卒婚・あたらしい夫婦のかたち

約1年の別居を経てから再同居。婚姻関係は維持したまま『卒婚』を目指します。熟年離婚した毒母との関係は難航中。。

小室圭を含む記事


<【小室圭さん】経歴詐称疑惑で結婚延期か?>

images (12)


■関連過去記事




■Twitterより



登場以来、
話題に事欠かなすぎる小室圭さん。


文春砲により
新たな疑惑が発覚。


アメリカの弁護士事務所への就職にあたり
提出した経歴書の内容に
疑惑の目が向けられています。


文春の記事によると

『学生時代に電通のアメリカ・カリフォルニア支社にてマーケティング業務のインターンをしていたとのことでしたが、電通側に問い合わせると「そのような事実は確認できませんでした。当時の電通アメリカにはカリフォルニアに事務所は存在しておりません」と回答』


アメリカは一般的に学歴と同じぐらい
インターン歴を重視する傾向があるので
もしも小室さんが意図的に自分の経歴を
「盛って」書いていたとすれば
法律家としたの信頼に値しないとして
事務所側から解雇される可能性も充分考えられる
とのことでした。


そしてなぜか
経歴書に書き添えられた
眞子さまとのご関係・・・。



12月に合否が決定する
ニューヨーク州の司法試験結果は
合格だとしても
(フォーダム大学生は90%の合格率らしいので)

本決まりになりそうだ
と言われていた
大手弁護士事務所への採用が
叶わなければ
(ちなみに日本人弁護士が採用されるのは初めて)

結婚一時金を寄付される眞子さまと
どのようにして
新生活を築いていかれるのでしょうか。



しかし疑惑の一方で
小室圭さんは3年ぶりに帰国、
眞子さまと共に会見を開く予定です。


宮内庁サイドも
お二人の結婚を正式に発表する準備に
入ったようですが・・


果たして、
波乱に次ぐ波乱で
多くの人がご結婚に疑問符を付ける状況で
秋篠宮家はどう対処されるのでしょう。


眞子さまはひたすら一途に
『10月ご結婚』を目指して奮闘されているので
1人の女性としては幸せになってほしいですが・・





「小室圭さん「VIP待遇」で帰国へ 前回出国時は専用ラウンジ&ホテルに宿泊


今回の帰国費用も
本人は負担なさらないんでしょうかね?


まあ、「婚約者」なのに変わりはないので
最高の待遇が求められるのはわかりますが

小室さんご本人に
収入の目途が立っているのか
わらかない状態にもかかわらず
平気で厚遇を受けられるその姿勢が
一般常識からすると奇妙に映るんですよね。。



何年もの間沈黙を保ってきた
小室圭さんの口から
一体どんな言葉が語られるのか?


思いがけない真相や
疑惑を払拭するような事実を
聞く事ができるんでしょうか?


小室さんとの結婚生活を
一日千秋の思いで待つ眞子さまは
今どんなお気持ちなのだろう。



日本中に漂うこの疑惑ムード、
お二人がいかなる魔法を使って
祝福ムードに変えられるのだろう。



今のところ
眞子さまに強いご意志がおありなので
この婚約が破棄されるとしたら

まさかの司法試験不合格

などでしょうか。


まずあり得ないとは思いますが
色々とびっくりさせてくれる人なので
年末までは否が応でも
小室圭さんの動向に注目せざるを得ません。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


<【小室圭さん・眞子さま】現代の"駆け落ち婚">

9

■関連過去記事












4年にわたり
決着のつかなかった眞子内親王殿下のご結婚問題。


ついに年内に
ご成婚の運びになりそうです。


しかし、
結納にあたる「納采の儀」も
結婚式・披露宴などは行わず
眞子さまは渡米して
アメリカで新婚生活を送るという

事実上の「駆け落ち婚」。



建前では
「コロナの感染状況に配慮して」
各儀式を行わないという事ですが・・

納采の儀などを行わずにご結婚されるのは
戦後初めての例になるそう。


皇族とはいえ1人の人間として
自由にご結婚を決められる権利は
憲法によって保証されていますので
眞子さまの強いご意志を止める事は
誰にもできなかったのだと思いますが

