあるんだろうなと思い駐車場に降りていくと・・


夫から小さな箱を渡されました。


???


「相変わらず覚えてないよね」
「昨日、結婚記念日だったでしょ」


ああ、、

そうだった。


私は誕生日とか記念日とかに重きを置いてないので、いつも結婚記念日を忘れています。しかし夫はなぜか覚えていて(多分グーグルのリマインダーとかに入れてあるんだと思う)、かならずケーキを買ってくるのが習わしのようになっていました。


「もう別居してるし、離婚前提なんだからこういうのは要らないよ」



「かぴはどこまでも可愛げないよな」
「黙って受け取っておけばいいんだよ」
「仮に俺たちが別れることになったとしても・・」
「結婚した時はお互い気持ちがあったんだからさ」
「記念日ぐらい思い出してもいいだろ」




・・・・はあ。



たまにあるんですよね、夫の周期的な「感傷モード」。


夫婦仲が良かったころは一緒に浸ることもできましたが、今は「何言ってんだ?この人」という感じ。


問題は一切解決させず、ただただ感情に訴えて丸め込もうとするパターン、変わってません。


長く話すと面倒なことになりそうだったので、「そう。じゃ、遠慮なく」とケーキを受け取り、さっさと家に入ってしまいました。


それからもグダグダしたLINEが届きましたが、読まないでいるとやがて車の音がして、夫は帰っていったようです。


こんな風に気軽に訪ねて来られるのは良くないですね。やはりもっと遠くに引っ越した方がいいのかもしれません。

でも「俺たちが別れる事になったしても」は、少しは離婚に前向きになってるという事だろうか。だとしたら明るい兆しですが・・


過去はもう戻らないと、自分の中で納得できるまでまだ時間がかかるのでしょう。次回の離婚調停で前進するといいけど。


━━━━━━━━━

そんなわけで今日のおやつは

IMG_20200930_125138_254
夫にもらったケーキ(0円)

夫の念がこもってると思うと
食べづらいですが
ケーキに罪はないです。


いつになるかわからないけど
無事に離婚が成立したら
「離婚記念日」でもつくろうかな。

それはきっと忘れないと思います。


ーーーー
おやつ代
(別サイトのネット収入
8月分8710円から)


残り=8422円
(9/28~10/1)

余り貯金5760円
ーーーー

参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


IMG_20200316_231336

長らく外食していないので
営業を再開したレストランのニュースなど見ると行きたくなってしまいます。

今なら普通のファミレスで食事するだけで
喜びを感じられそう。


そういえば
結婚前に夫と外でご飯を食べるたびに
不思議に思っていたことがあります。


ファミレスやカフェなどで
メニューを決める時に
いつも注文するのは「一番高い物」。


ハンバーグを食べたがっていたのに
メニューの中にそれよりも高いステーキを見つけると
即座に変更。

そしていくつかあるステーキメニューの中から
一番高い物をチョイスします。


でもいざ食べ始めると
「やっぱりハンバーグにすれば良かった」
と言い出すのが謎でした。


ほかにも『季節限定メニュー』などで
ちょっと割高になってる料理があるじゃないですか?

そういうのにも弱いらしく
好物でもない物を選んでは
「やっぱりあっちにすれば・・」
というのを何度も繰り返していました。


夫のこういう面は私が分析するに、

値段が高ければ高いほど内容も良いはず

という固定観念があるようです。


ファミレスのメニューなんて
差があってもせいぜい数百円なので
自分の食べたい物を選ぶのが普通だと思ってましたが
そうじゃない価値観の人もいるんですよね。

(逆にとにかく安い物を、という人もいると思うけど)


結婚してからは
これが外食だけでなく
家具、家電、車など
生活のすべてに及ぶ事を知るわけですが・・


ムダに高機能なテレビや
使わないルームシアター、
ガス窯と同じように焼けるオーブン。
(私はお菓子などはつくりません)


必要ないと言っても聞き入れず
そのカテゴリの中で最も高い物を選んでしまう。


どうしてそういう癖がついたのか
わかりませんが
何かを買う度に
いちいちお金がかかる生活に
当時はもやもやしっぱなしでした。


でもその時は
事を荒立てないように
目をつぶるというか
気にしないようにしてたんでしょうね。。



小さな価値観の違いでも
絶対に見過ごしたらいけないです。

一緒に過ごせば過ごすほど
違いがうきぼりになって
溝が深まるばかりですから。

夫と私の場合は
経済的にダウンしてから
より一層この問題が表面化してきて
毎日のように諍いが起こりました。

深みにはまるまえに
気がついて話し合うか
自分には合わない人、と見切りをつけるべきでしたね。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─




↑このページのトップヘ