一国民としては
祝福できるお相手との
華やかなセレモニーを拝見する事が叶わず
残念な気持ちになります。


そして、ネットなどで注目されている
眞子さまの皇籍離脱による
約1憶5千万円の一時金。


現時点では
辞退もしくは寄付される事を
お考えのようですが
実際にどうなるのかはまだわかりません。



ご結婚・アメリカでの新生活が
現実的になったのは
小室圭さんの就職の目途がつき
およその収入が予想できるようになったから
だと言われています。


ニューヨーク州で弁護士事務所に勤務されると
おそらく年収1800万円ほどではないか、
と言われていますが


アメリカの場合は税金で40%はもっていかれるし
ニューヨークの物価は年々高騰してます。
(ラーメン1杯2000円はするとか・・)

家賃も高いですし
元皇族となると
それなりの品位を保つための生活、
そして警護費用なども
必要になってきますしねえ・・。


眞子さまが一時金を受け取ったとしても
不足が出るのでは?
と思ってしまいますが

どうやって暮らしていくのだろう。



そして小室さんは
日本国民や秋篠宮家に対して
何らかの説明をする事は
もうないのでしょうかねえ。


母・佳代さんの借金問題に関して
長文の文書を公開していますが
自己弁護?と思われても仕方がないような
内容に終始していたので
あれのせいで余計に
国民感情を逆なでしたようにも思えます。


眞子さまを本当の意味で
幸せにしたいと思っているのなら
一度きちんと会見を開いて
皆が納得できるような説明や
ご結婚への覚悟などを
お話したら良いと思うのですが

そういう手段は取らずに
なかば駆け落ちのように
眞子さまをアメリカに呼び寄せる。。



本当に誠意を持って語れば
ある程度は国民の同意を得ることも
可能だと思えますが
(まあそれでも賛否あると思いますが)

どうやらこの流れだと
そういったお気持ちはなさそうですね。



このまま駆け落ち婚が成立すれば
今までにない悪しき前例が作られ

秋篠宮家はもちろん
皇室に対しての信頼が
揺らぐ事態にもなりかねません。

千年続くロイヤルファミリーを持つ国は
多くはないので
これからも国の象徴・聖域として
守っていったほうが
日本の国益になると思うのだけど。



眞子さまの運命が
どうなるのかはわかりませんが・・


仮に小室さんが
アメリカで失職したりしても
元皇族を手中に収めているかぎり
嫌な言い方ですが
収入の手立てはいくらでもありそう。

暴露本や写真集、インタビューや
テレビ、YouTube出演など
某国の元女優妃のように
地位の活用方法は無限です。



"駆け落ち"はロマンチックな響きですが

『そして2人は末永く幸せに暮らしました』

で終わるほど
現実は甘くはないのだと思います。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─

photo-1551811040-f13e57351ef3




皇室ウォッチャーというわけではありませんが
小室さんと眞子さま問題を見かけると
つい反応して過去にも何度か書いてしまいました。

小室圭さん関連の過去記事


小室圭さんはいよいよロースクールをご卒業。
7月にはニューヨーク州の司法試験を控えています。

まあ、当然合格するとして
お二人の中ではもう
「10月に結婚」が既定路線なのだと思われますし
この機を逃せば
婚約自体が解消されそうなので
多少強引でも強行するのでは
との見方が強くなっています。


さて、無事にご結婚されて
晴れてご夫婦となったお二人が
周囲の危惧した通りうまくいかず
残念ながら離婚、という事態になったときに
眞子さまはどういうお立場になるのでしょう?


そもそも、皇室出身の方は
離婚できるのかと疑問を持ちましたが、
過去には元皇族の女性が
不倫の末離婚をして
その不倫相手と再婚した
なんて事実もあるようなので
特にタブーというわけではないようです。


まあ、皇籍を離れたら
民間人と変わらなくなるので
もっともな話でしたね。


もし眞子さまが離婚された場合、
皇籍には戻れず旧姓という物もないので
(そもそも戸籍がないですもんね)
「小室」の姓をそのまま使うか
新たに名字を付ける事になるのだそうです。


新たに・・・って
「田中」とか「安藤」とか
好きに選んで良いものなのかしら?

一般人からすると不思議に感じますが
そういうルールのようです。


そして、離婚したからといって
ご実家である秋篠宮家から
援助を受けるわけにもいかないそうです。

たとえ親族であっても
皇室から離れた人にお金を渡すのは
税法上好ましくないのでしょう。


皇室に生まれた女性にとって
外の人と結婚するというのは
かなり重い決断が必要なんですね・・・。

選択を誤れば
ぬくぬくとした温室から迷い出た蝶のように
寒さと飢えに震える可能性もあるわけですから。
(まあ実際は皇室の外にも援助してくれる人はいるのでしょうが)


野心家の小室さん、
そして虚栄心の強い姑と
外界で暮らすのは
限りなくリスキーに見えますが

どんなに周囲の風当たりが強くても
真っすぐなお心を持ち続ける眞子さまは
純粋なのか、幼いのか。。


一方で、もし眞子さまと離婚されても
小室さん側はほぼ無傷。

プリンセスの婚約者ということで
留学や奨学金その他、
すでに優遇を受けていますが

眞子さまの結婚一時金により
不動産などを購入、
就職なども皇族関係のコネで
有利に働きそうです。

数年後に離婚に至ったとしても
謎の音声データや
暴露本などを執筆したりして
得るものは小さくはないでしょう。


現時点でも損してませんが
結婚までこぎつければ
小室さんサイドには
得しかないんですよね。



果たして秋にはこの問題に
決着がつくのでしょうか。

五輪開催後の不景気も気になりますが
眞子さまのご結婚の行方もまた気になります。


参考になるブログがたくさんあります。
↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1612868921892-93882ddfc22d




日本中を驚かせた小室圭さんによる、母佳代さんと元婚約者Aさんの金銭トラブルに関する28枚の「説明文書」。「借金ではない」との主張を表明する内容でしたが、その後急に方針を転換。「解決金」を支払うつもりがあると意志表明があり、周囲をざわつかせた。


『金銭の貸し借り』や『借金なのか贈与なのか』に世間の関心が集まるなか、宮内庁では別の心配が持ち上がっている。


それは文書中にも登場する、小室氏の"録音データを証拠として提示する"という言動だ。


私も説明文書の全文を読みましたが
突然登場する
「音声データ」の存在には驚きました。
小室さんはこの件に関して
「咄嗟の判断で録音した」と書いていますが
お金の話とはいえ、
家族のように付き合っていた人との内輪の話を
『咄嗟に録音』するって普通なんだろうか??



恐らく元婚約者さんの了承を得ないまま
隠し撮りをした可能性が高いように想像してしまいます。

小室さんは法律関係の道を進んでいますので、
「言質を取っておく」のは
通常手段と考えているのかもしれませんが
一般人からするとかなり奇妙な行動に思えますよね。
(普段からスマホの録音アプリを起動してたりICレコーダーを持ち歩いてたりするんでしょうか?)


宮内庁サイドもその点を懸念されたようで

「まだ20歳の大学生が後々のために録音データを保存しておく周到さには驚く。用心深さもさることながら、普段から習慣的に録音をしているのではないかと思えてしまう。」
「交際期間中から小室さんは何度も秋篠宮邸を訪れ、殿下や紀子様と交流されていた。2017年に週刊誌で金銭トラブルを報じられてからは、事情を説明するために母佳代さんを伴って秋篠宮邸を訪問されたこともある。もしかしたらそれらのやり取りも録音されていたのではないかと、宮内庁では心配の声が上がっている(宮内庁関係者)」


のだそうです。


金銭トラブルについて秋篠宮家に説明する際に、
佳代さんはにわかに信じられない要求を宮内庁側に伝えました。

「佳代さんは『騒動を収めるためにも皇室でお金をサポートしてもらえないか』と提案。大変な事にならないためにも、とニュアンスを含んでいたその言動を伝え聞いた紀子様は唖然とされたそうです」


両家の間に
どのようなやり取りがあったのか
定かではありませんが
小室さんの留学前ということもあり
既に婚約発表の後ですから
かなり踏み込んだ話合いが持たれたのかもしれませんね。


その赤裸々な会話をもし
録音されていたとしたら・・・?


IMG_20210418_132936_199
小室圭さんの今後は

・5月末にロースクールを卒業
・7月にニューヨーク州司法試験受験
・秋に試験結果発表


という予定のようですが

仮に試験に失敗して
再び結婚が暗礁に乗り上げてしまったら

結婚への切り札として
その音声データを持ちださないとも限らない。



この人のせいで皇室離れ、
なんてことにはならないだろうけど

録音されたかもしれない会話の内容によっては
宮内庁サイドの弱味にもなりかねないので
大いに懸念を持っていられるのだと思います。


秋篠宮家が本心のところで
この結婚をどうお考えなのかわかりませんが

一般人だとしても
こんなトラブルが見え隠れする親子と
親族になりたいとは思わないなあ。。


眞子様のお気持ちが強いとはいえ、
スッパリと破談にできない何かが
あるのでは?
と勘繰ってしまいます。


きっと皇室では過去にも
こういった事例があったのかもしれませんが
婚約に進むまでもなく
調査がなされて排斥されていたのでしょう。


順調に婚約までこぎつけた小室さんは
かなりの"やり手"なのだと思います。


今後の宮内庁サイドの対応や
小室圭さんの最終目的?
(結婚後にどういう生活をしたいのか、母佳代さんの生活もその計画に含まれているのか)
が気になりますが

とりあえずは試験に受かり
職を得ないと前進しない気がします。


が、

もしも試験に落ちて
無職のままでもゴールインできたら
それも1つの才能、、と
ある意味感嘆してしまうかも。。(;´Д`)



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


photo-1610618766585-6b7f79fa85f6


小室圭さんの母、佳代さんの元婚約者Aさん

現在の懐事情は大変厳しいようで
小室親子への多額の援助により
自宅のローンが払えなくなり
愛車も売却したそうです。


Aさんは佳代さんよりも
16歳ほど年上で
外資系企業に勤務していますが
離婚歴があり
養育費などの負担もあるそうなので
皆が想像したような
「富裕層」という感じではないようです。


しかし結果的には
身の丈に合わない援助をしてしまい
ご自分の生活がままならない状態にまで
追いこまれてしまいました。


歳が離れている、という事もあって
援助を頼まれると断れなかったのかもしれませんね。


決して責められる事ではありませんが

「あれ?」
「なんだかおかしい」
「利用されてる?」


と思う瞬間は全くなかったのでしょうか。


疑惑が浮かんでも

「いやいや、僕はこの女性と結婚して家族になるのだから」

とポジティブな方に考えて
疑いを打ち消していたのかもしれません。



しかし
金の切れ目が縁の切れ目。


無尽蔵に湧いてくるわけでもないので
やがてお金が底を尽き
元婚約者さんの方から

「これ以上は無理なので婚約を破棄してください」

となって現在に至るようです。
(黙って去らない所が律儀ですよね)


きっとAさんには
小室親子が輝いて見えたのでしょうねえ。

ああいう人達は
実際よりも自分を
良く魅せることに長けています。


当たり前のようにタクシーに乗り
高級レストランでの食事を希望し
良い待遇を受けて当然、
という空気を醸しだされると
自然と周囲もそのように扱わざるをえなくなるというか。。


一度そういう人と関係性ができてしまうと
無下に断るのは
難しい状態になってきます。


Aさんも途中からは

自分で自分を騙していた

のではないでしょうか。


家族になる未来は来ないとわかっていても
ここまで来たら引き返せない。


投資で損切りできない
状態に似てるかも。


そういうことって
どんな人でも
陥る事があるのだと思います。


ある種、普通じゃない経験をしたわけですから
これからAさんに出来る事といえば
暴露本を書く事ぐらいかな。


日本の皇室もこれからは
イギリスのロイヤルファミリーのように
ゴシップだらけになったりするんでしょうかね。



参考になるブログがたくさんあります。

↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


━─━─━─━─



━─━─━─━─


↑このページのトップヘ